メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ノリノリのリノ!その・・・いくつか?新たな展開 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ノリノリのリノ!その・・・いくつか?新たな展開



 これが今回、当店出入りの中山氏による、リノバイクです。

 これは新たな展開です。

 今までは、というと。中古自転車を購入して、バラして、それを依頼されているお客さんのイメージに基づいて、時に新しいパーツ類を組み込みつつ、組み付けをしていた、というのが専らでした。

 ところが、今回は、依頼人がリノさん選択の中古自転車任せではなく、自分の以前乗っていた自転車を持ってきた、ということなのであります。

 これは新たな展開として、大いに注目してもいいかと思います。

 というのはね。今までは、自分の持っている技術とセンスを前提に、フレームを選んで、パーツ類を組み付けてきたわけなんです。

 ところが今回は、具体的なお題として、自転車一台を持ち込まれている。こういう状況は、こちらの技術やセンスなどお構いなしの、出たとこ勝負になる可能性ありなんですね。

 つまりこちらの都合ではなく、アチラの都合に従わざるをえないという状況。

 時には結構きつい展開にもなりえる、こういう状況に置かれて始めて、人間は成長するんじゃないか?と思うのであります。

 いつも同じ仕事を同じ量、ただコナしていたんでは、成長はそこで止まってしまう。発展性ゼロ、失敗率は低いかも知れないが、マンネリで、面白みがない。そういうところで人は成長しませんね。

 もしかしたらできないかも知れない・・・、という可能性を背負うからこそ、発想の展開・応用や技術の伸びや工夫・勉強、人の助言のありがたさ大切さがわかる、つまり成長するということなんじゃないでしょうか?

 自分で、そういうところに追い込める人はその必要はありません。自分により高い目標を課して、自分で克服できる人は。

 ただ、多くの方は、日々のルーティーンワークに追われていて、ツイ冒険的なことはしなくなりがちなもの、そうりゃそうですわ、仕事で失敗は許されない・・・なら、できることのみに限定してやるのが安全。そうなりがちなのは分かります。

 でも、それだけではやっぱり面白くないでしょ、まず。アチラから突きつけられる、無理難題にどうやって答えていけるか?そういうところに出ていかないと、本当に伸びはない。まあそう思う次第なんであります。

 そういう中での、新たなリノさんへの展開、これはありがたい状況だと思います。来るべくして来た状況とでもいうのでしょうか?

 小さいころ乗っていた、24インチの自転車があるんだけど、これ今の私に合うように、リノさんリノベーションしてみてよ!

 男なら受けて立とうじゃないの!と、センスバリバリで向き合うリノさんなのであります。

 IMG_20131228_140449_convert_20131228182304.jpg

 ブレーキをカンチにしましたね。

 カンチブレーキは、その作りから工芸にむく。その点Vは向かないね。どうしても向かない。

IMG_20131228_140417_convert_20131228182341.jpg

 もちろんリアも。最近のカンチは見た目だけでなく、効きも良いので、名実共に正解です。

 IMG_20131228_140426_convert_20131228190115.jpg

 今回驚いたのは、マウンテンバイクの多段をシングルにしてしまったこと。

 スパッといらないものをすべてはぎ取って、シンプル化!これぞリノさんの真骨頂か?

 IMG_20131228_140432_convert_20131228182327.jpg

 確かにスッキリしていいねえ・・・。改造依頼した人も、ここまで変われば、依頼しがいがあるというものです。

 しかし、よく見てください。これストドロエンドですよ。・・・ということは?そうシングルギアを自由に選べないということです。ホイールを引いてチェーンの弛みとれませんからね。

 ということは、いつの間に、ストドロシングル化のテクを盗んだのやら・・・、これぞ門前の小僧ですな。

IMG_20131228_140438_convert_20131228182314.jpg

 ホイールも実は凝っていて、もちろん手組。まだ時間はかかるものの、リノさん手組ホイールも習得した感じ。黒のDTスポークを使うところも渋いね。

 IMG_20131228_142537_convert_20131228182254.jpg

 ハブもいいです。シールドベアリング、回りがいいねえ。

 IMG_20131228_140411_convert_20131228182353.jpg

 ハンドルは、ブルホーンをすすめたんですが、今回はこれということで。それも今後の展開にとっておくという、利用者さんを知り尽くした、リノさんの戦略らしいです。

 IMG_20131228_140406_convert_20131228182421.jpg

 リノバイクのステッカーを貼って、完了!

 IMG_20131228_140358_convert_20131228182243.jpg

 今回もまた分類できないような自転車が再誕生です。これが広尾の街を走る・・・。分類できない自転車が走る絵は、自転車の成熟化の具体化したような絵でもありますな。

 この自転車は、ホイールを多段で組んでやれば、すぐにツーリング車にも変身します。ダボもあるし、フレームが頑丈なので、かなりのツーリングにも耐えられると思いますな。

 これもまた、今後の展開が楽しみな一台です。

 そしてリノ君。来年もまたより幅広く、というより奥深くなにかを仕掛けそうです。来年を思って目を細めるリノ君、何かやらかすよ、この延長でね、コイツは・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/1991-5644c046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター