メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ビンテージがやってきた tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ビンテージがやってきた



 こういうフレームの形というのは、まさにビンテージという感じがします。

 ミキストとランドナーの間のようなフレーム。こういうものも色々作られて、そうした中で残ったものが、現存している車なんでしょうね。

 考えてみるとこんなフレームもあっていいです。

 内容は、泥よけ、ブレーキ調整、シャフト交換のようなものです。

IMG_20131221_150615_convert_20131225164428.jpg

 ちょいと浮いている泥よけを、定着させる、だいぶ地味ですが、結構手間がかかるんです。

IMG_20131225_162140_convert_20131225164301.jpg

 泥よけは、ヘコヘコなのでアッチを立てるとコッチが立たず、ということがよくあります。

IMG_20131221_150548_convert_20131225164459.jpg

 こちらも、ヘコヘコで、多少浮いてまうね。

IMG_20131225_162054_convert_20131225164351.jpg

 ブレーキキャリパーの下を通すので、この辺は多少つぶれても、しかたなしです。ただ、キャリパーかける毎に、泥よけがヘコります。

 皆さんそんなに泥よけ必要なのかな?泥よけ嫌いな店主です・・・。

IMG_20131221_150553_convert_20131225164449.jpg

 中空シャフトにクイックレバー。クイックレバーというのはその名の通り、素早くホイールの着脱ができるという意味で、その本意は着脱にあります。

 ですからキャリアなどを共締めするには、あまり向いていません。もし最初からキャリア止めを前提にするなら、シャフトの長さをそれに合わせて調整しないといけないでしょう。シャフトとの引っかかりの関係ですね。

 仮にクイックにかけたとしても、重いものをのせるキャリアには不向きですね。やはり、そうした場合にはナット締めの方がいいかと思います。

 IMG_20131225_162046_convert_20131225164410.jpg

 この方が、断然安定します。

IMG_20131225_162102_convert_20131225164327.jpg

 ブレーキワイヤーも交換です。アチコチ重いので、少なくとも中継にあるワイヤーはオイルでしっかりコーティングしておかないとねえ。

 IMG_20131225_162110_convert_20131225164312.jpg

 下引きのキャリパーなので、こういうラインを描くことになります。

 色々やっても、ブレーキの引きは固いですね。

IMG_20131225_162604_convert_20131225164238.jpg

 こちらなら、グイッと引けますが・・・。

IMG_20131225_162615_convert_20131225164227.jpg

 こういうブラケットポジションになると、一般的な女性の握力では、引ききれないんじゃないかな?

 大体からして、ブレーキのひきの固い自転車を苦手とする店主は、こういう理由からビンテージバイクにあまり触手が伸びないという傾向有ります。

 だって、引くたび、カチーンと来るんでもんで、長い時間あまり乗りたくはないですねえ。

 いいケミカルと、調整と多少の加工とかで、劇的に変わる・・・なんて事できないかな?

 なーんて、願い事いってないで、仕事なんだから、実際にできるように研究しないといけませんね。

 古い設計からして、引きは今ほどよくなくても、もう少しグニャーッとクイックイと引けるようになることを目指さないとなあ。どんなビンテージも安心して乗れるようにする・・・、チョットした課題ですね。

IMG_20131225_162159_convert_20131225164250.jpg

 なんかほとんど使用前使用後が変わりないんですが・・・、地味な仕事ですが、ちょいと重要だったりします。

 まあビンテージは見た目と雰囲気がほぼすべてですので、かえって劇的に変わってしまってはいけない・・・。でも安全に乗り続けられるようにするためには、メンテは必要。

 最近ヨシガイさんらを中心に、現行品でのレトロ風なパーツ類も確保できつつありますんで、ビンテージ系自転車をお持ちになるには徐々に状況が整いつつある感じもします。

 まあクラシック車なので、ガシガシ乗ると言うよりは、丁寧に末永く、いたわりつつ、乗り続けていって欲しいですね。

 こういう車体が自然と街道を走っているなんて、いい絵ですね。このいい絵にはまるには、きっと利用者さんも絵になる方なんでしょうな。形が好きだ、気に入った自転車といって、すぐに壊れて再生できないなんていうのはかわいそうです。

 なんとかしないとねえ・・・。工具に限界があることもありますが、できる限りは、いじれる限りは、いじります!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1988-3182aca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター