メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |たかがペダルのはずが・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

たかがペダルのはずが・・・



 本文で一番筆者が言いたいことは以下のどれか?なんて国語の問題結構あったと思います。いやほとんどと言っていいほどだったとおもいますが・・・。今でもそうなのかな?

 小説には本題というのがあって、それになびくように描かれている、なんてこと平気で言っていた、無能な中学や高校の教師がいたっけね・・・。いやいや、ある種の定型を教えるという立場からすれば、それも仕方ないか?と思いますが、それが文章理解能力とか、国語の点数に反映するとなると、どうなのか?とも思わなくもない。

 そうか、文章理解と、文章鑑賞とは別だ、というのもありだろうな、店主が教員やっていたときは、もっぱら前者の方を堅物であろう公務員志向の奴らに向けて、講義打っていたっけね、まさかあいつらの中から、改竄なんて恥知らずな犯罪に手を染めているなんて奴はいないだろうなあ。

 まあ、目から鱗が落ちたのは、何のかんのと中高の影響を受けていた矢先の店主の読書論に対して、「作家の言いたい事?それは最初の一行から最後の一行までだ」と言い放った先生がいたことだ。

 ちょっとでも書くことをやってみると、そのことがいたいほどわかる。「しようね」と「しような」の文脈上、意味上の違いを巡って、一体何度書き直しをするか?書いては読み、書いては読みを繰り返し、抑揚ともリズムとも付かない、間合いのような整いをどうそろえようか?と国語の授業ではほとんど無視されるような所に、いかに作家がこだわるか?

 国語の教員もどきらにはわかるまい・・・。

 と、何がいいたいか?というと、作品にとって一番重要なところは何か?というのがナンセンスのように、自転車にとって一番重要なパーツはどれか?という問いほど、無意味なものはないという事だ。


 今回はペダルだ・・・。いいか?どんなにいいフレームであって、ホイールであってもだ、ペダルの付いていない自転車を高速で走らせることはできまい・・・、だからペダルこそが重要だ!ともいえないが・・・。

 比較的、後方に置かれがちなパーツであるペダル一つとっても、それがないと、自転車は普通に走らない・・・。いわんや、そいつが外れないときたら・・・、新しいペダルにも交換できないと来る。

 なれば、ペダルの決定的な故障は、車体一台を諦めざるを得ない・・・という判断にも行くかも知れない、ということだ。

 まあ、最悪クランクごと交換すれば、その車体本体は乗り続けられるが・・・。

 DSC_2059_convert_20180402230211.jpg

 上のクランクを抜こうと6ミリの・・・、なんとPBのL字の六角を利用したが、傷が付いてしまった・・・。持ち主の方も、相当試みたようだが、外れない・・・という事だった。

 どうしよう?

 DSC_2064_convert_20180402230232.jpg

 こういう時は、無駄な抵抗せず、まずはクランクを外す。

 このままでは六角以外では抜けないので、なんとか別加工して、やらねばならぬ。

 DSC_2065_convert_20180402230241.jpg

 毎度万力で固定します。

 DSC_2074_convert_20180402230337.jpg

 このように、ペダルを外してシャフトを削り平面を作る。

 DSC_2075_convert_20180402230401.jpg

 裏も同じく、平面出します。そうしてだな。

 DSC_2067_convert_20180402230304.jpg

 そんでもって、平面ができた部分を、再度万力で鬼締めします。そして、クランクのチェーンリンク部分にボロ切れ引っかけて、外す方向に思いっきり回してみる・・・と。なんとか回った・・・。

 DSC_2069_convert_20180402230313.jpg

 外してみると、グリスのあった部分が、粉々に。

 DSC_2079_convert_20180402230411.jpg

 もうカサカサ状態、これは普通じゃ抜けなかったはず。万力様々だなあ・・・、相変わらず。

 DSC_2070_convert_20180402230320.jpg

 このままじゃあ、と思いまして、タップもしっかりかけておきました。

 DSC_2080_convert_20180402230420.jpg

 これくらいのカスが出るんですね。

DSC_2072_convert_20180402230328.jpg

 結構キレイになります。汎用性の高いクランクなんで、そこそこのグレードにすぎませんが、でもここまでね、なんとか。

 これを左右一対分やって完了。

 DSC_2082_convert_20180402230429.jpg

 再度両者にグリスを注入して。

 DSC_2085_convert_20180402230446.jpg

 新ペダルを付ける。

 DSC_2086_convert_20180402230455.jpg

 固着したペダルを外して、新しいペダルを付けただけとは言え、結構手間がかかっています。といっても万単位で、工賃とれるものでもなく・・・、といって、仮に外れないとしたら、クランク交換は必至だったとすれば、それなりの施工であったとも言えるわけで。

 ペダルは派手なパーツではないが、これ一つ無くては自転車が走らない、という意味で、最後の一行まで重要な文学の一部でもあるんであります。

 DSC_2087_convert_20180402230504.jpg

 すごい端下がりだったサドルも戻す。高校生のものです、推測つきますなあ・・・。

DSC_2083_convert_20180402230438.jpg

 これで部活から、通学に使われる。まだまだ整備すべき所は多々あれど、まずはこれにて!

 最初の一行から、最後の一行まで、文学は大切なのと同じように、どのパーツにも優先順位は実はない、というのが自転車なのでありました!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3601-850c7639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター