メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ホイールバランスは取るべし!絶対に取るべし!決戦用ワッパなら取らなきゃダメ! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ホイールバランスは取るべし!絶対に取るべし!決戦用ワッパなら取らなきゃダメ!



 先日アップしました、内容ですが・・・、多少の早とちりもあって購入してしまったコイツ。

 スルーアクスルのハブなんてロードでは一般的ではありません。あってもアッチコッチ外さなければならないという意味で、手間がかかります。

 そういう意味で、こいつは使えるのか・・・?と色々工夫したところ、まあ、中空シャフトなら問題なくホイールの偏りを計測できるようになりました。

 ただ・・・、中空でないシャフトの時はどうしましょ?ピスト系のホイール類ですね。コッチだって決戦用であれば、しっかりホイールバランラスを取った方がいいわけで、それができなければ片手落ち・・・。

 そこで、こいつを使って中空もそうでないシャフトも両方見られるように、改造してやろうということに、決めました。折角そろえたんで、トコトン使ってやろうじゃありませんか!!!

 失敗したら、おじゃんですが、しないように、新調にするしかない。

 単純には、両ベアリングの位置を近づけるという簡単な発想ですが、こうしたものは精度が問題になりますので、単に狭くすればいいというのではなく、正確に狭くしないといけませんな。

 ちょいと緊張が走る中、決行!

IMG_20140128_141346_convert_20140129183631.jpg

 万力に足を挟んで、両橋渡し部分のつっかえ部分を切り落とします。全部で4箇所です。

 IMG_20140128_141352_convert_20140129183617.jpg

 切り残しの部分を必要なところだけ平らに仕上げます。そこにナットが来るので、切り残しでナットが浮かないようにです。ヤスリ類で徹底してどけます。

 IMG_20140128_151725_convert_20140129183605.jpg

 下から30ミリ、脇から15ミリのちょうど交点にポンチをガツンと決めて、10ミリのドリルをボール盤にて、回し込みます。

 こういうと簡単ですが、塗装されている母材を計測してその中心点を探るのって、むずかしい・・・。やはり定盤があって、そこを水平に滑らせて、直線を引けることができれば・・・かなり正確度は上がりますな。

 まあ、一カ所あけると、対岸の同じ位置に開けなければならないので、その際には、二本の母材をきっちり合わせて、万力で留めて、再度ボール盤にて、貫通させる・・・。

 測ると中心なんだが、見た目ではチョットずれているようにも見える・・・。いつものことなんですが、位置決めというのはむずかしいものです・・・。

 穴が開いたら、こちらと向こうを繋げるパイプを二本、これまた正確な長さで切ります。この長さが、今回のダウンサイジングということになります。

 IMG_20140128_152414_convert_20140129183553.jpg

 バリを取りすぎると長さが分かりやしないか?などと、いらない心配まで出てきますが、なんとか同じ長さで切り取り。並べてみて・・・よし!

 そのパイプに、全ネジを貫通させて、先ほど穴あけしたところを通し、両側をナットで均等に締めていく・・・。

 IMG_20140128_153226_convert_20140129183537.jpg

 こんな感じですね。130ミリくらいサイドが近づいたことになります。

 このメリットは、中空シャフトに通す5ミリのシャフトのしなりが減ります。

 そして、ピスト系ハブもナット類を取ってそのまま載せるだけで、計測可能になりますね。

IMG_20140128_154112_convert_20140129183456.jpg

 これで、ほぼ万能かな?バランスセンサーのできあがり!ベアリング部分には高級ケミカルを常に注油、抵抗を限りなくゼロにしておくことでしょうか。

 なぜこんなに手を掛けてまで、バランスセンサー改造したか?というと、それには大きな理由があります。

 というのはね。

 ホイールの偏りは是非、取るべきだ!と切に思うからであります!

 取りましょう、ホイールバランスをしっかり取りましょう!乗れば一発で分かります!高速領域になれば、なおのこと、通常の走行でもピタリと安定します・・・。

 エエ?!マジ?!というくらい、しっかり安定します。

 今まで、アンバランスなホイールで何やっていたんだろう?と思うくらい、後悔するくらい、ホイールのバランスは走りに影響を与えます!

 今後は、取るのが当たり前、少なくとも、本気練習用ホイールと決戦用ワッパは必ず取るようになるかと思います。

 今まで無頓着すぎたんですね、本当マジで今後の動向はバランスホイールの時代にはいるでしょう。

 店主の実感でもあります。靴なんかにもあるんじゃないかな?自分にとって、自分の足の運びにとって、ドンピシャであるようなバランスというものが。

 ンン?何だ?この履きやすさ、歩きやすさ、走りやすさは?一体今まで何を履いていたのか?と思うような、それに類似した感覚ですね。

 で、バランサーができたら今度バランス取りの右腕となってくれるもの・・・。そいつはこれです!

IMG_20140129_180959_convert_20140129183522.jpg

 コンマ1まで、計測できる、高性能の測りです。このナットは154グラムではありません。橋脚でもあるまいしそんな重いナットあるか!15.4グラムなのであります。

 このコンマ何グラムまで影響してくるのがホイールバランスです。決行取れているなあと思っても2.7グラムぐらいの調整はいる・・・なんて事有ります。

 今手当たり次第、あるホイールを計測して実習していますが、いろんなことが分かりますね。八グラムのアンバランスなんて、野蛮に思えてきますよ。

 そのくらい、だいたい店主は0.2グラム検討で取れるように今練習中。面白い!もちろんウェイト一点張りとは限らない、だいたい二点、正確には三点ぐらいで取るというのもいいかも知れませんな。研究中・・・。

 リム内も一律で無し、タイヤもチューブも当然一律でない、想像ですがタイヤ付きホイールの内部が透けて見えて来る感じがします。

 そして、取れたホイールで乗るとき・・・、チョットした感激ですわ!

 まあ、そんなことで、あといくつか確認事項が実習にて確認し次第、このホイールバランス取りは当店の営業内に取り込んでまいります!もちろんシーズンには、間に合わせます・・・。

 あとは、チェーンの徹底洗浄と高級ケミカル漬けも・・・。

 この二つだけでも、自転車が別物になるはず!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2025-415a609c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター