メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |試作ママ狸ん 完成車 その基体となる車体 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

試作ママ狸ん 完成車 その基体となる車体



 正確にはビーチクルーザー系自転車ですね、系と付くのは、前後にVブレーキなんかがあって、リアコースターなんていうビーチクルーザーのアイコンがない。

 これをママ狸ん完成車の基体として、使えないか?と考えた訳なのであります。

 というのは、まず頑丈さ、一定の重量、そして跨ぎやすさ等が、子育て号には向いているかな?という判断なんですね。

 そもそもなぜ、完成車の基体となるものが必要か?

 そろそろ一年になりますが、狸サイクル旧店舗のように、回りの敷地が無尽蔵にあるところですと、ママ狸ん系の完成車なんかも豊富に置けたわけですが、新店舗になりますと、敷地の広さからいってこの手の大柄の完成車を置く場所がない。

 となると、完成車としては用意できず、持ってきてもらった自転車に改造を施すという形式がもっぱらになりつつあったわけです。

 殆ど持ちこみ自転車にするしかなかった・・・。ただそれだけだと、車体からして欲しいというご要望には、お答えできなくなります。

 うーん・・・。その間といえば、常に完成車としては店に置かず、せいぜい見本のような一台のみ。あとは受注で作れるような形の完成車のようなものはあっていいか?ということになったわけですね。

 そんなこんなで、ママ狸ん完成車の基体となる車体は何か?ということを探し始め、今回これに注目して、試作としてやってみることにしたわけです。

 ただ、あくまで基体だけあって、これだけではあまりに無愛想で、殺風景ですので、これからママ狸ん式改造を施していく必要があります。

04-12@10-50-58-403_convert_20140419205540.jpg

 いきなり基幹部分についての改造になります。シングルハブという、無愛想な形式。子供を乗せると重くなりますので、ギア比が選択できるに越したことはありません。

 そういう意味で内装三段にします。

04-19@13-42-24-147_convert_20140419205446.jpg

 小ギアに20Tを入れて、というのも前ギアがちょいとデカイ・・・、さすが遊び自転車の血を受け継いでいますな。

 04-19@13-42-16-178_convert_20140419205459.jpg

 そしてお決まりの、安定感大のスタンド。通常この手は一本足スタンドですからね。ただいつものようにポン付けできるような代物ではございません。

 04-19@13-42-37-191_convert_20140419205433.jpg

 ご覧のように、曲げや伸ばしを工夫して、二点以上の引っかかりを設けます。今回は5ミリのボルトをダボに使用、ストッパー代わりに・・・ということで。

 04-19@13-42-52-594_convert_20140419205421.jpg

 隣のダボを利用して、スポーツ系の荷台を取り付けます。

 これが付けば、子のせも載る!

04-19@13-43-20-63_convert_20140419205409.jpg

 当初はフレームタイプのものを考えていたんですが、シートステーの取り付けがかなり出っ張りを主張しているので、アダプターが相当のシムなりブッシュを噛まさない限り、しっかり固定できないということが判明しました。

 04-12@10-51-34-622_convert_20140419205527.jpg

 そして、お母さんの自転車といえば、やはりカゴ。これもまあ比較的簡単に付きましたね。

04-19@13-43-27-554_convert_20140419205355.jpg

 今回は、白と藤色の二色に拘った、コーディネイトということで、こうなりましたね。

04-19@13-42-03-484_convert_20140419205512.jpg

 いいんじゃないでしょうか?ママ狸んオリジナル系自転車。

 まだ課題はなくはありません。というのも前がHE形式の26インチ、後がWO形式の26インチ。多少というか、よく見ると前後の車輪の径は異なっていますね。走りには影響ありませんが、パンクの修理の際など、ちょいと面倒なことも。

 あとは技術面で、クランク交換がちょいと特殊になってしまいます。簡単に交換・・・というわけには行きにくい。

 アダプターを使用すれば、どうにかなる・・・可能性もある・・・など。

 もう少し手を掛けずに、簡単にフィッテイング可能なものに越したことはないかも・・・。

 ということで、最終決定ではありませんが、ママ狸ん完車も今後大いに展開の余地あり、ということで気長に見守っていってくださいませ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2106-c5bdc847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター