メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |再度 5800系105 11速を120エンドに入れます! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

再度 5800系105 11速を120エンドに入れます!



 一つまえの5700とは一段と変わりました、11速になりました、5800系105。

 まあ、これからのトレンドは、この形式が王道を行くと思うので、この辺をしっかりいじれるようにしておかないといけませんね。

 20160329_154305_835_convert_20160331172631.jpg

 かつては中空シャフトがむき出しで出ていましたが、58系はキャップの要領で、エンドに直接はまる形式に変わりました。

 20160329_154314_478_convert_20160331172619.jpg

 ウーン・・・、外して見るか。

 20160330_110327_851_convert_20160331172553.jpg

 こんなになっている、ステンレスかな?てなもんで、硬いだろうなあ・・・。

 コッチを外して、アッチを外して、計測しては、スペーサーなんかを移動したり入れ替えたり・・・繰り返します。

 あと二ミリ・・・。まあこれでもいいかな?十分ダウンサイズできた・・・から。

 いや、あと一ミリ・・・何とかならないか?

 20160330_110343_725_convert_20160331172543.jpg

 こういう手もあるんだよね、キャップの裏を一ミリ均等に削るというね。

 元々もらっていた、簡易フライス盤ですが、回転数が速すぎて、すぐにミルが真っ赤に熱を持って、焼きなまし、になってしまう。

 何とかならないか?そんな時、ちょっと救世主が現れ、そいつが回転数を抑えてくれるという奇跡が起きたんですねえ。低回転でオイルを差しながら、ほんの少しずつ削っていく・・・。

 20160330_110509_475_convert_20160331172532.jpg

 もう少しやり方あるだろうなあ・・・と思いながらも、なんとか一ミリ削れました。フライスについての勉強ですね、あとは治具・・・でありましょう。

 もう少し精度を上げる削りや加工ができると、これは一気に何かがグーンと広がるように思いますね。

 20160330_112234_803_convert_20160331172457.jpg

 こんな風な感じで、一丁上がり。ある意味だからなんだよ!なんですがね。

 当然120エンドには10ミリデカくてはまらなかったリアハブがね・・・。

 20160330_105928_160_convert_20160331172606_20160331175410e1c.jpg

 このように120エンドの自転車に、現行品の11速のハブが装着可能になりました・・・ということなんですね。

 20160330_112315_843_convert_20160331172520_2016033117540966f.jpg

 つまり、ピストフレームに11速を入れることが、単純にいって、可能になったといいましょうか。仮にですね、ピストフレームしか持っていなかった競輪選手が、街道を多段で練習したい・・・というときなんぞは、持っているピストフレームに、現行の105のロードコンポを取り付けることができるようになります。

 なんてことは、すでに7年以上前にやっていたんです、当時は10速だったんですが、ちょっとこちらも進化して11速も可能になりましたよ。

 あとは、古レーサーですね、5速6速時代の120エンドの古ロードフレームに現行コンポを載せることができるようになったということです。

 もちろん昔乗っていた旧友を物置から起こして、現行のコンポを載せて、街道に出して、一緒に旧交を温めるなんていうのもありでしょうね。

 そして、すこぶる今風なんですが、知らずにヤフオクかなんかで落としてしまったビンテージ系フレーム・・・。レトロですごく雰囲気が良いんで思わずポチってやってしまって、送られてきたのをみたら、120エンドでガーン!!!!なんてありそうだよねえ。

 仕方ねえや・・・、古めの5速6速でも探してはめるしかない?またはロードピストとしてシングル?マジで?

 なんて悩んでいる方にも選択肢が増えるという意味で、朗報なんじゃないかしら?

 ということで、コイツで何をしでかすか?ということについては、次回以降に!

 要所をしめて、旧車対にも選択肢を!ということです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2842-f75297af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター