メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |きっかけはなんであれ・・・愛というのか・・・な? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

きっかけはなんであれ・・・愛というのか・・・な?



 この形で持ち込まれた車体なんですが、これをみるだけで、当店の手が入っている感じは伝わってくるでしょうね。

 その前の原型というのはこんな状態でした。

000 20150508_180746_216_convert_20150514120534

 仮店舗時代の写真ですね、以前に来ていたんですが、出所がなんと、ボウリングか何かの景品だったそうです。

 それを手を入れて、前後カゴなどを付けて、ハンドルまで替えて、買い物号にした・・・というのが二年前。

 それから時が経ちまして、

DSC_0553_convert_20170524194111.jpg

 リアのフリーを交換したらしいんですが、歯数がでかくなったために、なんとも前に進まなくなってしまった、ということです。ギア比が下がってしまったんだね。

 ではどうする?

DSC_0552_convert_20170524194104.jpg
 
 このタイプのフリーではこれ以上小さいのがないとすれば、前ギアを交換する・・・しかないかな?

 DSC_0564_convert_20170524194128.jpg

 46tにして、チェーンカバーも付いているので、まずはこれにて十分じゃないか?と思います。

 改造というほどの手入れではありませんが・・・。

 しかし、自転車というものはというか、自転車というものも、というべきか、わかりませんが。ものでも人でもいい、ちゃんと一つの信念の元に、しっかり向き合おうとすることによって、これほどまでに神々しくなるものなのか?と思ってしまいます。

 じっくりこの元景品自転車を見てみます?

 DSC_0568_convert_20170524194202.jpg

 近所の買い物に特化して作ったものだから、カゴは重要、前に付いています。

 DSC_0565_convert_20170524194136.jpg

 そして後ろにも。小径車にカゴを付けるのはちょいとセンスがいります。大抵が26インチ用に作られているので、それを加工したりね。そいつの場合は荷台に曲げの加工が入っていますでしょ?

DSC_0566_convert_20170524194145.jpg

 車輪の着脱を考えて、キャリパー化、まさに以前やった当店の仕事です。

DSC_0567_convert_20170524194153.jpg

 荷物を入れた車体に安定感をもたらす、両足スタンド。機能的にも考えられているんだな。
 
DSC_0570_convert_20170524194219.jpg

 チョッパーハンドルに替えたのも以前の改造時です。この黄色のブレーキレバーは元々付いていたもの。

 DSC_0572_convert_20170524194238.jpg

 それにあわすかのような黄色いペダル。

DSC_0562_convert_20170524194120.jpg

 数年で捨てられることを前提に作られたような車体が、なんともおしゃれで機能的な買い物自転車として、シャンとしているではないですか!

 この姿に、この自転車が巡ってそれを受け止めた人の、芯のある意思のようなものを感じませんか?

 経済的合理性からすれば、ほとんどバカの選択でしかないかもしれません。でもそれを超えたところに、こうしてシャンとして立ち、ちゃんと買い物号として役立つ自転車が存立しているんだよね。

 この自転車をもし三十年乗り続けたとしたら?経済的合理性の観点からするとプラスに転ずるんですか?どうなんです?

 そんなことよりも、ひょんな縁にて、自らと出会った自転車を手を入れ手間と思いをかけて、乗り続けた一人の人がいたということ、これが何よりも尊いことなんだと思います。

 受け止める人がいる限り、この世に、捨てられていい自転車など、実は一台もないのかもしれない。

 受け止める人になる、そういう人になって欲しい、それを支える人でありたい、ちょっと今夜は、かっこ付けすぎかな?


000 75b95e_934e0bc01a244c2da6e94f6d1edddfa3~mv2
※この金曜日は、響き寄席でありますよ!夜八時開演です!地元の噺家瀧川鯉んさんの落語だよ。木戸銭たったの千円!是非お集まりください!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3284-14f0aece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター