メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |尻ぬぐい大いに結構 でも要授業料! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

尻ぬぐい大いに結構 でも要授業料!

DSC_0969_-_コピー_convert_20170831172055

 自分で組んでみたが、どうも限界ということで、持ってこられた。

 こういうのを尻ぬぐい系施工と言います。多くの店は嫌う傾向にあるように思います。それにはそれなりの故はあると思います。

 たぶんゼロからの出発ならいいが、素人がいじっているので、マイナスからの出発だからいやだ・・・という事かと思います。確かに大変ですからね。でも、自分で自転車をいじって自分で管理していこうという人が増えた方がいいことは確か、そしてそのためにはこうしたフォローは欠かせることはできない・・・わけであります。

 なのでやりますが、それにはしっかり授業料は必要です。

 自転車の製作をできるだけ安価にしたいために、自分で組む・・・、まあそういう動機はありなんだろうが、ただそれだけのためだったら、ある意味間違っている。

 できないにもかかわらず、人に頼むと経費が発生するから、自分でやる=できない・・・という簡単な結論からだ。

 とにかく自分で組んでみたいから!という基礎的願望があれば、なんとか協力したいと思うが、それたただ単に安くしたいがため、だけだとしたら、この尻ぬぐいに経費がかかってしまうことに了解してもらわない限り、その先には進めない。

 自家塗装と、まあ、やりたがり屋さんだったんだろう。

 DSC_0987_convert_20170831172148.jpg

 外したスモールパーツ類もこうして持て来ている、ただ、それらがどこにどう付いていたか?については当然覚えていないようだ、小さいから仕方ないね。

 DSC_0974_-_コピー_convert_20170831172140

 まずはヘッドパーツが、割れていた。このまま走っていれば、割れから水やその他が侵入するだろう。ヘッドパーツは小さいパーツでありながら、着脱には何種類も工具が必要なので、こういうところはこちらに任せてもらった方がいい。
 
 DSC_0990_convert_20170831172207.jpg

 メッキものがついた。

 DSC_0971_-_コピー_convert_20170831172106

 だいぶ昔のRX100のディレーラーで、7速を引く。シフターは・・・。

DSC_0972_-_コピー_convert_20170831172113

 8速の旧ソラ。7速と8速はシンクロするということで組めないことはないが、変則組であるに違いない。

 DSC_0994_convert_20170831172233.jpg

 こちらはさして問題は無かった・・・が。

 DSC_0973_-_コピー_convert_20170831172121

 フロントにはだいぶごねられた・・・。同じくRX100のフロントディレーラー。今のものと比べると、当時のものは華奢で、剛性がない。と同時に、精度が厳密でない分、組み合わせの応用範囲は広いともいえるが・・・、より多くの応用性をメカニックに求めてくるところが、腕の見せ所といえばそうだが、面倒なところでもある。

 ある意味旧車を扱うということはそういうことなのだ。素材自体のいい加減さに乗じて、どこまでこちらが仕掛けられるか?によって組み合うかそうでないかが決まってくる。ある意味生き物みたいなもんだ。

 最初はアウターにかかりもしなかったフロントディレーラーが、徐々に動き始める。もちろん単純なインデックス調整だけではないよ。

 DSC_0993_convert_20170831172224.jpg

 確かにしっかりした癖を持っている、いわゆる二段がけというやつだ。一発で半上げして、さらに二発目でかけ上げる。チェーンのリアの位置によって、その状況も多少は変わってくるが、基本二段がけで利用可能になった。手間かけさせやがって・・・。

 DSC_0998_convert_20170831172250.jpg

 ちなみに、このアウター受けは前後逆に付いていた。そして、各種スモールパーツ類もあったりなかったり・・・、これがマイナスからのスタートという意味ね。

 DSC_0992_convert_20170831172215.jpg

 ヘッドパーツの次に工具を要求する箇所、BB付近も今回はこじ開けてグリスアップしておいた。これで三年は・・・大丈夫かな?

 DSC_0997_convert_20170831172242.jpg

 ブレーキのトーインなんかもちょいと細工しておいた。

 DSC_0988_convert_20170831172155.jpg

 色々寄せ集めて、まともに自転車を走らせるようにするには、それなりに何かはいりそうだ、それが経験なのか?作業勘なのか?観察力なのか?それらすべてなのか?わからないが、一朝一夕ではちょっと無理なようにも感じるよ。

 とりあえず、完成、二人合わせての半日仕事だった、授業料とはそういうことだ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3384-b5bf01da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター