メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |のぼる先生作品が 大ヒントともにやってきた! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

のぼる先生作品が 大ヒントともにやってきた!



 この6月の初め、金属工房錬ののぼる先生の個展に行って参りました。その詳細は、こちらの記事にあります。

 勝ち組の町、銀座に圧倒的に似合わない、狸親子のサイクリング日記でもありました。暑かったなあ・・・。

 で、その際購入したのぼる先生作品がようやっと、やってきてくれました。

 これはへびの、ペン立て兼、文鎮。南部鉄の鋳物に、塗装として緑青的なものがかかっています。鉄だけに、文鎮だけに重いですね。

 DSC_1491_convert_20130728223727.jpg

 こちらは金魚の栓抜き。最近栓抜きは、なかなか使わなくなってきていますが、こんなのを見るとサッポロラガーの大瓶なんかを買ってみたくなりますねえ。

 DSC_1486_convert_20130728223820.jpg

 で、大作がこれ!勝手に題して、アーバンキャット!摩天楼の前をうろつくネコ。

 DSC_1487_convert_20130728223807.jpg

 押し寄せる大波のような摩天楼に、ひっそり座るアーバンキャット。この遠近感もいい。

 そして、さすが動物鋳物の鬼才、のぼる先生だけに、その表情までもが細かい。

 DSC_1489_convert_20130728223753.jpg

 ネコ好きには、もうこれだでも欲しい!財布に忍ばしておきたい!って思う人がいても、自然だと思いますねえ。のぼる先生の動物たちには、特にネコ共には、特有の表情があって、こいつがファンを魅了する・・・。やっぱり一つ強みがあると、いいね。目標だなあ・・・。

 そして、のぼる先生の作品から大ヒントがやってきました!

 これです!

DSC_1495_convert_20130728223643.jpg
 
 一瞬、ボリューミーなベイゴマと思ったあなた!ご同輩でしょう・・・。

 もう一度、よく見ればお分かりのように、龍のぐい飲みです。鋳物作家らしくこれは錫でできています。錫は食害がない金属で、かつ、沸点がやたらと低いので、通常のガスレンジの火で、アルミのナベの中で、ツルンと液化してくれます。

 つまり大した設備が無くても、できちゃう・・・ただし、ここまでやるとなると、ガス抜きや、湯口をどこにするか?など難しいことしかり・・・、でも自転車のヘッドバッチを作るなんていうのは、面白いかも知れませんね。

 で、その大ヒントですが・・・。

DSC_1499_convert_20130728223450.jpg

 これです・・・。

 わかりにくいかしら?

 DSC_1497_convert_20130728223630.jpg

 これなんかスゴイでしょう?

 外側の龍の顔・・・、内側の龍の胴体・・・。

 分かりました?

 このぐい飲み、まるでメビウスの帯のように裏と表がないんです!

 画期的でしょ?スゴイよね・・・。

 子供の頃から、平面のしかも巨大な画用紙などというもの与えられて、そこの表だけに思う存分絵を描かされていたことの癖や、そうした状況下でついた構図の取り方などからすれば、これはもう画期的だよね。

 もう自転車バリバリですよ!分かりませんか?

 何故って、自転車は単なるパイプの寄せ集めなんですから・・・。

 画用紙の構図の癖でやっていたら、見せ所もクソもない。メビウス、裏も表も、面も線も、素材も空間も込みで構図をとらないと・・・という大ヒントであります。

 いい作品にもっともっと触れていかないと、仕事が単なるルーティンになってしまう。勉強だね。

 さて、こうした生活の潤いになるようなもの、何十年も使い続ける、ご来店の際に、コイツでビールの栓を開けて、これでコーヒーを入れることもあるかもです!

 豊かだねえ・・・。

DSC_1501_convert_20130728223427.jpg

 よっしゃ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1835-035ac28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター