メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ママチャリにだって仕掛けたてみたい! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ママチャリにだって仕掛けたてみたい!



 ブリジストンもアンカーだけでなく、実用車作っていますって・・・当たり前か。

 DSC_0939_convert_20170822212744.jpg

 とにかく、この自転車を出すことになったんだが・・・。相手はちょいと高齢、ただ少し冒険心はありの、でも慎重派・・・って、どっちなんだよ!というタイプ。

 単純にはそのまま出せばいいんだが、どうもそれだけでは面白くない。こちらとしては、高齢者であろうとなんであろうと、体に合った自転車というものがいかにいいものか、という事を体験してもらいたい。

 もちろん何渡しても、よほど極端なもの出ない限り、何もわからない人もいる中で、この方は自分の希望をしっかり持っている、ある意味それだけ自転車に対して一定の期待があるということでもあるわけで、この方向性を利用しない手はない。

 なればちょいと仕掛けをして、ドンピシャだったら、さぞや喜ぶだろうと想像するんだが・・・。ダメなら元に戻せばいい・・・という事で、ちょっと目立たない仕掛けを試みる。

 この上半身、全お越しのハンドル・・・、上半身を使わないという見事な体勢作りをさせるわけだが・・・。確かに正面向いて走るという意味で安全確保はできるがな。

 そこで、コイツを少し替えてやろう・・・。

DSC_0941_convert_20170822212759.jpg

 コイツにしたら、少し前傾にならざるを得ない・・・、でも気づかれて、警戒されはしないか?

 DSC_0942_convert_20170822212806.jpg

 こっちの方がより極端かな?という事で、何本かあてがってみて、相手に警戒されず、辺に気づかれず、多少は上半身をも導入できるようなハンドル・・・見つかりましたわ。

 DSC_0940_convert_20170822212752.jpg

 元々のやつがこれだったのに対して・・・、新しいハンドルは・・・

 DSC_0944_convert_20170822212814.jpg

 こうなりました、単に高さが低くなっただけじゃなく・・・、ほんの少しフラットバーのような形で横に開いた形状のものを選択したんであります。

 まあ、これがどう出るか?でありますが。

 DSC_0945_convert_20170822212822.jpg

 あとは24インチのタイヤを、前後交換。

 DSC_0947_convert_20170822212838.jpg

 しっかり空気を入れて、足回りを整える。

 DSC_0946_convert_20170822212831.jpg

 ブレーキワイヤーを交換。

 DSC_0948_convert_20170822212848.jpg

 お買い物カゴということで、後ろかごをご所望だったので、これを新調した。

 DSC_0952_convert_20170822212912.jpg

 本来なら、このチェーンカバーも外してしまいたいんだが・・・、ちょっとここはグイッとこらえた・・・。

 DSC_0949_convert_20170822212856.jpg

 中古の車体だが、手入れをしたコイツは、そんじょそこらの新車にだって負けないくらいいいはずだ。

 さて、どういう気づき方をしてくれるかな?ちょっと楽しみなんだがな。自転車のポジションニングというものは、終わりはない。選手なんかのそれはすでに確立されている・・・といってもいいかな?もちろん強い選手やメーカーが、新しいトレンドを作るという事は考えられるが、それも含めてよく練られていることには違いない。

 むしろ一般人・・・、特に高齢者のポジションニングなんていうのは、長年各人各様の身体癖の塊のようなもんだから、それを解きほぐして、その人個人に合わせていくことは、大変難しいことかと思う。

 反射も弱まっているところ、とっさの動作に対応できる範囲を見定めて、どうより効率のいいポジションを作っていくか?なんてことは、相当のテーマとなるだろうな。

 通常は、そんなことほとんど省みられることもなく、淡々とのばなしにされているんだろうが・・・。

 まあ、そんな現状を少しでもなんとかしてやろうということで、こうした実用車にも仕掛けをしてみること。そして、一人でも、こうすれば自転車も快適になるんだ・・・、ということは、もしかしてもっと快適になるのかも・・・という予感してもらえるようになったら、自転車屋冥利に尽きるんだがね・・・。

 さて、どういう反応・・・するのやら・・・?
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3374-d6c49c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター