メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |クランクが抜けない!コッタレスのネジ溝が浅すぎる場合には tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

クランクが抜けない!コッタレスのネジ溝が浅すぎる場合には



 クランクが抜けないということです。中のネジ溝を見ると、軽くなめられているようですね。原因は推測出来ます。

 このクランクを抜こうとして、フィキシングボルトを外し、そこにコッタレス抜き工具を装着してから、回し抜こうとした・・・。

 通常なら抜けるところが、いくら締めたところで、クランクはビクともしない。おかしいなあ・・・、延長なんか使って、エイヤ!まわった!と思ったら、なぜかコッタレスが抜けて、クランクがそのまま・・・、アレレレ?

 よく見ると、フィキシングボルトは抜いたものの、その下にあるワッシャーを抜くのを忘れていて、そのワッシャーバウンドに耐えられなくなったクランクのねじ山が削れてコッタレスだけが抜けた・・・多分そういう展開だと思います。

 店主も二回くらいやってますからね、かつて。どうしても奥になると暗いので、黒いワッシャーが目立ちにくい・・・というのがあるんでしょうな。

 こうして残ってしまったクランクにまたコッタレスを入れても、もうダメであります。なれば・・・、クランク自体を砕くか、BBシャフトを切るか?なんて荒療治しかない?今まで多くはそうして、解決してきざるをえなかったかも知れませんね。

 ただ、クランク・BBともに高級なものであると、それはつらい・・・。どうにかして、再利用出来る状態で、抜くことはできないか?

 ここにこういう工具があります。

 20160430_225959_231_convert_20160502193404.jpg

 こいつが、まあ特殊工具中の特殊ものなんで、察しは付くと思いますが、非常に高額・・・なんであります。ある意味高級クランク・BBを摘出するというのだから、そのくらい投資しろ!とでも言いたげで、またこうした事故はそんなに起きないので、こうした工具自体が頻繁に出回らないんでしょう、色んな事情が高額にしてるんだと思います。まあ、こうした刃物は作りがいい・・・というのもあるか。

 でも今まさに出動なんであります。

 20160430_230402_716_convert_20160502193353.jpg

 まず、BBシャフトの中心にガイドを差し込みます。

20160430_230417_605_convert_20160502193341.jpg

 そこにこの歯を当てて回転させる・・・。

 20160430_230516_463_convert_20160502193328.jpg

 浅くなったクランクの内溝がサクサクと削れて参ります。

 20160430_230833_488_convert_20160502193315.jpg

 このようにして、まずは内側をさらいます。そして次に取り出すは?

20160430_230851_348_convert_20160502193303.jpg

 タップであります。これで新たな溝を掘っていくという考え。すでに掘れている穴以下に加工することは、原理状不可能なので、掘れている穴よりも一回りでかくして、デカイねじ山を切っていくという考え方であります。

20160430_230929_249_convert_20160502193251.jpg

 細い切り子が見えてますね。

 20160430_231104_859_convert_20160502193238.jpg

 新たな溝がきれいに切れてます。・・・でも待てよ、この直径は冒頭の写真の直径よりもデカイよね・・・ということは、それまで使っていたコッタレスでは抜けない?ということになるの?

 はい、ご名答であります。これより使用するコッタレス抜きは、従来のものではなくて、一回りデカイものを使用することになります。

 20160430_231204_723_convert_20160502193228.jpg

 これですね、一見普通に見えますが、これも特殊中の特殊工具であります。

 20160430_231309_650_convert_20160502193204.jpg

 やった、抜けた・・・。荒療治をしないで、こうしてスクッと抜く方法なんであります。

 まあ、内容が内容なんで、なかなかご依頼はありませんが、中には遠方よりお問い合わせをいただくこともあります。また旧車などをオークションなどで購入してみたら、中がなめていて外せなかった、という例も多くあります。

 まあ、年に数度の依頼ではありますが、そのためにでもこいつはちゃんとキープして、施工内容を忘れないようにしないといけません、こうして記録に残すのも、忘れないためであります。

 抜けないスクエアテーパーのクランクあったらもっといで。抜いた後再利用するなら、一回りデカイコッタレス抜きも、同時のご購入出来るようにしております!

 燃えるぜ!無理難題!
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/2874-c2c79dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター