メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |隙間を見たりの保険対応 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

隙間を見たりの保険対応



 これは、事故車として持ち込まれたものであります。

 保険対応も仕事の一つとしている当店であります。通常業務のお客さんとの二者間ではなく、そこに保険屋さんが入る三者間の仕事というのは、こじれると面倒なことにもなり得るので、やりたがらないショップがあることも理解できます。

 大体事故が起きている状況自体がすでに荒れているわけで、そこに保証交渉なんてことが入るとこじれることが前提となる、と覚悟しないといけません。

 ただ、自転車を愛好する人が、ケガだなんだで大抵痛い思いをして、自転車もアチコチやられて、途方に暮れているところを無碍に断る、というのもできないわけで、多少のリスクも覚悟しつつ、対応させていただくというのが当店の姿勢でありましょうな。

 こういう鉄フレームの自転車であれば、全て外して、フレーム・フォーク単体にしてから、計測・修正を行って、可能であれば再度組み付けるという過程を踏んでいくことになります。

 ただ、残念ながらこのフレーム、元々から古いことと、多分今回の事故による曲がりの程度を総合すると、このまま乗り続けることはやめるべき、という結論が出たんであります。

 そういう旨を書類とともに、依頼者に渡してから、あとはその依頼者と保険屋さんの対応を待つ、というのがパターンなんでありますが・・・。

 ここに問題が発生します。保険屋さんとしては修理代いくらか?という見積もりを出して欲しい、ところが修理はこの車体ではできない、というのがコチラからの答えなんであります。

 なれば修理代を支払う義務は生じないのか?だって、修理できないんですから・・・。

 とすると、依頼者の方からすれば、この事故でケガをして、古かろうがなんだろうが愛着を持って乗っていた自転車を壊されて、足としての自転車も失い、その保証がなにもない・・・とすれば、実に理不尽なのであります。

 では、廃車として、新車を保証して欲しいという事になると、では廃車にした場合の自転車の価値は?という事になります。ここで強気に出てくる保険屋さんの中には、「五年経てば自転車自身の価値はなくなります」なんて言ってくる業者も過去ありました。

 上の事故車は、五年はゆうに及ばず、相当古い車体であることは分かります。となると5年以上の無価値の自転車を廃車にしても、それに相当する新車などあるわけもない、ということでいずれにしろ依頼者にとっては理不尽な結果になってしまうわけであります。

 多分事故の保険というのは車の事故補償体系を典型としているので、慰謝料等の別の方法は別として、こういう判断になりうる事もある、というのはその文脈上では理解できなくもない。

 ただ、車の新車購入や修理代金と比べて、通常であれば安価に済む自転車の補償について、車の形式そのままスライドさせてしまう、というのは、ちょっとやり過ぎでもう少し対応の仕方もあるでしょ?というのもあるわけで、実際当店が対応した、保険屋さんのほとんどが、杓子定規ではなく、それなりの丁寧な対応だったと思います。

 でも、古い自転車の査定とその補償ということになると、むずかしいよねえ・・・。当店としても、一体いくらなんだか正直はじき出せないことも多い。

 レーサーなんかであるのは、例えば今のカーボンと、15年前のカーボンでは、後者の方が高額だった事も実際あるわけで、償却なんてことを考えないと、そっちの値段を付けて出しても良いのか?なんてことも悩みの種。

 いわんやビンテージレベルのものが入ると、これはまあ何ともハチャメチャですわね、実際今までそんなことはありませんでしたが。
 多くがより高額な処理のかかる車の方では、それらにすべて対応していくための形式の確立は必要なんでしょうねえ、大変な仕事だわね。

 幸運なことに、今まで当店が関わってきたほとんどの対応は、最後は人対人どうしのやりとりで決着が付いてきたわけで、今後ともそうした対応で、両者が一方的に理不尽で酷い目に終わるのではなく、両者のいい落としどころが見つけられるよう、コチラも自転車屋として関わって行けたら、と思うのであります。

 そういう中で、隙間が見えてくる・・・、ような気もします。

 上のような、そもそもが古い自転車を大事に乗っていた、足としての自転車が廃車になったとき、相手にふっかけることもなく、かつ新車でなくとも大体同格クラスのものを利用者さんの元に戻して上げられる、という選択肢を用意することはできないか?

 例えば、中古フレームなどをピンキリで持っていたら・・・その中で、こんな車体を組むことも可能かもしれませんね。

20151116_110527_835_convert_20151223111907.jpg

 元々使っていた、使えるパーツは再利用してやる。

20151222_153811_741_convert_20151223111644.jpg

 その際、チェーンなどの消耗品は新品にかえる。

 20151116_110539_350_convert_20151223111854.jpg

 元々愛着のあったものであれば、最大限使い続ける。

 20151222_153818_393_convert_20151223111553.jpg

 ハンドルグリップが同じなら、乗り心地も似てくるものであります。

 20151116_110519_138_convert_20151223111733.jpg

 事故でよれてしまったものは、交換、付けていた装備については、できる限り戻してやる。
 
20151222_153805_616_convert_20151223111613.jpg

 事故以前で、弱っていたものは、この際に交換。

 20151222_153800_878_convert_20151223111624.jpg

 古い自転車とのバランスを壊さない、現行品を選択かな。

20151222_153754_441_convert_20151223111656.jpg

 サドルも癖の残るパーツであります。直接体に触れるパーツはたいていそうでありますな。

20151222_153826_238_convert_20151223111634.jpg

 例えば、このような形で再生できたものが、フレームの検分、車体の解体と組み付け、新パーツ代などを含めて、「常識的値段」で再生させることができれば、「まあ、下駄履かせてお宅のおんぼろ自転車が4万だとすると、それで多段実用車でも購入して、我慢してくれ!」という乱暴な提案よりはマシなんじゃないか?なんて思うんであります。

20151222_153740_467_convert_20151223111706.jpg

 二者間に入る保険対応は、やはり難しい、神経を使う仕事であります。事故は起きるものですし、起こした方も、起こされた方も大変なんであります。

 そこに人対人との対応にて、より豊かな落としどころの選択肢を提供できるようにすることも、当店の仕事なのかな?とも思います。起きて欲しくはないながらも起きてしまうのが事故というもの、当店ごときがお役に立てるようであれば、杓子定規ではなく、ふっかけることもない、人対人の大原則の下、解決に向けて努力していきたい、と思うのであります。

 今日はまじめだなあ・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2736-53d7f205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター