メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |来たナー 当店はコイツの非公認カスタムショップか? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

来たナー 当店はコイツの非公認カスタムショップか?



 また来たナー!!!

IMG_20131210_145411_convert_20131211191605.jpg

 マークローザです!これはイジリ甲斐のあるトップ級の実用車でしょうね。今までどれほどまでこねくり回したことか・・・。

 今回も、ある一部を交換して参ります。

IMG_20131210_114210_convert_20131211191640.jpg

 こいつを700C化したいというご要望。その前に・・・ここに注目。

IMG_20131210_114221_convert_20131211191628.jpg

 あれ?ブレーキレバーが一つしかない!と・・・、思いきや。

IMG_20131210_114225_convert_20131211191616.jpg

 こんなヘンテコなところに、付いていました。まあ、チョットした変態君でしょうね。高校生というのだから、驚き・・・でもないか。高校生くらいからもう立派・・・、ヘタすれば中学生くらいからこういう子達はいそうですねえ・・・。

 では、ホイール入れ替えしましょう。

IMG_20131210_145435_convert_20131211191554.jpg

 今回は、予算の関係で、後輪だけ。ある意味高校生らしいねえ。でも、ここだけ妙にスポーティーというのは面白い。

 IMG_20131210_145405_convert_20131211191538.jpg

 なんか前輪も変えてもらいたくてウズウズしているように見えますな。ちょいと暫く、これで乗って、またやる気と銭がたまってきたら、前輪交換でいってもいいねえ。

 そんなこんなで、喜んで、高校生君は持って帰っていったのでした。

 阿佐ヶ谷に住んでいるらしいが、この2、3日で日野の方へ引っ越すらしい。まあ、全く来れない距離ではありませんな。

 と、引っ越しで忙しい中、こんなメールが飛び込んできた・・・。

 これが高校生が書いた文章か?と思うような内容です。


「本日はありがとうございました。

少し近所を走ってみたところ相当違うようです。
負荷がなく気付くと進んでいるような感じですが
特に手で押した時も軽さが実感できました。

当たり前と言えばそうなのかもしれませんが、
ディレイラーの調整が素晴らしく走りながら感動しておりました。

リヤディレイラー周りも今まで間違って組んでいた箇所があったようで
弄りにくい車だったと思いますが美しく仕上げて頂き本当にありがとうございます。

これからは通学で存分に乗れそうなので楽しみです。
リヤ荷重になるからか上り坂で特に軽いなと思いました。
坂ばかりなのでちょうど良さそうです。
これから大切に乗っていきたいと思いますので
また機会があればよろしくお願いします。」


まあ、これだけほめられれば、嬉しい限りなんですが、これに続く、次の文章がなんともまあ、感動的なのであります。

時に、「自転車屋ごっこ」だの、「下品な改造」などと、匿名で全能感たっぷりのご指導を受けることもありますが、こういう高校生も居てくれるんですなあ・・・。


「ごく普通の街の自転車屋や
ステータスのようなスポーツバイク屋は
どこにでもありますが、自転車本来の楽しみを素人に
こんなに味わわせて貰えるお店はそうないものと思います。
是非、どんどん どこにもないような自転車を創っていって下さい。
漆や釉薬の質感など美しいなと思います。いつかやってみたい気がしました。

長文失礼いたしました。」

 ありがとう!率直にありがとう!ストレートを投げて、ポーンとホームランを打たれたように気持ちが良い!

 そうね・・・。若い内から、自転車なら自転車を通じて、仕事というもののなんたるかが、なんとはなしに学んでいけるような、場を創ること・・・。

 実は来年に向けて、ちょいと仕掛けたいことがありますんで、骨子が決まり次第、公表いたします。

 高校生の内から、イヤ中学生でもいい、イヤイヤ小学生でもいいかな?自分の自転車を自分で組み付けられるようになるようなプログラム、いじることも大切だし、それを機にそれで競争して自転車競技の裾野を広げるのも良いかもしれないなあ。

 手製のハイテン鋼軽量自転車から始めて、勝ちまくっては、はい上がって、薬なしでデカイレースで頭が取れるようになる・・・なんていいねえ。

 来年は仕掛けます!今までの我らのあり方の大展開で行きます!徐々にネー!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1974-bfc2ccd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター