メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |タッチアップか?全塗装か? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

タッチアップか?全塗装か?



 オオ、珍しいねえ・・・、珍客といってもいいでしょうな。

DSC_0276_convert_20170212180340.jpg

 デローザ君であります、お久しぶり、といってもこいつとは初対面ですが。

 DSC_0278_convert_20170212180305.jpg

 ステッカー贋作はありますんで、このフォーククラウンの刻印が正真正銘のデローザなんですよね。

 で、こいつは一つ問題を抱えているんであります。それは・・・、

 DSC_0279_convert_20170212180256.jpg

 ちょいとピンぼけですが、小さいが結構深い傷が各所にあるんですねえ。

 DSC_0284_convert_20170212180147.jpg

 よく見れば目立つところにもね。フレームがフレームだけに、行った先でも凝視される可能性が高い中、この傷をどうするか?ということに、なるんであります。

 DSC_0280_convert_20170212180246.jpg

 フレームの色自体は朱に近い赤ともいえる。

 DSC_0282_convert_20170212180226.jpg

 こいつを部分塗装できないか?というご提案もいただいたんだが・・・。車の事故なんかでやるあの板金というやつは、ある意味部分塗装の極地のようなテクニックでありますよね。

 ただ、やはり難しい・・・。というのがまずこの色を作らないといけないという、調色の問題ね。これがきりがない・・・。一番正解に近いのは、やっぱり太陽の下で作った色なんだがねえ・・・。

 あとは自然の退色の問題がある。色が塗られてから、自転車となって外を走る。紫外線や雨風にさらされる、ほこりや汚れも付いてくると、その色は経年の風合いを帯びる・・・といえば聞こえはいいが、くすんだり、はげてしまった色を出すというのは、例えば反対色を入れて・・・どうにか・・・中々ならないのが本当玉にきずなんであります。

 ちょっとぐらいだから、わからないだろう・・・と。そりゃ暗かったらそうかもしれませんが、それこそ白日の下にさらされましたら、やはりわかってしまうのもんです。だって比較する色が隣り合っているんですからね。

 もちろん症状によっては、ちゃんとパテ埋めなどしたりして、塗料のへこみや出っ張りなどはなくなるようにしますが、本当にわからなくなる・・・というのは、難しい・・・ですわ。

 ちょっとした修正で終わらせようとすると、かえって手間と時間がかかってしまうということは往々にしてあることで、だったら最初からやり直せ!という方が結果的にいいということはよくあることであります。

 なので、こうした小傷を食らったフレームは、潔く再塗装!をおすすめするんでありますが・・・。

 ただ、問題は、こうしたデローザのようなブランド自転車ね、ステッカー、デカールも込みで再塗装しないと、無印になってしまいます。当店のお客さんはかなりの割合で無印系、出所わからない系がお好きな方はいるんですが、こうしたブランド系自転車はちょいと事情が変わって参ります。

 先にあったハートのデローザマークは、もしかしたら事情話せば、正規代理店から持って来られないかな?無理?

 なら作るしかない?現物をカッパ抜きして作るか、まあその他だなあ。

 DSC_0277_convert_20170212180328.jpg

 あとは、こうしたブランド名よりマイナーな個別の車種の名前などは・・・。まあ、この場合文字自体に大した特徴はないので、通常のフォントの中から似たようなものを探して、カッティングするという手もなくはない。

 DSC_0283_convert_20170212180206.jpg

 この辺もまあ、作るのは楽かもしれないな。 その他細かい模様などどうするか?ということを持ち主さんと話し合って、納得ずくの中で、落としどころさえ見つかれば、この車体あの場合は再塗装は可能ですね。

 しかしブランド名というものの強さというのはすごいですね。デカールなんてない方が軽くていいのに・・・。てな訳にはいかないのがブランド。

  かつて、パナソニックのフレームをカスタムオーダーで作ったヤツがいた。ただ、ダウンチューブの曲面にパナソニックのロゴを貼られるのがどうしてもイヤだったらしい。本人曰く、「だって電池みたいじゃん・・・」スゲーよくわかる。

 だから、オーダーの際にロゴいらないと断ったそうだ・・・。そしたら、向こうからの返事はそれはできない、ということだった。

 そこで、じゃあ、ロゴ付けるから宣伝費として、フレーム代から差し引いてくれないか?という話を持ちかけた。当然のことながら相手にされなかったそうだ。

 しかし、なるほど・・・ね。ブランドロゴを付けて走るということは、その分宣伝してやっている・・・ね。デローザや、コルナゴにそんなこと言ったら、お前何様だ?と怒られるかもしれませんね。もしそんなことがあるとして、でも・・・、当のデローザやコルナゴさん達って、何様なんでしょうね?

 ブランド様って利用者に、持たせてやって、使用させてやって、宣伝させてやっているわけであります。利用している人の方がありがたがっている訳なんですね、面白い構造です。購入して使用するお客さんより、買ってもらっているメーカーの方が優位にある、むしろ客は買うことによって、その傘下に預かることをもってよしとする・・・、ある意味殿様商売、親方ブランドなんですね。

 そんなわけでパナソニックも立派なブランド様でありまして・・・。でこの話には続きがあります。

 ロゴを不使用も認められず、値引きもなしと来た。そこでヤツが取った手は、「フレームの色を黒にしてください」と。「ではロゴの色は?」「同じ黒に・・・。」。まあ、ブランド様にささやかな抵抗を試みたということであります。

 今後この手のブランド車体を再塗装する際の、デカール作成なんかも、画像ソフトやカッティングソフトの使い方など覚えて、積極的にやっていかないといけないのかな?

 そんなこと考えていたところ、強敵が来た。「僕はあのカッティングシートの厚みがイヤでね。水転写シールがいいなあ、あのプラモデルのヤツね、薄くできるからね、でも、そうか・・・、アレやるにはシルクスクリーンやらないとダメなんだよなあ・・・」。

 そういう方は是非お持ち込みくださいね!何なら、中塗りのあと、クリアの前にご自分で転写されるのもいいかもしれませんね・・・。逃げろー!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3177-4fad3477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター