メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ワイヤー戦争勃発か? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ワイヤー戦争勃発か?



 ただのテフロンではなくて、ダイヤモンドテフロンコートのワイヤーがすごい値段になっていますね。

 特殊コーティングのワイヤー戦争が始まるんでしょうか?

 ことの始まりは、7900のデュラエースからでしたか?特殊なワイヤーをシマノがデュラのために作ったとことかな?

 今回、ワイヤー・チェーン交換のご依頼がありまして、そんなことはよくあることなんですが、これがこれです。

IMG_20131214_173926_convert_20131214182148.jpg

 ものがものですから、これは専用ワイヤーということなので、それを使うことにします。

 ただ・・・高いですねえ。

 IMG_20131211_155422_convert_20131214182100.jpg

 確かに特殊コーティングされていますね。滑りもいい、摩擦も少なく計算されてつくられたんでしょう。

IMG_20131214_174323_convert_20131214182221.jpg

 シマノのエアロブレーキは軽い、ただ電動以外のブレーキレバー(STI)はデュラエースであってもかたい、というのが店主の印象です。

 ブレーキレバーが固い自転車は嫌い・・・。そういう意味で、ここ最近、ほとんどシマノSTIは利用していません。

 この辺はカンパのみ・・・。

 これは両者の設計思想からして根本的に異なってくることかと思う次第です。

 カンパのエルゴは、ブレーキ部分はむかしからのエアロブレーキをそのまま利用し、その後方部分にシフトの機構を乗せている、というやり方です。ですから当然ブレーキレバーの引きはエアロブレーキそのものです、軽いです。

 一方シマノのSTIは、ブレーキレバー自体にシフトの機構を乗せているという形式です。当然メカが乗っているので、レバー自身が重く、従って引きは重くなる・・・。これが根本原因ではないか?

 シマノとしては、この根本には手は出さない。その代わりに、ワイヤーの質の向上で、引きを軽くするという戦法に出た・・・と勝手に判断しています。

 ある意味姑息・・・、しかしある意味では日本らしい発想、根本をいじらずに、周辺機器にて対応する。それがまたすごい技術であれば、まさに瞠目なわけなんです。

 そんなわけで、ちょいとその辺楽しみにワイヤー交換をしたわけです。

IMG_20131211_155744_convert_20131214182330.jpg

 この辺のワイヤー処理なんかは、いつもよりちょいと念入りにやってみました。

 が・・・。結論から言うと、スゲー!さすがシマノ!というふうには感じませんでした。

 ウーン、確かに軽いのかな?という程度ですねえ。ブレーキの引きについては、結構うるさい方の店主ですが、ワイヤー変えたからといって、劇的な引きの軽さには至らない、というのが結論ですね。

 ワイヤー自身の質もさることながら・・・、むしろ・・・。

IMG_20131214_170809_convert_20131214182233.jpg

 こうしたケミカル系の方が、重要なんじゃないかな?なんて思うわけです。

 IMG_20131214_174043_convert_20131214182137.jpg

 こんなのなんて、感動的だもんなあ。戦闘機に使うようなレベルのものだと、チェーンから音が無くなる・・・とまで言われるものもありますしね。

 コンプレッサーオイルもいいものを使うと、音が半減する・・・とか。

 この辺との組み合わせで、ちょいと劇的なものができるかも・・・という期待は無くありません。といっても、星の数ほどあるケミカルですから、組み合わせを見つけるのも大変でしょう。

 とまあ、通常のステンレスワイヤーでもちゃんとしかるべき処理をして、一定以上のケミカルをつかえば、大差なし・・・という暫定的結論は出しておきましょう。

 と、思わせておいて、その後、色々と研究は大切なんですが・・・ね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1977-7c7357ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター