メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |古いBSを再生します! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

古いBSを再生します!



 ダメならいいんだ、もう古いからね。・・・ただ、娘達がもし乗れればなんて言うんだよね・・・、でもいいよ無理しなくても、もう古いからね・・・。

 なんて言われて、そうですねえ、娘さん達にはいい新車がありますんで、コチラは廃棄されて、そちらを乗った方がいいでしょう・・・、なんて対応したら、当狸サイクルはすでに死んでおるわけであります。

 まだ生きている当店としては、そういうわけで何とかしようと動くわけであります。大抵はなんとかなるんですよね。手間さえかけてやればね。

 やることと言えば、各所洗浄、回転系にグリスアップ、劣化パーツ交換・・・この辺を丁寧にしてやれば、本当なんとかなる。

 まあ、その前に、ばらせるか?という関門がありますな。ばらせれば、大抵は組み付けられる。そういう意味で、ばらしはこれ、非常に地味ながらも重要なわざということもできる。

 当店にとって欠かせないいくつかの工具で、その筆頭を上げると万力でしょうね?外すためには固定しないと力が逃げる、なので力を逃がさない工夫が必要で、いかに万力を使いこなすか?ということが要になる・・・ということですね。

 DSC_0036_(2)_convert_20170112174635.jpg

 グリス入れの4点セットといえば、まずはここ、BBまわりね。外すのも大変な時はあります。

 DSC_0038_(2)_convert_20170112174602.jpg

 ヘッドーパーツも、グリス入れ。力のかかるところではありませんが、よくあるのが抜けないステム問題。ステムが動かないと、ヘッドパーツがばらせない・・・ということです。

 DSC_0033_convert_20170112174703.jpg

 そして前後輪の1箇所ずつの計4箇所、これがグリスの四天王かな?

 DSC_0076_convert_20170112174530.jpg

 外からでは、やったのかやってないのかがわからない。実に地味な作業ですが、走りにとても影響のある施工なんですね、ながもちさせたいなら少なくとも年に一度はグリス入れ替えてやらないとね。

DSC_0037_(2)_convert_20170112174620.jpg

 グリス入れの際に気づいたのが、リアのフリー、完全フリー状態で、自転車は全く動かない。

 DSC_0079_convert_20170112174500.jpg

 フリーとチェーンの交換。これもスムースな駆動には必要だよね。古いもの同士は、こうして同時に交換しないと意味はありません。古いギア系やチェーンは必ず伸びているので、どちらか一方を新しくしても、かみ合わせが悪いなんてことが起こります。

 古い歯とチェーンは同時交換!これ鉄則。

 DSC_0078_convert_20170112174510.jpg

 ブレーキシューの交換も必要でした。古いブレーキは減っているものが多い、または仮に減っていなくとも、シューのゴムが硬くなっていることがあります。硬いゴムだと制動力は落ちます

DSC_0077_convert_20170112174519.jpg

 前後ブレーキ交換で制動力を上げます。

DSC_0075_convert_20170112174539.jpg

 そして、カゴを新たに取り付けます。

 試乗すると、それが走るんです・・・って当たり前か・・・、そのための作業だからね。

 DSC_0072_convert_20170112174549.jpg

 これって何かに似ているなあ・・・と思ったら、楽器のメンテでした。

 楽器をばらして、各所を見ている時って、常にいい音に向かって動いているんです。時に塗装だったり、木工だったりするも、すべてがいい音に向かっている。

 それがわかるのが、弦を張って、それをはじいた時・・・。改めて、やっぱり君は楽器だったのねと、コチラの憑きものが落ちる感じ・・・、と同時に目的を思い出して、報われる感じ・・・というのかな?作業一つ一つに夢中になったいることから醒めるといってもいいかもなあ。

 自転車も、各所を洗浄していたり、ホイールその他の調整していたり、カゴ付けたりして、多岐にわたって自転車をいじっている訳なんですが、それら個別的な作業一つ一つがすべて、安全に快適に乗るための動きにつながって、その連動する瞬間が試乗時っていうことなんですね。

 弦をはじいて出る音と、試乗の時のあの感覚・・・これは類似のものでありました。

 高齢のお父さんがこれ見て大変喜んでおられまして、それを娘さん達に託していく・・・ということです。電話の向こうではしゃぐ声を聞くと・・・、そんなに大したことしていないのに・・・などとも思ってしまいます、やっていることは、洗浄と調整と交換のさんパターンの組み合わせなんですがね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3144-096cef00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター