メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |購入してみたものの・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

購入してみたものの・・・



 元々乗っていた電動子育て号、そろそろ下の子の首も据わってきたことだし・・・ということで、前載せを通販で購入したようです。

05-24@11-32-55-128_convert_20140610120311.jpg

 アダプターは付けられたものの、元々付いていたカゴと、子載せの足載せ部分が干渉してしまって、取り付けができない。

 どうしましょう?というご相談。まあ、こんなことは仕事としてはほぼ毎日やっているようなことなので、カゴを前出しすれば、それでいいわけです。

05-25@12-48-07-542_convert_20140610120334.jpg

 例によって、延長かご止めに交換して、その延長部分が前に出る分、足のせの空間が確保できます。

05-24@11-33-18-596_convert_20140610120232.jpg

 こんなもんです。でも、問題はここだけではありません、こちらも問題になり得る所なんだと思います。

00005-24@11-33-35-646_convert_20140610120219.jpg

 このオレンジライン。片方を子載せにあわせて、もう片方はハンドルに合わせています。

 この狭い間隔に、子供の足を入れて座らせなければいけません。子供が言葉を理解して、足をつま先立ちのようにして!といことが通じるようであれば、ようやく足は通るでしょう。

 ところが一歳前後で、そんなことできるお子さんは多分いない、期待してはいけません。となると、ベタ足のまんま、親が子供をかかえながら、針の穴に糸を通すようにして通さない限り、子供を座らせることはできません。

 これは、カゴを前に出す、出さないということとは、全く関係ありません。あくまでもハンドルと子載せの距離ですから。

 と・・・いうことは、どういうことか?

 そう、この距離はステムという、ハンドルの突き出しをきめるパーツの長さに依存している、ということが見て分かります。

 このステムの突き出しを長くしない限りこの距離が広がることはありません。

00005-25@12-47-45-648_convert_20140610120358.jpg

 このように一定以上の間隔がないと、例え前子のせを付けても、載せ降ろしが大変しにくい!という状況になってしまいます。

 そうなると、やっぱり外国のものはダメだね・・・、というまさに風評だけが吹き渡ることになりかねませんな。

 そういうことまでも含めてセッティングをするのが、ショップの仕事でもあると思いますので、通販で購入したはいいが、取り付けができない、とか、取り付けられても使い勝手が非常に悪い、などということのご相談はお受けいたします、ということです。

 通販で購入する、という判断をすべての商品について、適応できるか?ということは、よく検討すべきかと思います。

 通販利用には、それなりの理由があると思います。送料入れても、安い。時間がない、忙しい、ってんで、わざわざ買いに行かなくてもいい。ウザイ店員から余計なこと言われなくていい・・・。夜、思わず魔が差して・・・、などなど。

 でも、メンテしながら使い続けるもの、その使用の仕方に詳しくないものなどについては、よくよく考えて購入した方がいいかと思います。

 先日、親子自転車が目の前を通り過ぎました。

 アレ?娘さんのヘルメットが明らかに変なかぶり方をしているので、追いかけて、「あやしい自転車屋ですが、そのヘルメットのかぶり方はダメです!」と一発ご指導をしたわけです。

 後頭部にあるべき調整ベルトを頭のテッペンの方に持って行く、乱暴なかぶり方。これでは落車したとき、ヘルメットがきれいにずれて、中の頭を打ってしまう。

 それを引きづり出して、後頭部に持って行き、調整ダイヤルで固定してから、 こことここを調整して、しっかりとめてくださいね、と去ろうとしましたら、引き留められて、かなり詳しく聞いてくるんですねえ。それはそうでしょう、子供の安全に関わるところなんですから。

 思わず「購入するとき自転車屋に習いませんでしたか?」と尋ねてみたんですね、そうしたら、「通販で購入したもんで・・・」とちょいと照れくさそうにおっしゃったというわけなのであります。

 セイセイドウドウの製造業者や輸入業者であれば、「ア、そういう方は自己責任ですべてお願いいたします!少々正規代理店経由が高額なのは、購入時のセッティング、その後のセッティングやアドバイスも含めておりますんで・・・」と鬼の首でも取りたいでしょうね。

 安さを求めたために、誤ったかぶり方をしてしまい、万が一の時にその機能を発揮できなかった・・・、それはそういうあなたの自己責任でお願いしますね、ということなんでしょうな。

 んんん、難しい問題なり、です。薄利でも多売したい業者がいて、一円でも安く購入したい消費者がいて、出し抜かれたくない、値崩れさせたくない輸入業者や製造業者がいて・・・と、まあ複雑な様相を呈しておるわけです。

 先日、事故直後に立ち会った際に、絶対に子供らをつまらん事故で痛い思い、怖い思いをさせたくないと、強く思った店主としては、有縁の方々に対して、有料無料使い分けつつも、子供らに被害が起きないよう、全力を尽くしたい、と思う次第なのであります。

 話がずれ気味ですね。ともかくも、購入経路はどうであれ、有縁の方(当店に関わりのある方、これから関わられる方も含めて)に関しましては、有料無料使い分けつつも、できることは、やるという姿勢は、まだ持ち続けていきたいと思っています!

※子育てとは関係ありませんが、黒トラです!最後の黒トラ!

000DSCN1083_convert_20121121224910_201406101537208f8.jpg
9万切っての、ご提供ときたもんだ!クロモリ、一インチ。
これ以降はすべてオーバーサイズ、しかもアヘッドのピストになります。
まあ、それはそれなんだが・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2159-c38d2a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター