メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |新店舗でもやりまっせ!軒先自転車 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

新店舗でもやりまっせ!軒先自転車



 この新店舗の前の前の、その前から始まった、軒先自転車なんでありますが、新店舗でもこれは続けて参りますよ。

 お姉ちゃんが乗っていた、この自転車をその弟が乗る。ただこれじゃあ、あまりにもお古だし、女の子っぽいから、どうしようか?というご相談をお母さんからいただきました。

 なら、軒先お貸しするので、ご自分でやってみませんか?というコチラの提案に、すっかり乗っていただきまして、新店舗で第一弾となります、軒先自転車の始まり、始まり!

 20160402_100606_269_convert_20160420211147.jpg

 フレームとフォークとにバラして置いたものを、親子で、洗浄して、足付けして、塗装するというもの。もちろん、色んな指南はいたしますし、基本の道具などもお貸しします、もちろん場所もね。

 洗浄ができて、足付けしたら、塗装と行きましょう。

 20160402_105340_300_convert_20160420211044.jpg

 すぐやりたがるが、すぐ飽きる少年を中心に、お母さんが音頭を取って、お姉ちゃんはそのサポートしながら、進めていきます。よくある展開ですが、お母さんの気合いが入ってきて、施工内容にかなり細かいチェックが入ります。良い傾向・・・。

 20160402_105029_140_convert_20160420211129.jpg

 フォークの方もやるのよ、こうやって!とお母さんの模範吹きが始まります・・・。

 20160402_105037_455_convert_20160420211055.jpg

 もちろんタレが出たり、埃が付いたり、乾く前に触ってしまったり・・・・なんていうのはもう織り込み済みです。

 もし失敗しても、同じ工程を辿れば良いだけのこと。はい、乾くのを待って、ヤスリで足付けして、再度吹く・・・、それだけ。

 でもそんなことが大切なんですね。施工に自分が携わっておくと、以後使いながら、乗りながら傷が付いたとしても、へっちゃら、また足付けして、マスキングして、再度吹けば良いだけでしょ?となる。

 人にやってもらったものは、そうは行かない。アア!キズが!どうしよう!!!!となってしまう。

 今周りにあるものって、ほとんどがそういうものでしょ?技術や内容がすべてメーカーによって独占されているってことですよ。何にも携わっていないから、詳しいといってもせいぜいソフト的に詳しいだけで、中のハードに関しては全くお手上げなもんで、スマホ落として、タブレット落として、キャー!!!って狼狽えるしかない・・・。

 技術や内容をもっと身近に、自分たちで管理できるようにしていくという、時代に逆行するというのもいいもんだ・・・、たかが塗装と思うなよ・・・。

 なんかやってはすぐに飽きる息子を叱咤激励しながらも、全体的にはホノボノと作業は進んでいきました。

 お母さんとしては、どうも、ツートーン、スリートーンにしたかったようですが・・・、本人が乗りたいので、早く塗り終わろうということで、塗装終了。本当よく頑張ったよねえ、親子三人でね。

 20160329_173316_265_convert_20160420211214.jpg

 こんなだった、車体がね。

 20160418_172408_628_convert_20160420211001.jpg

 真緑になった!初めてというところからすると、大したもんだよね、全く。

 20160329_173326_333_convert_20160420211201.jpg

 自分で手を入れて、きれいにフレームをしていくと、それまで付いていた、汚いパーツ類はどうしても使いたくなくなってくるようで・・・、何色のサドルにする?とまた親子でバトル。まあ、結局は子供が乗るので、お母さんはいつも大人の対応でした。

 20160418_172404_209_convert_20160420211014.jpg

 お母さんはオレンジのサドルにしたかったようですが、子供がどうしても緑の差し色が欲しいということで、これになりました。

 20160329_173333_719_convert_20160420210842.jpg

 ハンドルも、男の子らしく!ということでね。

 20160418_172418_614_convert_20160420210858.jpg

 黒ハンドルに、黒グリップ。ブレーキレバーだって、良い物使ったんだぞ!このハンドル回りは、中学生になっても、そのまま移植できる代物だよ、だから長い目で見るとかなりやすい買い物となるはず!

20160418_172605_452_convert_20160420210926.jpg

 両足スタンドの片方を切って、曲げて一本足スタンドにする。この方がスポーティー・・・だよね。

 20160418_172354_538_convert_20160420211028.jpg

 親子三人の力と、当店の協力でできあがった、再生子供自転車、その名を「走れ!コウタロウ!」と言います。

 20160418_172519_513_convert_20160420210941.jpg

 この新しい乗り手の名前が、コウタロウ君というのでね。

 フレームに輪っぱが二本とハンドル、サドル、ペダルが付いていれば、自転車って言うんだが・・・、こいつはそんじょそこらの自転車じゃあない。なんてったって、親子三人が一丸となって作り上げていった一台なんだからね。

 こういう自転車を渡す時、言うだけ無駄な一言があるんですね、それは・・・。

 「大事にしろよ!」

 んなこた、言われなくたって、オイラ分かってラー!!!!ってか。

 施工に携わると、修理することもできるし、自分の実力も分かるし、知らずに愛着もくっついてくる・・・。「ものを大切にしなさい」などと言うお小言は、物を作らなくなってきたところから出てき始めたんじゃないのか?

 なれば喜んで時代に逆行しようではないか!小言を言う以前に頭と手足を動かしておくことだよね、そしてそれでも足りないことがあるとすれば、一言添えれば良いわけだ、それは小言ではないだろう、そういうのを大言・・・って言うんじゃないかな?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2861-b6c8ec59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター