メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ハンドサイクル 再登場!自転車屋ならできるヨー tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ハンドサイクル 再登場!自転車屋ならできるヨー



 この夏でしたか、ハンドサイクルを持ち込まれて、メンテをやらしてもらいました。結論から言うと、面白かったんですねえ。

 適正か否かは別として、数年後に東京でパラリンピックが開かれるので、その時の種目として確立できれば・・・ということで、ハンドサイクリング協会が旗を振って、その普及に努めている、という状況らしいです。

 ただ、問題は車体の数が少ない。普及しようにもハードがないということです。それと、メンテするところがない、ということでした。

 前者に関しては、普及率の高い欧州などからの輸入・・・という手があるかな?

 ただ、このハンドサイクルは、乗り物としてもかなり面白い。両足麻痺の方や損傷の方だけでなく、遊び道具としても面白いんですね。

 肩や腹筋、上腕なども鍛えられるので、トレーニングマシンとしても、利用価値はありそうです。

 それと、一見複雑に見えるハンドサイクルですが、前輪を決めている構造は、通常の自転車の後ろ三角をシートチューブを残してちょん切って、それを逆さにして立てたものに過ぎないんです。

 あとは、後の二輪を支えるフレームとサドル台座をどうにかすれば、作れないことはない・・・。ビルダーではないので、詳細は分かりませんが、そこまでは分かる。

 その続きで普及できにくい理由その二が、そのまま解消します。つまり、通常自転車を逆さにしただけなので、ワイヤー交換などはちょいと慣れれば、プロショップであれば、できます。

 慣れといっても、ワイヤー類の取り回しを見るぐらいなので、それもなんて事なしなので、もしこの駄文をお読みの同業の方がいるようでしたら、ハンドサイクルのメンテ依頼が来た時、是非よーく観察して、引き受けてみてください!お願いよ!

 ということで、普及のための作成に関しては、廃車寸前の自転車でなんとかつくれないか?ビルダーさん達とミーティングしてみたいですね。

 で、今回は変速がまったくできなくなってしまった!ということでした。見てみると・・・。

IMG_20131206_110418_convert_20131207183459.jpg

 これです。全く深刻なものではありません。大体ディレーラーなんてそんなに壊れるものではありません。アウターワイヤーが壊れてインナーがセッティング通りに動かない、というだけのことです。

 ということは・・・、ワイヤー交換してやりさえすれば、いいわけです。

IMG_20131206_115004_convert_20131207183632.jpg

 取り回しの関係で長めのがいるかと思いきや、通常のものでよく、完了!

IMG_20131206_115009_convert_20131207183621.jpg

 こんな感じで、なんてことありません。

 と、先ほど書いたことを証明してお見せましょうか?

 この写真をひっくり返します。

000IMG_20131206_115009_convert_20131207183621.jpg

 通常の自転車を少し下から撮影したのと同じでしょ?そうなんです!一見異形に見えるハンドサイクルのメカ部分は、通常自転車を上下逆さにしたものと同じ!ということなんですね。

 ですからくどいようですが、同業者の皆様、ハンドサイクルのメンテ依頼が来た際には、是非受けてあげて欲しいものです!よろしく!

 ご依頼いただいた方は、脊髄損傷で両足が不自由な方ですが、車椅子が・・・、

IMG_20131206_120156_convert_20131207183606.jpg

 チタンですぜ!

 で、ホイールが・・・、

IMG_20131206_120205_convert_20131207183550.jpg

 バトンです!活動的!活発です!

  IMG_20131206_120423_convert_20131207183539.jpg

 お若い時、これで競輪選手と対決して勝った!とおっしゃっていました。向こうは足は鍛えているが、腕の方は・・・なんて言っちゃあいけません。

 競輪選手はアスリート!しかも上半身もしっかり鍛えているはずです。その証拠に、相当悔しがっていた!ということでした。

 こうしたことが、内にこもりがちな障害者の方を少しでも外に出ていただくキッカケにでもなれば!と思う次第です。

 何かありましたら、いつでも、どうぞ!また多くの同業の皆様も、ハンドサイクル是非チャレンジしてみてください!まずは面白い!の一言です!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1970-e1645741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター