メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |渋めのジェリービーンズ・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

渋めのジェリービーンズ・・・

000180403_convert_20180403225556.jpg

かつて、実用車改造で、何色かカラフルに塗った自転車数台を称して、ジェリービーンズと呼んだことがありました。

000 090806beans1

 当時副店長をしていた、ロケハンの天才真田さんが運んで撮影してくるという、担当でした。

 いい写真だよね。

 000 090808beans2

 作った車体も、イメージ通り、今から約十年近く前だったんですが、当時の方が、何のかんのと、うまかったような気がしますね。ダメだ成長どころか、後退している・・・。

 こんな華やかイメージではないが、どうも渋め好きな店主としては、三色とするなら・・・なんてざっとしたお題が出されると、どうしても渋めになってしまう。

 DSC_2264_convert_20180403225606.jpg

チネリブルーのイメージで・・・という事で、やってみたメタリックブルー。

 DSC_2268_convert_20180403225614.jpg

 さてここの色は難しい。ブリティッシュグリーンと迷彩系グリーンとの間のようなもの。反射して、ほとんど白しか見えないが、こいつにクリアが吹かれて、パーツを積んで、いい光を当てて撮影となると、相当化ける。店主はそこまではやらないが・・・。

 DSC_2269_convert_20180403225622.jpg

 梅干しレッドじゃないよ。渋赤メタリック、アセロラ風・・・とでも言おうか?

 これだけの写真じゃ、アッソ・・・としか思われないやつらも・・・、クリア掛けして、完成車として組み上げて、くどいがいい光を当てて、うまいやつが写真撮ったら、腰を抜かすはずだ。

 ただ、バントをしているつもりはないんだが、ジェリービーンズの頃と比べると、ハッチャケ度が下がっているとも感じなくもない。

 やはり、旧店舗はある意味奇跡の工房だった・・・といっていい。あそこはいい大人の秘密基地的工房だった。いい年をした男共が、寄り集まっては、こんなの作っちまったぜ!こんなことしでかしちゃったぜ!という、仕事という名のイタズラの連続のような毎日だった。それで食えていたんだな。そんな雰囲気が、自転車作りにも現れているような気もする。

 比べて、今はまじめになった・・・とは言わないが、シビアにはなったのかもしれない。もちろん遊び心は忘れてはいないはずなんだがね。

 それでも、店主は毎日遊んでいるような心地であることには、一般の方々から比べれば、違いは無い、かもしれない、いや、タダノから元気だけかも・・・。

 遊びで始めてきたことが、広がって、今度はたたみにくくなっている、簡単にやめるわけにはいかない、というのは責任感と、使命感半分、面倒なことやらかしてしまった・・・との裏腹で、あることでもある。ばんばるぞー!とイヤくたびれるなあ・・・の二面性・・・。

 どなたもそんなことを考えながら、時に着地点など探しながら飛びつつ、大抵は志半ばで墜落していくんでありましょう。
 
 結論がほぼそんなもんであることが決まっているなら、ジタバタしても仕方ねー。

 最近、小さい食堂を開く夢を見た。朝食屋、深夜食堂は絡まれそうなので、朝食屋。早朝4時オープン、午前10時閉店。いつでも夜逃げのできる、小さい店。

 寝るとき見る夢なのか?将来見る夢なのか?どっちでもいいが・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3602-dfadc4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター