メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |アッチから移してコッチへ その2 ここにいた! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

アッチから移してコッチへ その2 ここにいた!



 扱い慣れている、ストラトスですが、これにはほぼデフォルトのパーツが乗っていたかな?

 これに、先のテスタッチアテナがかつて乗せていた105を載せ替えるという発想。

 自転車を複数扱うようになると、こうした載せ替えを考えるようになるのは、ごく自然な成り行きです。

 むしろ、メインが出来上がったあとの楽しみというのはコレといっても良いんじゃないかな?

 あの外したコンポで何しよう・・・?これを考えるのが楽しいし、こういうところから自転車イジリへの道が開かれてくるわけであります。

 店主もその典型でした。

 夜中に、フト思いつく!あのフレームに載せよう・・・!

 フロントディレーラーの形式って何だったっけ?と、布団から抜け出て、懐中電灯で確認して、合うとやったぜ!合わなかったら、適当な価格のものをカタログで探し始めたり、ヤフオクのぞいてみたり・・・。

 そんなこんなやって組み付けた自転車が、レース車体よりも可愛くなる・・・なんて事はよーくあることでしたね。

 持っているフレームやパーツ類って、いろんな活かし方あるヨー、という選択肢を少しでも多く提示できたら、自転車イジリの面白さや奥深さに繋がっていく、それが自転車の成熟化にも繋がる、一つの道であろうと思うのであります。

 そんなことを子供の頃から体験させたら、自転車というジャンルを超えて、ものごとの奥深さへいくための、基礎ができるんじゃないか?

 そういう場作りなんかもやっていきたいねえ・・・。

 で、外された105はここにいました。

IMG_20131214_162602_convert_20131218112921.jpg

 取り付けるのは難しくはありません!今までストラトス車体に105を載せた例は、いくつかありましたしね。

IMG_20131214_162557_convert_20131218112847.jpg

 10速に変更、でもまあ、そんなに難しいことはありませんね。ワイヤーの色が緑、というのが今回の特徴、利用者さんたってのオーダーです。

 IMG_20131214_162612_convert_20131218112910.jpg

 ブレーキワイヤーも緑。一昔前のSTIであります。今はシフトワイヤー内蔵型になったので、ちょいと珍しい印象受けますね。

 かつて逃げ屋は、上ハンに肘ついて、このシフトワイヤーを握ってエアロポジションを取りながら逃げていましたねえ・・・。ジャッキー・デュランなんかはかっこよかったなあ・・・。

 で、通常ならポン付けでできるところが、やはり現物合わせには魔物がいますな。

IMG_20131214_162637_convert_20131218112859.jpg

 厳密にはこのフォーク、ミドルクラスのアーチが最適でしょう。ちょいとロードのショートリーチでは短かった。タイヤにこすれます。ツーことは、ブレーキシューがタイヤをキャッチするので、パンクの原因になります。

 こういうところを、加工して付けるというのが、こちらの仕事なんですね。ポン付けで済むなら、中学生でもできるんですわ。

 IMG_20131214_162538_convert_20131218112944.jpg

 レーシングコンポでも殺気が感じられない。これはこれで立派な個性ということで、乗る方もおしとやかにスタイリッシュにという感じでしょう。

 外した105はここにいた!ということで・・・。

 実は・・・、推測も付くかと思いますが、前段のテスタッチアテナの方と、ストラトス105の利用者さんは、ご夫婦でした、というオチ。

IMG_20131215_140006_convert_20131217203310.jpg

 この二台が夫婦自転車。仲良くどこまでも、踏んでいってくださいませ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1981-1c9ca88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター