メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |家も自転車もおなじ・・・かも・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

家も自転車もおなじ・・・かも・・・



 こんな自転車持ってくるなんて、たぶん、高い確率で当店の仕事見ているなあ・・・と思います。

 できる限り自分で外した感はある。外すものを外して、シンプルに、それがどうも自分流なんじゃないか?というようにね。

 DSC_0370_convert_20170331122757.jpg

 自分で外して、色々いじっている内に、なんと後輪が動かなくなってしまったらしい。見るとわかるねえ、ハブナットをいじっている内に中に入りすぎて、ボールベアリングを圧迫し、回転しなくなった。緩めたねじが徐々に締まっていってハブが回らなくなるなんてことは、よく考えられる原因なんだが。

 そして、この自転車を町の自転車屋に持って行ったら、さんざん怒られて、「自分でやんな・・・」と返されたらしい。自分でできないから来たのにね・・・。

 そんで、当ブログと出会って、ここしかない・・・というあるパターンにはまって、ご来店となったらしい。

 DSC_0371_convert_20170331122746.jpg

 フロントブレーキもなく、フォークも曲がっている。もちろん乗ってきたわけではないので、引きずってきた。

 DSC_0374_convert_20170331122654.jpg

 パーツ類もまあ、こんな感じだ。

 通常なら、直すより買った方が・・・の決まり文句の出るところかと思うが。あえて当店選んで、こういう自転車持ってきたということはだ・・・、それなりの覚悟があってきたに違いない。だから買い直せとはいわない、絶対に。

 とりあえず、まずは乗れるようにしてほしいということ、最低限安全に乗れるように、ということで始めます。

 では直すか・・・。

 DSC_0377_convert_20170331122644.jpg

 フォークは交換して。

 DSC_0378_convert_20170331122635.jpg

 前ブレーキを付ける、当たり前か。
 DSC_0379_convert_20170331122623.jpg

 これで前回りはほぼ完了、新しいフォークとブレーキだ。

 DSC_0380_convert_20170331122719.jpg

 さすがにあの傷だらけのシャフトは交換した、その他つぶれた玉押しや、ベアリング類も変えて、ホイールなので、ブレずにちゃんと回転するようにしておいたよ。

 DSC_0381_convert_20170331122708.jpg

 BB内の点検もね。この辺は特殊工具を使うんで、こちら任せにした方がいい、というか普通はできないでしょうな。チェーンカバーのステーもとっておいた、これもたいしたパーツじゃないんだが、場所が場所だけに外しにくいものなんだな。

 DSC_0383_convert_20170331122408.jpg

 チョッパーというよりは、ちょっと大人しめながらも、結構たっているハンドル。ブレーキレバーも付いたよ。引けば止まるよって、当たり前か・・・。

 DSC_0382_convert_20170331122611.jpg

 サドルはほぼめいいっぱい、膝には負担のかからないポジションは取れる。必要なもの以外はほぼ外したんで、それなりに快適に走れるんですよ。

 DSC_0375_convert_20170331122732.jpg

 あんなにガタガタに見えた自転車も、整備してやるとなんかスッキリ見えてくるから不思議なもんだ。

 なんかかっこよくも見えてくる・・・・ね。

 多分だが、これからこのお客は、この自転車をアチコチいじりながら、楽しみかつ大切に乗っていくんだと思う。仕事が建築系なんだそうだ。

 新車には全く興味が持てない・・・といって、お決まりのレトロのものでもない。建築でいうと、豪華ではないが、丁寧に建てられた古民家のような住宅に、手を入れていきながら、大切に住み続けていきたい、そういう感覚なのだそうだ。

 来た時から、そんな雰囲気は伝わっていたもんだ。アア、やっぱりなあ、と妙に腑に落ちる。

 考えてみれば、自転車も家、や住宅も同じようなものかもしれない。その主流が経済効率と量産を軸に作られてきているという点でも同じだよね。

 だから使い捨て自転車がこちらではあふれはじめ、あちらでは住み捨て住宅が町にあふれてくる。建物はその町の顔であるという自覚は、その手の方々にはないんだろう、残念なことに。

 店主は子供の頃より自転車に乗って、家を見て回るのが好きだった。特に南荻窪の近辺が最高で、好きな家の前では止まって、長い間眺めていたもんだった。

 自然と物語が紡ぎ出されてくるようでね、勝手に住んでいる人をこちらが想像してね。窓から見えるソファーやクッションの感触やニオイなんかも想像しながら、じーっと見ていたわけだ。子供だったから、よかったものの、今だったら、通報されかねない。

 この家いいなあ・・・と、ずーっと何十年も好きだった家が、突然更地になって、四分割され、合板と接着剤でできた家が建つ光景は、ある意味店主の憎悪の対象であったとさえいる。

 なんで、もっと前の建築、一朝一夕では作れないあの佇まいをなんとか活かした建物にできないのだろうか?

 かつての住居であった杉並も、まあ、みるみる安っぽいホンコンフラワーのような町並みに落ちぶれていったなあ。そして、それはこの西東京に来ても同じようなものらしい。

 建築は町の顔・・・、ある意味自転車だって町の顔・・・、町の要素なんだがね。

 家は男子一生の夢・・・など笑わせる。数世代にわたって住み続けられる家ならまだしも、三十年持つのか?という家にローン地獄?実際その家に子供たちは住み続けるのか?住み続けられるのか?

 いろんな事情があるんだろうが、その内部にいながら、そうした主流とは違う動きをしていきたい建築士がいる。そして彼が乗る自転車の第一歩として、まあ、いいんじゃないか?

 乗り捨て、住み捨ては、粋じゃあない。

 自転車と違って、アッチは建築法だなんだかんだでがんじがらめだろうから、そのクリアは技術やアイデアだけじゃあ無理なのかもしれないが、一軒でもそういう考えの基で、救われていったらと思うわけだ。

 その点自転車は、家とは比べものにならないくらい自由なんで、もしこちらの仕事にヒントになるようなことがあっ鱈、遊んでみてほしいわね。

 分野は違うが、広い意味で同業者の卵かもしれないなあと、自転車にはいくつか宿題乗せておいたので、その謎解きなどにまたおいで!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3227-aa37bf28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター