メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |スリッパをスニーカーに? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

スリッパをスニーカーに?



 今でも、根強いファンがいるようですね。ピクニカ、やっぱり名車の内なんでしょうな。オークションでもある値段の層で、頻繁にやりとりしているようであります。

 こいつもその辺から来たということです。

 折りたたみ自転車なので、今回はその利便性をとことん利用する。出張先に持っていき、こいつでもっての移動を主とする自転車に育てていきたい、ということでありました。

 まず乗ってみたら、ギアが軽すぎ・・・という事がわかった。

DSC_0695_convert_20170710150158.jpg

 16インチという小さい車輪にこのギアでは、コロコロ走るが前に進まない。イメージとしては、グングン走ってくれる自転車になって欲しい、という事。

 そこで、デカイギアを持って、ご来店。ちなみに今回のパーツ類はすべてお客さんのアイデアと発想から、ご自分で集めて持ってこられた。

 DSC_0732_convert_20170710150241.jpg

 60を超えるチェーンリンク、よくぞ探してきたもんだ。ただし、小径自転車でポン付けできるとは限らない、チェーンステーの開き具合で、チェーンリンクと干渉しかねないからだ。そういう時にはBBシャフトを長いものに交換するとかしてできる場合もある。

 DSC_0735_convert_20170710150307.jpg

あと付いたからといって安心してはいけないのが、折りたたみ。付いて、仕上がって、走ることは可能となったはいいが、いざ折りたたもうとした瞬間、交換したパーツが他と干渉するなどして、折りたためなくなることもよくある話であります。

 大抵の利用者は折りたたまないで乗るので問題は無いのが、今回の利用者さんはその折りたたみ機構を最大限利用するというので、ここは妥協できないポイントになる。

 ワイヤーなんかもそう、走るには問題ないながらも、折りたたむことで、ワイヤーが邪魔してたためなくなることもよくあった。たたむために余分にワイヤーがないとダメだったと、張り直したこともあったなあ。

 今回は大丈夫でした、たたんでもね。

 DSC_0696_convert_20170710150209.jpg

 足回りはかなり快適になりましたね。そうなると、踏ん張りの元ハンドルも交換することになりました。

 DSC_0733_convert_20170710150250.jpg

 いいねえ、ブルホーンバーに交換。これでちょいと前傾できるので、ペダリングに力も入ります。

 DSC_0734_convert_20170710150258.jpg

 ブレーキレーバーもセンスいいねえ、ギドネット黒を選択。

DSC_0730_convert_20170710150233.jpg

 元の状態だと、ほとんどスリッパ状態で、チョロッと走るぐらいにしか使えない。出張の際、地方に持っていって、拠点中心にしっかり移動手段として使うには、靴でいえば、スニーカーレベルにしておきたいということ、その気持ちよくわかります。

 前の状態でも、それはそれなりにタウンウォッチングなんかには面白いと思いますが、一定以上の距離を移動するとなると、トロ過ぎる・・・。ホイールと同じくらいデカイギアを付けて、最初はちょっとやりすぎか?と思ったが、実際に乗ってみると、このギア比は移動に十分耐え得る水準のものと確信。
 
 ついでに前傾ときたら、これは作戦がち、というところでしょうか?

 利用状況に合わせて自転車を改造していく、なかなかいいですね、今持っている自転車を使って、利用に合わせて変えていく。新車を買うだけがのうではない、その筋に発想から、素人の発想まで、それが安全であれば、極力その夢の実現に向けて、努力いたします!

 なんて姿勢でやっていると、こういう面白い自転車が生まれる。自転車を自転車屋だけに任せてはダメ、というのこういうところからもわかるね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3330-bda333af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター