メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |お遊びトリック自転車が働く自転車へ カゴらしきもの tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

お遊びトリック自転車が働く自転車へ カゴらしきもの

000 DSC_0194_convert_20170307143804

 これはトリックなどをやる、BMXという車体なんですが。しっかりスタンドなんかついています。

 これに後ろ子のせをつけて乗りたいというね、まあ普通の自転車に乗るのに抵抗のある方なんでしょうな。その気持ちなど、ある意味よくわかります。

 ただ、元が遊び系なんで、スタンドにしても、子のせにしても、そしてカゴなんかにしても、普通車用に作られているので、すぐにつくとは限らない・・・、よくあることであります。

 今回はこれにカゴをつけるんだが、カゴ自体はお客さんが持ち込みもの・・・。こういうのは練習問題として、受けて立つ!というのが当店の姿勢なんだな。

 どっからでも来い!なんてね。

 DSC_0415_convert_20170412192208.jpg

 持ち込まれたのがこれ。なんか普通のプラスチックケースのように見えます。こういうの確か・・・OGK何かもだしていたかな?とも思うがね。でも今まで、牛乳を運ぶプラケースのようなものや、ワインの木箱なんていうのもつけていたから、別に驚きませんが。

 ただ、自転車のカゴというのは、その手のパーツ屋さんからとってくると、まあそんなもんでありますわ。多少のでかさの違いや、形の違いがあっても、自転車のカゴは自転車のカゴ・・・。

 もっと自由に選んでもいいんじゃないか?まあ取り付けられればの話だがね。

 たとえば、センスのいいプランターとか、別分野から引っ張ってくるカゴなんかもね、別につけちゃいけないということはない。

 外仕様であること、雨風、紫外線に触れる機会が多い、というようなところを考慮すれば、ある意味何でもいいわけです。

 DSC_0414_convert_20170412192158.jpg

 新聞かご用の下支え金具。取り付け角度がありますから、特に小さい車輪のものはこの辺は少しシビアになるかもね。

 DSC_0417_convert_20170412192255.jpg

 これらの金具は、作ったり、それ専用として、とっておいたりね。カゴの方にも強度が落ちない程度に穴開け加工などをして、取り付けていきますよ。

 DSC_0418_convert_20170412192245.jpg

 大きいかごだと、既存の金具では強度が心配の場合も大いにあります。でかいカゴだと入るものも大きく重い可能性ありですので、ハンドルを振ったりすると、取り付け箇所に力がかかって、折れたり割れたりしますんで、こうした補強なんかも入れてね。

 DSC_0416_convert_20170412192235.jpg

 これでいいかな?よし!ついたぞ。

 これに子のせがついたら、完全に働く自転車に変身だね。

 DSC_0413_convert_20170412192148.jpg

 元々競技の性質上、頑丈に作られているので、多少のことではへこたれないでしょうね。むしろ駆動系なんかで、乗り手がまいる可能性の方が高いかもです。

DSC_0419_convert_20170412192306.jpg

 ついでに、鍵もつけますが、これもチューブの太さに合わせて金具を選択するというやつね。鍵がついたら、通常の自転車の用件がほぼそろった・・・かな?

 なんか普通の自転車には乗りたくないなあ・・・というその気持ち、大事にね。そうしたモヤモヤが晴れたとき、面白い自転車ができてるかもしれない。パーツ一切の持ち込みも、あるタイプのジャンルを超えた仕様も、既存の自転車屋が思いつかない展開に発展する可能性もある、そこがやめられないのだ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3240-3fffda3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター