メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |季節柄か、大掃除的メンテかな? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

季節柄か、大掃除的メンテかな?



 山に入ってもいいし、近所を流すのもいい。後者に多く使われているようですね。頑丈だし、特に神経を使わなくてもいい自転車ということで、ずーっとそのまんま乗れている、とはいえ、乗っていると少しずつ劣化していくもので、メンテは大切です。

 調整した瞬間から、劣化は始まる・・・。鯖じゃああるまいし、生き腐れ?なんていうのは極端に聞こえるかもしれませんが、そういうものです。

 特に競技系の諸氏は、それを肝に銘じてね!

 いいケミカルの注油と、掃除。掃除はとにかく観察がメインといっても良いくらい。この掃除で、車体の欠陥部分を見つける、というくらい大事なんですよ。

 あとはチェーンだね。ミッシングリンクは、いい発明であーる!

 選手クラスになれば、チェーン洗浄オタクなんていてもいいと思うんだけどなあ。

 レース毎は当たり前!練習も一週間に一回くらいは、徹底洗浄なんてどうなんだ?

 ミッシングリンクなら、着脱が簡単だから、灯油につければ安く済むぜ!

 それに、チョコッとおごっていいオイルをしみこませてやれば、回転は良くなるしね。

 それとチェーンを外すとリアディレーラーのプーリーの掃除も楽。やるべきだろうなあ。

 ワイヤー調整はむずかしいから、それなりの心得のある人とにチョコマカ見てもらう・・・。競技系の皆さんは、ちょいとそのくらい気を使ってやれば、自転車はいずれ期待に応えてくれるはず!

 レースに使用するレース車体は、このくらいきめ細かく見てやるが、一般使用はどうか?

 まあ、どのくらいのるか?にもよりますが、半年に一回・・・一年に一回くらいは、よーくメンテかけてやったら?という感じかな?

 特にこの暮れというのは、なんか大掃除の季節でもありますから、心持ちそんな依頼が増えているようにも思えます。

 IMG_20131224_161920_convert_20131225100239.jpg

 ワイヤー系、すべて交換。

 張るだけでは中学生もできます。実際あの中学生君が、ちょいと活躍です!

 その後のベストセッティング、ワイヤー調整がむずかしい。それだけでなく、ディレーラー自身の調整もするので、非常に大切な項目です。

IMG_20131224_161926_convert_20131225100225.jpg

 チェーンも交換。これも鉄板ですね。ピッチのあったチェーンはよくまわる!

 これらを軸に、色々見ていくと、まあ色々あるんです。

 別に走れないわけではないが、良くなればなるほどいい。ガタだとか、ゴリゴリ感のある抵抗だとか、こういうモノはすべて取ってやった方がいいわけです。

IMG_20131224_134546_convert_20131225100334.jpg


 BBがゴリゴリだったんで、交換。その交換の際には、タッピングやフェイシングをする。

 例の中学生が、興味深そうにポキさんの作業を手伝う。

 IMG_20131224_134411_convert_20131225100348.jpg

 タッピング完了!こういう事を一年に一度位しておくと、メンテは楽です。BBも焼き付くところの多いパーツですからね。

 IMG_20131224_161940_convert_20131225100203.jpg

 BB交換完了です!

IMG_20131224_161947_convert_20131225100142.jpg

 あとヘッド周りのグリス点検。そお際すべて外しますね。こういう事が大事なんです。

 中にはゴムハンマーを使わないと抜けないものがあったりしますんで、まずはバラせる事が大事ですね。バラして、再組み付け。

 IMG_20131224_162003_convert_20131225100153.jpg

 前後のハブ調整もね。ハブのガタを見抜くのは結構むずかしいです。特にこうしたサスペンションのある自転車は。ガタかと思ったら、サスの機能だった・・・なんて事有りますから。

 それと、消耗品といえば、ここ。

IMG_20131224_161932_convert_20131225100215.jpg

 シューですね。ここも雨の中走るとゲキ減りですので、要点検の場所でもありますが、意外と取り替えないというのもまた事実。

 店主もよく走っていた時代は、溝がなくなっても、まあまだいいだろう・・・と。最終的に、舟の金属部分がリムと接触するまで、取り替えていなかった・・・、ヤバイ!

 ほぼ毎日乗っているなら、こんなメンテも少なくとも年に一度はいかがですか?別に大掃除のこの季節にとは限りませんが、一つ区切りという意味でもいいんじゃないか?

 そうでもしないと、中々重い腰が上がらない、多少難があっても走ってしまうというのが自転車というものですから。

 しっかりメンテしてやると、自転車も喜んでいる・・・というより機嫌がいいのが分かります。連動がいい自転車ってやはり機嫌がいいですね。

 と同時に、乗り手もハッとして、機嫌が良くなります。まさに人車一体、道具と利用者の関係というのは、一体ですね。

 そうだ、そろそろ包丁研がないとなあ・・・。

 ということで、両者ともに機嫌良くなりましょう!
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1987-7fbe1613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター