メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |プレイボール!ピッチャー・・・キャッチャーどっちだ? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

プレイボール!ピッチャー・・・キャッチャーどっちだ?



 主審がプレイボール!と宣言すると、ピッチャーが一球を投げ込むことによって、ゲームは始まる・・・、と一般的には思われているようでありますが・・・。

 ピッチャーの言い分からすれば、まさしく俺が能動的に投げなければ、ゲームは始まらない・・・と。

 でも、その前にキャッチャーがミットを構えないと、ピッチャーは投げ込むことができない・・・。実はゲームの始まりには、目立たないがキャッチャーの構えがないと始まらない、という意味でキャッチャーという受動があっての、ピッチャーの能動ということはいえないか?

 能動、受動というと、どうしても能動の方が、積極的で脚光を浴びがちなんだが、実はその裏に、下地としての受動がある・・・というのも忘れてはならない。

 なんだって?キャッチャーが構える前に、バッターが打席に入らないと、キャッチャーは構えることもできないという意味では、バッターの受動の方が先だって?まあ、ねえ・・・、そこまで拡大していくと、球場管理のおじさんがライトを付けないと・・・とか、グランドキーパーが水をまかないと・・・などと無限後退しそうなんで、適度のところで止めましょう。

 要は能動受動という言葉の反転の例としてね・・・。

 で、なんだがこれを自転車の組み付けにスライドさせると、新車のみを扱っているところは抜きにして、そうではない自転車を扱うとなると、組付けの前に、外すことの方が重要で、外すことができれば何とかなるところなんだが、これが外せないとなると、その先には進まない・・・、能動的な組み付け前には、キャッチャーの構えの如く、受動的な外し作業が先立たないと、組付けは成立しないということが、言いたかったわけで、この「外す」という受動の技にもう少し脚光を浴びせてもいいかも、なんて思った次第なのである。

 上のホイールは、これを使って、次のステップに進みたいという、多少マニアックな方のご依頼であります。

20151224_121147_248_convert_20151224125613.jpg

 このローターを外して、ハブを摘出したい・・・んだが、どうもねじ穴がつぶれて回らない、というご依頼なんであります。

 確かに努力の跡がありましたね、ネジザウルスなどのつかみのあととかあって、さぞや奮闘されたんでありましょう。こういうお客は、色んな意味で良いと思います、色んな意味で。

 なれば外しましょう、という事になりますが、さてどうするか?先日の、くノ一フィキシングのクラッキングでやるか?とも考えたが、あれではネジの頭が飛ぶだけで、本体はねじ穴に残ってしまう、これではダメだ。

 どうしても頭をとって、回し出さないといけない、では頭をつかめる形にすべし。そのために、どんな工具が適正か?

 20151224_124204_758_convert_20151224125548.jpg

 ルーターにどちらの刃をつけるか?試してみると、砥石系の方がこのネジには強い、それにて決行!

 20151224_123637_304_convert_20151224125559.jpg

 三本ある内の一本、ネジの頭をラインのように切り落として、それを挟んで回してとる。やっと一本外れた・・・。

 20151224_123629_684_convert_20151224125650.jpg

 緩みどめがしっかり入っている。これは是か非かどちらかか?ローターはいわばブレーキシューと同じなので、交換可能を優先に、この手の緩み止め剤は使わない・・・。か、または、ローターのガタつきは制動に影響するので、しっかり止めるべき、といういう意味で使う・・・。

 乗り手がそれなりのメンテの目を持っているなら前者、全く持っていないなら、後者・・・ともいえるかな?

 コチラがわメカとしては断然前者、なのであります。難しいですね、車種や価格帯によって、どのような方が乗るのか?ということが大方決まってくるとして、そこから来る配慮ともいえなくもない。

 ピストブームの時には、猫も杓子もスキッドといって、車輪をロックさせて止まる技が流行っていたが、そのため瞬時に力のかかるコグが飛んでしまうことが頻発したらしい、それをしてFUJI病とか言われていたらしいが、メーカー側としては迷惑な話、ちゃんと前後ブレーキ付けてんだから、スキッドする必要ないのにねえ。

 でも、実際の使用に合わせて、その内固定コグに緩み止め剤を入れたことがあった。そうなるとまともな使い方、ギア比を変えるとき、コグを変えるときに異常な力がいることになる・・・、普通では取れなくなってしまいました。

 まあ、どこをとるか?ということなんでしょうがね。多分安全第一を考えると、一番低レベルの使用に合わせざるを得なくなる、ということなんでしょうな。

 20151224_124045_438_convert_20151224125533.jpg

 このように、二本、三本となんとか抜けまして・・・、

 20151224_124102_780_convert_20151224125638.jpg

 ローターの移動が完了!

20151224_124117_820_convert_20151224125627.jpg

 これでまっさら、これからコイツがどのような変遷を辿るのか?それは、依頼者のみぞ知る、という奴です。どうなるのかな?

 新店舗の外側に屋根ができる、そうなればより広く使えることになりますので、自転車の組み付け講習なんていうのもやってもいいかな?とも考えているんだが・・・、その前に、キャッチャーの構えをおぼえないとプレイボールすらできないかもしれないね。

 そういう意味で、自転車組み付け講習の前に、自転車解体講習の方が先、なのかもしれませんね。

 世には、ものの始めの不可解さを称して、鶏卵論争といいますな、つまり鶏が先か?卵が先か?ってやつですがね。

 子供が典型ですが、最初からものを作れる奴なんているわけがない、最初は壊すこと、分解すること、解体することから始まってくる・・・、これは誰しもが認めることなんでありましょうな。壊さないで、解体しないで、分解しないで、今物を作っている奴などどこにも居ないはずなんであります。

 解体は発明の母なんでありますが・・・、そこでハテ?と不可解さが頭を持ち上げてくるわけです。人類最初のクリエイターは一体何を解体して学んできたのだろうか?解体の前に、創造が無ければ解体することはできない・・・?しかれど解体なくして創造はないとすれば・・・?うーん・・・・、鶏卵論争から、神学論争にスライドする気配・・・、今回はこの辺にて、お後がよろしいようで・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2738-314afa22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター