メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |自転車の貴婦人・・・と言えばミキストだねえ・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自転車の貴婦人・・・と言えばミキストだねえ・・・



 ヘッドチューブからエンドまで対角線状に貫かれたパイプが特徴的なんだが、それより何より、品があるわ。好きな言葉ではないが、貴婦人的な気品・・・とでも言っておこう、わかりやすいからな。

 直線には違いない、変に女性性に媚びてないのがまたいいのかも知れない。

 DSC_2019_convert_20180221232035.jpg

 この斜め下まで伸びている、このパイプが特徴的だが。

 DSC_2020_convert_20180221232051.jpg

 上から見ると、実は一本ではなく、細い二本のパイプが、シートチューブを迂回して挟むように斜めに伸びていることがわかる。

 このフレームの歴史はそこそこあるよね、女性用のツーリング車としてそれなりの位置を占めてきた。こいつにドロップハンドル、ハンドレストを付けて、走るなんて光景、かつてはあったんだがね。

 DSC_2021_convert_20180221232102.jpg

 この手のクラシカルなフレームには、やはりそれなりのパーツが似合うもんだ。

 DSC_2022_convert_20180221232615.jpg

 これシマノのアルタスですぜ・・・。こんなパーツ類を復刻してくれたら、小躍りして喜ぶのは店主だけではあるまいな・・・。

 DSC_2023_convert_20180221232627.jpg

 いいクランク作っていたんだよねえ。金型まだあるんじゃね?

 まあ、エントリーモデルにも手抜きなしの、まじめシマノさんが、自転車というものにどのくらい貢献しているんだろうかと考えると、それはまあ、すごい!の一言だ。

 よくぞここまで!やってきたもんだ・・・。

 もちろんレースにおいても、最先端のものも作ってくださいよ。まあ、店主らはついてはいけないと思いますがね。

 ただ、そろそろだな、自転車の文化的、工芸的な、趣味的な側面にも目を向けてくれませんかね?シマノクラシコなんて別会社つくって、歴代の粋なパーツ類を、機能あげて復刻してくれないか?

 絶対に、マーケットはあると思うよ。むしろ、先端のもの作りがいかに、先走っていたか、気づくと思う。まあ、レースは速く、軽く、強く、高機能!なんだろうから、その原理に従えば、自ずとそうなるかも知れないが・・・。

  だからって、別に火星に行くんじゃネーよ、たかだか地球上のレースだろう?そこそこのものをそこそこのペースで、少しは歴史や文化意識して作ればいいんだよ!

 DSC_2025_convert_20180221232143.jpg

 どのパーツ見てもいいよねえ、なんかホッとするぜ。

 DSC_2024_convert_20180221232132.jpg

 今や高級タイヤの仲間入りとなった、ラリー・・・、かつては一本千円・・・近いレベルだったのに・・・ね。チューブラータイヤも似合う。まあ、別にこれでないとダメということはないが。

 DSC_2018_convert_20180221232022.jpg

 ウーン、こういう自転車が、選択肢として現行品で残っているということも、重要だと思うんだがね。

 まあ、大手頼みは甘いかな?小回り小回り・・・・、小回りできる店だからこそ、やれることは、たぶんあるだろうなあ・・・。

 一月くらい自転車もって台湾うろつきたいわん!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3561-510b864a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター