メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |事故からの生還 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

事故からの生還



前輪が曲がっていますね。

 DSC_0616_convert_20170626120851.jpg

 角度を変えるとこんな感じ。ホイールとしてはもうダメですね。

 DSC_0618_convert_20170626120858.jpg

 事故で転倒した際にできたと思われる、はがれ。剥がれた後が新しい。ここに錆などが浮いていれば、時間が経っている証拠になりますが、これはむけたてですね。

 DSC_0619_convert_20170626120906.jpg

 随所にあります。こうなると、再塗装という見積もりも出てきますね。タッチペンはやはり、いかにも修正したという感じが残る。塗料も焼けるんでしょうね、色がはげる感じを出すのは難しい。

 DSC_0621_convert_20170626120913.jpg

 フォークもいっちゃっている感じも無くはない、ヘッドパーツも。こうなると、目視だけでは確定できない。

 さすれば・・・、

R0017898_convert_20170626174944.jpg

 このように柳さんの協力を得る事になります。治具に固定して、計測し、ゆがみが出ている場合にはそれを修整する。

 R0017901_convert_20170626174953.jpg

 今回、BB付近にゆがみが出ていたとこの事。これを修整してもらいました。

 このように鉄フレームの場合には、一度パーツをばらして、計測、修正して、また組み戻すという事をします。アルミや、カーボン類はこの手の芸当は通じません。

 DSC_0633_convert_20170626120933.jpg

 前輪はハブを生かしての、再組み付け。

 DSC_0634_convert_20170626120941.jpg

 経年劣化のチェーンもこの際に交換。こういう箇所については、当事者同士の話し合いなどを通じて決まってくるところ。

 DSC_0635_convert_20170626120957.jpg

 リアの振れ取りもします。直接当たったところはどうも前輪なんだが、その力が伝わってBB付近も曲がったとすれば、後輪チェックは必然ですね。一つの事故の衝撃がどこにどんな形で出るか?これは慎重に見てみないとわからない。

 DSC_0636_convert_20170626121351.jpg

 ヘッドパーツも交換しておいた。ブロンズ仕上げのものがあったので使ってみる。

 DSC_0630_convert_20170626120922.jpg

 とりあえず、事故の過失割合などまだ未定ながら、できるだけ速く復帰したいという場合には、再塗装など案件は一度ペンディングで、こうして再生して出す事もある。

 それは事故により、保険会社により、当事者同士などにより、大きく変わっていく事情だと思われる。

 補償交渉がすんなりいく場合もあるが、多くはもめる。未だに解決してない案件が二つほど。一つは、弁護士を入れての大立ち回りになっているようだ。

 そしてもう一つは、当店に残高をこのしたまま、メールにも電話にも出ないという・・・。通常なら、直した車体と現金との交換なんだが、分割に・・・という事が、すでに三ヶ月何の音沙汰も無い。事故で病んでしまったのか?事故前から病んでいたものがこじれたのか?

 事故車に関わるということは、こういうことをも意味している・・・という事をご同業の方々と共有したいわけであります。

 それでも当店なりなんなりを通じて、事故はつらかったが、その後少しでもよくなった、といわれるのであれば、やる価値はあるかもしれない、という事は申し上げておこうか。

 000 081031hon

 このフレーム調べてみるとなんと約十年前、塗装外注時代のものらしいですね。
こちらの記事にちょいとその事情が載っています。時間は経っていますが、なんかあるとここから二店舗移動している、当店にわざわざ持ってきていただけるなんて、事故は不運ですが、ありがたい事であります。

 すでに自家塗装ができるようになっておりますので、話が付くようでしたら、またご相談ください。お大事に。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3317-73c734a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター