メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |合同パーツ展示会 光明軍団・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

合同パーツ展示会 光明軍団・・・



 相変わらずの写真下手で申し訳ありません、これではホイールを撮ったことぐらいしかわからないね、実はこれホイールとは関係ありません。

 対象はこれであります。

KIMG0024_convert_20180126193149.jpg

ホシといえば,スポーク界の星。この星の作っているスポークですが、今回この手の渋系着色スポークを開発中と言うんですから、攻めてるなあ、と大関心。

 この完組全盛期に、手組につながるスポークを作るにあたって、こうして攻めてくれるというのは、手組派としては非常に励まされるわけであります。

 KIMG0025_convert_20180126193203.jpg

 真鍮系とブロンズ系の二種類があるようだが、実に渋い。色スポークといえば、あるにはあるが、どうもおもちゃチックであまり使う気にはなれないんだな。特にシロスポークなんて、洗濯物かけのようでまったく締まらない。

 まあ、シルバーと黒でいいかなあ、と思っていたところ、この渋さの登場ときたら、なんか創作意欲刺激されますよ。

 シルバーのリムに、仕掛けうちの渋キャンディー仕様のにして、このスポークで組み付ける。柔な車体じゃ跳ね返されるとなると、車体の塗装もどうしようか?と創作の連鎖が起きそうだ。

 まだまだ人口の多い高齢者のホイールなんかにも、これは応用がきく。

 しかし、半分死にかけているような手組につながる、こうしたもの作りをどうしてホシさんは続けようとしてくれるのか?まだまだ終わらせたくはないんだろう・・・な、とその地味な姿勢からも読み取れる。

 この渋系スポークを計測器にかけて、強度を見ると、海外の競合メーカーのそれよりも上回るという結果だったと。外見だけじゃなく、中身もグレードアップだなんて、時代に逆行大いに結構じゃないか!当店も勝手に励まされて、それに見合う、手組ホイールを組み付けていかないとな、とかたく誓えたんであります。

 ありがたや。

DSC_1843_convert_20180126213811.jpg

 そして、サンエクシード。もう登場してから数年経ちますが、代理店が一つしか無く、非常にとりにくい、発注状況だったので、どうも近づきがたいものがあったんですが・・・。

 今回、このメーカーの第二の窓口が見つかりまして、それも大変気さくでですね・・・、実にほっと安心したんですね。今年中にファイブアームだしますんで・・・と。

 かの大手メーカー共の談合だかなんだか知らんが、4アームオンリー状況に救いの神的な存在が登場してくる。小さいが、それでもいい、いや小さい故かも知れない・・・、小回りで勝負する。小ロットで粋なやつを作っていく、そういう所で生き延びる道を模索している方々へ、惜しみのない敬意を表したいわ。

 KIMG0028_convert_20180126193239.jpg

 ここも、ある種ドンピシャだったな。今当店の一階にはRE東京事務所という、自転車を軸とした提案型ショップの企画室と同居しているんだが、そことあり方とまたピッタリ・・・、よくもまあ、ここまでと思うくらい。

 是非名前を覚えてください、マワレというブランド。サイクル、リサイクル、であります。

 KIMG0029_convert_20180126193251.jpg

 こちらも自転車を軸として、革を中心にものを作っている工房で、一見無関係のようでも、自転車にどこか関わっている。一見無関係を装いながらも、その実、自転車乗りの地味な要求にちょっと応えた仕掛けがしてあったり・・・と。

 KIMG0031_convert_20180126193306.jpg

 このバームクーヘンという食品を思わせるパッケージもしかり、そうそう東京REも飲食に片足突っ込んでいるし・・・ね。

 まあ、偶然にもこういうショップさんがあるんだなあ、と思った次第であります。

 KIMG0026_convert_20180126193216.jpg

 あと、ここも面白かった。KIMORIさんという、職人集団さんたちだろう。

 まず、店頭に80tを超えるばかでかいチェーンリンクが置いてあって、ディスプレイにどうです?ときた。聞いてみると実際に競輪選手に発注されたものであったらしい。バイクペーサーで使うのかな?

 ドミフォンなんて、200を越えるものもあるが・・・。

 そんなこんなで立ち話に花が咲いていると、上のクイックの解説に入っていった。

KIMG0027_convert_20180126193227.jpg

 どうもこういうことらしいが、店主がかねがね不思議に思っていた、所にドスンときたもんで驚いたわ。

 これから、ロードもディスクが増えるようになると、エンドはスルーアクスルといって、バイクの形式を横滑りしてものが来ると予想されるんですね。

 そいつはどういうやつか?というと、エンドの先に小さい虫眼鏡が付いたようになっている、つまり輪っかがフォークの先に溶接されていると考えればいいんだが。

 そこにホイールを挟み込んで、横脇からその穴の太さのシャフトを入れて、回すようにネジ止めするということなんだが。

 確かにディスクはエンド付近に力がかかるので、かけたことでホイールが抜けるとかいうことが起きないように、横一本の野太いシャフト止め・・・というのは一見安全のためにはいいと思うんだが。

 時はレース中だぜ・・・。パンクの時どうなんだ?選手も降りて、手でとってを広げてくるくる回してねじ外して、シャフト外して、新しいホイールをエンド穴にあわせて、再度シャフトをさして、くるくる回す?

 実際ディスク車のロードレースの中で、こうした光景は既にあったのかしら?

 あのさ、何でクイックレバーという偉大な発明なされたか?というと。それはレース中パンクがあっても、すぐに、つまりクイックにレース復帰するための構造だったんじゃないの?と考えると、このスルーアクスルって、まどろっこしくて大丈夫なのかな?と思っていたんだが、同じようなことを考えていた方がいたんだわ。

 つまり、ブレーキによるホイールの外れ防止に、従来のエンドをやめるんじゃなくて、かけることによって、よりその力がエンドに押しつける、つまり絶対に外れない方向に強く作用するように、エンド回りを加工して特許を取ったという代物だったんだな。

 これには大拍手もんだよね。よくぞ、クイックの意味、レースというもの知り尽くした観点から、よりブラッシュアップしたクイックを開発してくれたもんだよね。

 確かに何度見ても、ブレーキをかけると、ホイールがエンドの奥にしっかりキャッチされる道を作っている。これで外れる心配は構造的にはあり得ない・・・。そしてクイックの恩恵丸ごと継承といいとこ取りだわ。

 この形状のエンドだけでも、ビルダーさん達に行き渡らないかしら?と本気で思うよ。

 コチラの代表の方曰く、でもね、シマノさんがスルーアクスルの方向に行っているんで、何を今更・・・って顔する人も多いんですよ・・・。そういう寄らば大樹で、クイックの意味、レースということの本来を考えないで、メーカーの作ったものをまるで池の鯉のようにパクパクほう張るしか能の無い奴らなんぞは放っておけばいい。

 イヤー、実に応援したい工房だこと・・・。

 他にも、地方からセンスのいい砲弾・・・というより弾丸ライトを作っているところもあった。その他にも・・・。

 これから細分化していく・・・んじゃないか?もう大手の動きに右往左往されることなく、細分化の中で、より特化したもの、伝統に則したもの、等々を模索していく、面白い時代に入ったといってもいいのかも知れない。

 機能ばかりでは無い、他の部分にも関心の置かれた、まったく別物達が寄り集まって、作っていく世界が、徐々にではあるができていくんじゃないか?

 この催しのアンケートにも、小さい工房、またはそうしたところを応援する商社などをより多く集めて、ガヤガヤ賑わいながら、今後ともやってほしい、と言うようなことをしつこく書いておいた。

 とにかく政治も自転車も一強は面白くない。御山の大将は、自分だけのロジックで動くしかな能は無い。外から声を聞く甲斐性も能力も無いと来た・・・。

 大手は、つかえるところは使って、あとは見限ろう・・・。

 そういう、ちょっくら空元気の出るような、面白い光明軍団に今回出会えたのは、実に興味深かった。この催しも、今後は小回り、小さい工房の隆盛ってとこまで届いていってくれれば・・・、来年は大森研魔の展示なんかも・・・いいかもな。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3533-d5391ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター