メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |パーツにまで魔の手が伸びる・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

パーツにまで魔の手が伸びる・・・



 スケルトンブレーキといえば、カンパのブレーキアーチでありますわ。

 しかもシルバーというと・・・アテナ・・・はもうなくなって、そう!ポテンザという新シリーズのブレーキなんであります。

 ただでさえ、輝いているのに・・・、これにあの魔の手が伸びるとは・・・。

 20161005_150848_264_convert_20161005191010.jpg

 このポテンザ、金属調のシルバーは、前後のアームだけで、センターはメタリック塗装がされているようです。

20161005_150903_769_convert_20161005190955.jpg

 この角度から見ると、前後のアームとそれに挟まれたアームとの色の違いはわかるかと思います。オール金属調にすればいいものを何でセンターだけ塗装しているのか?はわかりません。

 20161005_150910_883_convert_20161005190943.jpg

 あともう一つ、スケルトンの内側のダイキャストのバリ?の処理は、あまりしているとはいえません・・・です。

 まあこの辺に、あの大森研魔の魔の手が伸びてきたんであります。

 20161005_150947_827_convert_20161005190918.jpg

 それがこれであります。意図的に写真で演出するほど、腕はありません。ただ単に並べて撮影しただけなんですが、なんかすでに違いますね。

 20161005_151017_397_convert_20161005190844.jpg
 
 前途のアームとセンターのアーム・・・、風合いは同じですね。銀食器のスプーンのように、いい輝きをしています。

20161005_151037_439_convert_20161005190832.jpg

 ブレーキアーチもすべて解体すると、小さい断片からできあがっていますが、それらを表から裏から隅々にまで、魔の手が伸びていきます。

 20161005_151119_498_convert_20161005190819.jpg

 そして、スケルトンの内側のバリもなくなり、同じ精度で磨きの手が伸びています。

 これが単にパーツとしてだけある・・・ではもったいなので、先日すっかり魔の手の伸びた磨きフレームにちょいとばかりつけてみましょうか?

 20161005_151739_894_convert_20161005190808.jpg

 フレームとパーツが、輝きで響き合っている・・・相乗効果というのはこういうことを言うんでしょうか。

 双方生き生きしているように見えます。

20161005_151833_589_convert_20161005190755.jpg

 昨今決まり切ったカーボンフォークではない、アルミの磨きフォークには、この手の磨きブレーキがドンピシャでありましょうな!

 なんとも、トローンいい感じであります。

 あとはどんなコンポ類がついて、完成することやらです。

 たいていのことはこなす大森社長ですが、やはり磨いているときには迫るものがありますね・・・。

 フレームだけでなくても、こうしたブレーキや、ハブなどのパーツ類でも丁寧に磨きます!パーツ単体でも可。ものによっては自転車以外のものも磨きます!

 と磨く気満々の大森社長であります!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3043-7a95f8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター