メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |不慣れは大変ながら おもしろい tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

不慣れは大変ながら おもしろい



 ちょいと前、贋作かもしれないA型バイクがありましたなあ。その後どうなったのやら、わかりませんがね。持ち主さんのご来店がないんでね。

 で、今回もまたA型が来ましたが、こいつはまともに見えます。剛性が違う、軋まないし、全く疑いの余地はありません。

 来た内容は、16インチのホイールを18インチにアップするという依頼。

DSC_0124_convert_20170214200011.jpg

 こいつなんだがね、まあ保管状態はいいとはいえない、経年劣化そこそこ来ています。

 DSC_0125_convert_20170214200001.jpg

 この手前のひとまわりデカイ持ち込みホイールを入れ替えるということなんですね。いつもいじっている自転車と違うので、多少戸惑うだろうなあ、と思いつつも、ある意味新鮮でいいよね。いい緊張感があるのがわかります。

DSC_0126_convert_20170214195951.jpg

 色々外していくと、終いにはフレームがこんな状態になってしまった。もともと折りたたみを前提としている自転車なので、これはこれで仕方ないんだが・・・。実は、この状態は解体されすぎであったことがあとで判明することになる。

 DSC_0128_convert_20170214195941.jpg

 チェーンではなくベルトドライブで駆動するので、フリーも特殊形状なんです。ただ、着脱工具は・・・。

DSC_0129_convert_20170214195931.jpg

 このBMXの四ヅメがあればできるので、なんとか外して、もともと付いていたローターを外して新しいホイールに移植などして、元に戻してやるんだが・・・。

 まあ、慣れない車体なので、アチコチ大変なものなのであります。

 DSC_0276_convert_20170214195914.jpg

 とりあえず完成。ただ、リアブレーキの調整なんかも結構大変でした。これはやらないと、命に関わるので、中を開けて仕掛けを見ては、対策・・・などして、なんとかね。

 まあ場数だね。これから何のかんのと、ディスクが幅効かせてくるだろうから、店主本人はまあ絶対にディスク仕様はしないと思いますよ、よほどのシャレ以外はね、ただいじって慣れておくに超したことはない・・・でしょう。

 DSC_0278_convert_20170214195906.jpg

 こう撮ってしまうと、遠近法で前後同輪に見えてしまうなあ・・・。でもまあ、これでよし・・・ではなかったのだ!

 先の解体のところで、解体しすぎ、と断っておきましたが、このストライダのマニュアル見ると、外していいのはダウンチューブに関してのみで、ヘッドチューブとトップチューブは外れないことになっている。

 DSC_0279_convert_20170214195856.jpg

 この部分なんだが・・・。これはまさにジョイント、つまり関節というように、トップチューブ側に丸いげんこつ状のものが付いていて、ヘッドチューブ側にそれを収めて可動させるソケット状の機構がありましてね、ここは簡単に外れてはならない構造になっているはずだったんだが・・・。

 解体の際にはなぜか外れてしまった。あとでわかったのは、関節でいうとちょうど軟骨に当たる両金属部分の間に来るパーツが割れて不完全状態になっているんですねえ。

 ちょいと叩いて入ったものの、これでは亡くなった千代の富士ではないが、脱臼癖がつてしまう。走っていての脱臼は、ある意味フレームが急につぶれてなくなるのと同じなんで、大変危険なんであります。

 さてどうするか?

 待てよ・・・、このストライダって・・・どこかの業者がやっていたなあ・・・と思い出した。

 二葉商店!!!名古屋の会社だ!そしてラッキーなことに今でも取引はある!!!

 早速HPにて、検索かけてみると、すでに大々的に取り扱っているようではないようなんだが、ちゃーんと愛好者のためにスモールパーツの取り扱いを継続しているようなんですね。流石・・・もの売るっていうのはこうでないといけませんね。

 そこで色々見てみると、この軟骨部分のパーツが見つかったわけです。そして謎も解けました。

 軟骨君は、左右に分かれていて、げんこつ部分を両者から包み込むようにして、そしてソケット部分のパイプに差し込んで固定する、という形式を取っている訳なんですね。なるほど、これでは抜けませんね、ということと、逆にひとたび抜けたら、外から無理矢理叩くなりしてやらないと入らない、しかも叩いて入ったものは信用してはならない・・・ということなんですわ。

 いつ届くかは未定ながら、まずは発注して、待つことに。

DSC_0274_convert_20170214195923.jpg

 世話かけやがってと思いつつも・・・、未知の車体がもたらしてくれるなんともいえない、緊張感は決して悪くはない。

 経験というものが、そのものとして動くというよりも、応用という変形を伴って新たな領域に手探りで行く、というのはいくつになっても新鮮なもんだよね。こうした新鮮さを楽しめなくなった時、本当の老いというものが来るんだろうなあ・・・と思う。

 今楽器なんかをいじっているのも、同じことなのかもね、そういう意味でまだ店主は若いんだなあ・・・。

 分野が変わるなんていうのはある意味顕著な例なんだろうが、たとえ同じ分野ありつつも、そのものの深さに毎回のごとくに瞠目しては、より深い領域に、好奇心旺盛に踏み込んでいく、なんていうのも大いにありだろうね。名人の中の名人、三遊亭圓生は「芸は死ぬまで勉強です」と言った。

 事柄そのものの大きさと深さからすると、自分などという人間のできることなどほんの一欠片に過ぎないこと、世の名人というものは、まずもって事柄そのもののとてつもないでかさを予感できているに違いない。

 軽々薄々に自らを天才などと、うそぶく輩に大したものなどいない。ただ、事柄そのもののでかさが見えていないだけか、または直視するのが怖いなだけ。臆病にもかかわらず、回りから天才と持ち上げられつつも、その取り巻き連中を腹の底では最も軽蔑したいたであろう、噺家談志。

 演目、居残り佐平治を見ても、完全に圓生には完敗だ。自ら白旗を揚げていたように見えたな。まあ、そんなことは店主などに言われずしも、十分に思い知っていたであろうが。

 晩年の圓生の居残り佐平治は、白眉中の白眉であろうなあ。まさに芸に遊ぶ、とはあの境地のことなり、と思いますわ。

 何の話だったっけ?相変わらずの脱線であります。しかし、脱線は実は学生に最も食い込むとも言われますな、そういう意味で決して無意味ではない、イヤむしろこうした脱線をうまく使うことが名教師というものだと思う。

 というわけで、今回本線に戻らず、これにて御免! ドロン!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3180-6a478b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター