メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ケガの功名 安全対策して再出発! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ケガの功名 安全対策して再出発!



 チョイと渋めで、それでいてよく走っている、すごく好感の持てる一台なんですね。こういうの。

 あまり、ビンテージでござーい!というのは興味なし。

 古いパーツながら、整備しながら丁寧に乗り続けられている車体を見ると、なんかいいですね。

 ところがスポークが折れたりと、チョット創痍のあとが。

 聞いてみると、落車してライダーさんも左半身ひどい目にあったということ。

 まずは乗れるようにメンテして、より安全度を上げていこうということで、始めます。

 手始めに、チョイとここがでかすぎでした。治ったら山にでも行きたいということなので、男ギアを変えないといけませんね。

IMG_20131203_115155_convert_20131208191020.jpg

 コンパクトクランクに、165ミリ長にしました。

IMG_20131207_155617_convert_20131208190855.jpg

 しかし昔はみんな男ギアでやっていたんですね・・・自分もそうか・・・。

IMG_20131207_155635_convert_20131208190826.jpg

 チョット安っぽいですが、安定供給とチョイとした歯のでかさで、とりあえず、これに。でも嫌みビンテージ派ではないので、意外とこれで我慢してくれるかも・・・。

IMG_20131203_115201_convert_20131208191009.jpg

 もう随分走りましたから、ここでリムは引退。ハブは継続してつかって、WO化していきましょう。

IMG_20131207_155603_convert_20131208190907.jpg

 25ミリでチョイディープ。ブロンズラインがチョイと渋い。
IMG_20131203_115207_convert_20131208190958.jpg

 こちらの方がスポークが数本飛んで、重症。これも同じくブロンズで、WO化していきます。

IMG_20131207_155626_convert_20131208190843.jpg

 ハブは全く問題がないので、グリスを入れて再利用。足回りがしまると、非常に走りも締まります。

 IMG_20131207_155559_convert_20131208190923.jpg

 そして、安全対策としてこれを導入。バーコンです。やはり変速時に片手をどうしてもハンドルから放すことになる、Wレバーはチョイと不安ですね。

 それを解消するために、ハンドルづたいに手を移動させれば、シフティングができるバーコンは安くて、理想的なシフターかも知れません。

 ただし、落車にはめっぽう弱いということは、知っておいても良いかもしれません。真っ先に折れる、破損するところと言ってもいいでしょう。

 てなわけで、足回りを中心に整え直して、再出発です。

IMG_20131207_155539_convert_20131208190938_2013120819115529f.jpg

 古いんだか、新しいんだか分からない、走る人のための自転車。

 なんかやっぱり背伸びしてない、分相応の感じがなんとも良いです。こういう自転車は、その利用者が乗るとピタリと決まるもんなんです。人車が一体化する・・・。当店が理想とする形かも知れません。

 人車一体!

 これで冬枯れの山をはしる。魔法瓶から飲む温かいお茶なんかが、うまい季節になりそうです。

 事故なく!サイクリングを静かにお楽しみください!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1971-eb62993f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター