メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |またも高校生 朝の通学 目を覚ませ! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

またも高校生 朝の通学 目を覚ませ!



 またも近所の高校生、テニス部だそうだ。

DSC_0115_convert_20170214114826.jpg

 フォークがグンニャリ・・・、塗装もはげています。

DSC_0116_convert_20170214114816.jpg

 ホイールがダブンチューブと干渉するぐらい後ろに曲がってしまったという。もちろん証言だけで、現場検証していませんが、たぶん道路にブレーキ痕はないだろうなあ。

 先日もありました、女子高生で、段差に乗り上げたということがね。

 今回も下りで前の自転車が急に曲がったと思ったら、いきなり段差が・・・ということでしたね。もちろん自分が落っこちて、膝をやられたということだ。

 慣れないロード練習ならいざ知らず、大体通学で、友達でもない人の後ろに直づけってことあるんですね。しかも、その車体の前が見えないくらいの近距離でなんてね。

 ちゃんと起きていたのかな?スマホ見ていたんじゃあるめーな?朝寝坊からの居眠り運転なんじゃない?前日何時に寝た?

 なんてこと尋ねてみても、典型的な高校生らしく、首を横に傾けてはハッキリしない返事。まあ、こんなもんだったよなあ、高校生なんてもんはね。成長期でもあるので、よく食うし、精神的にも不安定(当たり前だ)、そしてまあ眠いんだよね・・・とにかく。

 好きなことに熱中しているか、食っているか、スケベなこと考えているか、眠いかのどれかだったわこの店主も。そして、まあ何言っても通じない・・・これも奴らの特徴とみていい。

 ということで、正面から説教してもしょうがない。なおしてヤッカ・・・。

 フォーク交換・・・と思ったいたら、これが大変だった。こいつ、27インチ、タイヤがぶっとい。ことごとくありものフォークが入らない。調べてみるに、28インチのものなんていうのもあるんだよね。

 と、そこまではまだいいんだが、こいつ生意気にもVブレーキが付いています。このブレーキは、台座を要求してくるんですね、前に角のようにつきだしたね。で、そうなると、実用車のものではなくて、一気にスポーツ系自転車のカテゴリーに入ることになる。つまりフォーク一本の値段が値上がりするんですねえ、一見してもスポーツ系は作りが違う、それはそれでいいんだが。

 ただし、また問題が。仮にスポーツ自転車のV台座付きフォークを使用することに決めたとして、今度は一インチのコラムのものが、まあ絶滅種と来ている。仮にあってもせいぜい700cなんだよねえ・・・。

 たまに、狂ったように一インチのサスフォークなんていう、まあほとんど紛いもんなんだが、ないこともなくはない・・・。しかし、探すのが大変・・・。通学用自転車なんで、なるたけ早く返してやりたい・・・。

 どうすんの?

 メーカーから直接、この車種のフォーク単体を取り寄せるという手も・・・。しかーし!!!!この会社は、こちらにわざわざ印鑑証明まで取らせて、保証人まで付けさせて、さらに財務状況までインタビューしていったにもかかわらず、この五ヶ月間も全く返事もしてこないという、小売店をなめきった対応してきているところなんで、今更コチラから連絡するのすらいやな会社となってしまった。

 仮に連絡して、上記内容伝えても、平謝りのふりだけして、メリダがどうので忙しかったのなんだのと言い訳するに決まっている・・・、聞きたくもありませんな。

 しかし、イシバシ系は「年間何本売るんですか?」なんて小売店を子会社のような扱いするし、電池を連想させるダウンチューブのメーカーも「近いうちに営業が行きますよ!」といって三年こないし、日本の名だたる大手さんはお忙しいようで、何よりであります。

000 DSC_0119_convert_20170214114756

 で、結局こうしたんであります。まずはフォーク交換。

 DSC_0120_convert_20170214114747.jpg

 それに伴い、キャリパーブレーキに交換。まあVよりは効かなくなりましたが・・・ね。

DSC_0122_convert_20170214114726.jpg

 ロングアーチで。フォークの色は銀のまま。銀は自転車にとっては透明と同じ・・・ということでね。

 DSC_0121_convert_20170214114736.jpg

 で、このフォーク交換に伴うドミノといえば、ブレーキだけでなく・・・。カゴを下から支えるステーが、もともとはフォーク直づけになっていたのを、9ミリの穴に拡大して、ハブ共締め系というにいたしました。

 実は、泥よけも同じ形式だったんだが・・・。まあ、フロントのドロはダウンチューブが受けるということで、メンテの敵でもある泥よけは、これを機に外してしまう。大体進行方向に向かって、マストを立てるような前の泥よけの空気抵抗はバカにならないんじゃないの?なんて屁理屈を並べつつ、外しちゃおー・・・、ウシシッシ。

 DSC_0117_convert_20170214114807.jpg

 まあ、これで走れるようになりましたよ。ほぼすべてフォークが吸収してくれたようで、ホイールに大きな支障はありませんでしたわ。
 さて、車体はいいとして、あとは高校生という人種の生活指導なんだが・・・、まあ自転車屋が手を出してどうなるものでもなさそうだ・・・。せめて、取り返しの付く範囲で収まるように祈るばかりだわね。

 そうした矢先、また別の一台来たよ・・・、もちろん高校生、前輪がグンニャリの・・・。ダメだこりゃ・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3179-f4d2fc56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター