メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |通勤用 もっと楽に速く? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

通勤用 もっと楽に速く?



 パッと見ると、こりゃレーサーだわな、と思いますが・・・。中央に見えるあれはなに?・・・輪行袋?

20160301_110128_868_convert_20160307185211.jpg

 なんだこりゃ?・・・電池らしい・・・。

 ということは?

 20160301_110135_815_convert_20160307185144.jpg

 電動かい?

 電動だった・・・ということで。しかも出所がサンスター・・・、サンスターの電動アタッチメントといえば、かつて施工依頼が来ていたヤツだったわな。

 サンスターさんは後付けで、こうした電動ユニットをこしらえたんでありますが、どの自転車も電動にできるように・・・とね。ところが、この辺をめぐる法的なのか手続き的な何かはしりませんが、そんなものに阻まれて、あえなくユニット単体販売は諦めた・・・ということだった。

 まあ、どこにでも天下りはいるものなのか?審査機関だか、検査機関だかにフレームごと提出して、合格しないと市販されないんだとか。

 コイツでもって、公道外でいたずらを考えていた当店としては、ずっこけましたがね、そいつが今回こんな形できたわけであります。

 電動使うと速いのか?ってそんなわけはありません、まともな検査を受けたものであれば25キロを超えるとアシストは無くなるそうだ。だから、こんな厳ついレーサーもどきであっても、アシストが受けられるのは25キロまで・・・、あとは重いユニット背負って、自力でがんばらなければならない・・・。そういう意味で、レーサーにコイツをつける意味があるとしたら、坂くらいなのかな?

 まあ、コイツを通勤用に利用したいが、もっと楽な体勢で速く走れるようにしたい、ということ。

 速くはどうだか知らないが、楽にすることは可能。

 20160301_110122_347_convert_20160307185048.jpg

 どうも前傾がきついようなので、体を起こしてあげることに。

 20160304_153315_670_convert_20160307184728.jpg

 プロムナードにして上げれば、楽になりまっせ!

20160304_153341_504_convert_20160307184903.jpg

 うん、なぜかプロムナードハンドルには親近感を感じてしまう店主、ドロップハンドル以外で唯一かな?認められるヤツっていうとね。

 20160304_153324_763_convert_20160307184704.jpg

 プロムナードなので、どうしても握り角度は地面と平行であるのが望ましい。そのためには、こうした上向きのステムがいいねえ。タイオガさん、良い仕事しています!

20160304_153336_580_convert_20160307184932.jpg

 スイッチをステムに移動。ケーブルの関係もあってね。

 20160304_153330_397_convert_20160307184955.jpg

 9速のシフターはフラット用に交換。

 20160301_110115_372_convert_20160307185251.jpg

 そして、最大の問題がサドル・・・。どうもレーサー用のものだと痛いそうだ。その痛みについても、色々説明があるが、どうも痛いのが先行して、これだけは重くなっても良いので、フッカフカのサドルをということだった。

 まあ、レーサーの風貌がプロムナードハンドルで、全く牙を抜かれてしまうので、今更サドルをどうこう言っても仕方なし、なれば、最もフッカフカのソファーレベルのものを付けてやれ!

 20160304_153255_164_convert_20160307185020.jpg

 デッヘッヘ、ビーチクルーザーものかよ!というやつを付けてやった。これでダンシングしたら、車体が左右にゴンゴン振られるかな?いや、それをしないようにするためにペダリングや体重移動に気を使ったりすれば、結果としていいダンシングの練習機になったりしてね・・・。

 ということで、牙抜いたら、抜いたでこれまたいいでないの?というやつが完成。

 20160304_153247_660_convert_20160307184833.jpg

 背の高い方なので、これはこれで威圧的で圧倒的な電動車体のできあがりとなりました。まあ、まともに作動すれば、25キロまでは軽々行くでしょうから、これでいいんじゃないかな?

 スピードアップへの秘策は実はありますよ、このユニットでできるだけ小径の・・・、オット!公道外で走るならいざ知らず、通勤で使うなら、これ以上の言及は避けましょう・・・。

 しかし、あの幻の計画が実現したら、幻の練習機ができる・・・、そしてそれをどこかのトラッククラブが購入して、使ったら、良い追い込みの練習ができるんじゃないかな?なんてね・・・。公道外で一台は試したいサンスターでありました!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2815-68618379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター