メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |フィッティングの奥義 足長オヤジ登場 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

フィッティングの奥義 足長オヤジ登場



 当店回りにも背の高い方々はおられます。典型的なのが柳さん。191センチとかあります。あと、ロビン君に、谷澤君・・・。なのでこんな実用自転車の需要もありますね。

 そうそう近くに早稲田の体育寮がありますんで、デカイ子達も散見します。

 だからこんな自転車がある・・・と思うでしょうな。

 DSC_2102_convert_20180406220808.jpg

 物干し竿並みに長いピラー。これは柳さんの協力を経て、2本のピラーを1本につなげたという傑作もんであります。これでもって、どのくらいの方々が、今まで体をたたんで、足を折り曲げて走っていたことか、そこからの解放なんであります。

 実はあとで少し展開しますが、すごいポテンシャルがあるんだよ、これ。

 これ一体だれ向けに作ったか?という事なんだが、実は店主とほぼ背丈の同じ人のために作ったんであります。しかし・・・、

 このお方、アフロ系アメリカ人かな?背丈はほぼ一緒ながら、足の長さが半端でない・・・、というより尋常じゃない、といっていいね。通常足が長い、というのは、ことに日本人だと褒め言葉であり、羨望の的なんだが・・・、彼からすれば、全くもって困ったこと・・・のようだ、本当に悩みの種のようなんだな。

 足のサイズがでかすぎて、靴が買えない・・・なんていう人いるでしょ?本当に困ってんだよ・・・という自慢とかいうんじゃなくて、本当に困っている・・・という、それと同じくらい、彼は自分の足の長さに、もう辟易していると言っていいくらいだ。

 そんなこんなで、当店前を通りかかり、なんとかなりそうだという手応えをなぜか感じたらしい・・・。それというのも・・・。

 DSC_1995_convert_20180323224646.jpg

 たまたま置いてあって、こいつを見たらしんいんだな。こんなに長いピラー、多分日本で見たことなかったんじゃないか?これを作ったということを聞いて、ここだ!と思ったらしい。

 後日通訳を連れてやって来た。自転車は好きなようだが、日本で自分の足の長さに合うものがない、まずは日常の足になる自転車がほしいということだった。

 予算を聞いて、じゃあ、適当に見繕ってやろう・・・という事になったが、向こうはコチラが何を作るかわからない、当然でしょうな、なので不安だったらしい。

 そのミーティングのあと、またすぐにやって来た。近所の自転車屋で、理想的なやつを見つけたんだが、値段も手頃、これなんかどう思う?とスマホを見せた。

 なるほど、機能的ではある、ただ、ピラーは交換だろうな・・・と。

 なれば、そいつを購入してくれば、カスタムしてやる、という事になったんだが・・・。どうもその機能的自転車に関しても、不安があるらしい、何だろう?

 そこで、適当に置いてある自転車一台を取り出して、ピラー伸ばして乗せてみた・・・んだが・・・。目検討で相当伸ばしたはずなんだが、両足がほぼべた足が、地面についている。

 あの、この店主の目検討は、結構当たるんですぞ!・・・・?なにこれ?

 どうもこの方は、ズボンの下に蛇腹のごとき足を隠している?としか思えない。

 再度下ろして、これでもか!とピラー伸ばしたんだが・・・、決まらない・・・。

 これ見て、思わず口走った。「これは当店でないと、フィッティングできない、他で買うのもいいが、うちでやった方がいいよ!」と。

 店主にしては珍しく営業モードになったのだ。いや、これはそんじょそこらの平均的自転車店では手も足も出ないだろう・・・、別に当店が飛び抜けて優れているとは思わないが、色々やろうとしてきたことだけは他店には負けていない・・・事実、こんなこともあった・・・のだ、覚えている方もいるだろう。

000 20160614_125113_511_convert_20160614132237

 2年前2メートル越えの現役バスケットボール選手のフィッティングをやったんだな。多分彼ははじめてサドルに座ってべた足の付かない自転車に乗ったはずだ。

 こんなことが役立つだろう・・・。という事で、当店が足長オヤジの自転車を担当することとなった。

 DSC_2104_convert_20180406220818.jpg

 700cのホイールをあてがって、ハブダイナモ、機能的だ。
DSC_2105_convert_20180406220826.jpg

 日常使いなんで8速は高機能でしょう・・・。

DSC_2106_convert_20180406220840.jpg

 前は一枚でいいでしょう、日常使いですから。

DSC_2119_convert_20180406220942.jpg

 リアをキャリパー化した、これは車輪の着脱を楽にする方法ね、大変機能的だ。

DSC_2110_convert_20180406220914.jpg

 欲しがったので、泥よけは付けた。

DSC_2111_convert_20180406220923.jpg

 リアにもね、雨降りには機能的だが、車輪の着脱に関しては邪魔・・・ですね。

DSC_2108_convert_20180406220858.jpg

 体を起こして乗りたいらしいのでプロムナードにした。

 DSC_2109_convert_20180406220906.jpg

 カゴはご希望だったので、付ける、これも近所使いなら機能的だよね。

 DSC_2107_convert_20180406220848.jpg

 トップチューブがない。これは長い足の彼が、ダイヤモンドフレームから降りる際、大変苦労していたのを目撃したからだ、60手前で股関節が硬いらしい、長い足で股関節が硬いのはさぞや大変だろう。

 DSC_2100_convert_20180406220759.jpg

 はい、再度見てください。日常使いとしては、大変機能的でありましょう?股関節の硬い足長オヤジが、体を起こして乗りたいといったら、ほぼ最適なんじゃないか?と思いますね。

 そこで、地の足の長い柳さんに試乗してもらった・・・。

 DSC_2116_convert_20180406220931.jpg

 柳さんが楽々そうに、乗っているよね、多分これでいいんじゃないか?と思いますんで、早速彼を呼び出して、試乗してもらおうと思います。

 で、予告していたこんな車体のポテンシャルなんだが・・・。

 店主は何度も本ブログにて申し上げているとおり2020年行われるであろう東京オリンピックなる運動会には反対であります!東北、そして福島、熊本を抱えているこの国で、こんなことをやっている余裕はないはずだ、といまでも思うからであります。

 また別文脈から腹立つのは、この東京という都市はパラリンピックも誘致しているんだろう?だったら、率先して、タンデム自転車の公道使用をさっさと認めろよ!パラリンピックを開催する都市として、東京都はタンデム自転車の公道使用を認めます!と都知事は宣言しろよ!

 この四月から、千葉県は公道使用可能になった。逆だろう?東京が先だろう?東京が先になることによって、日本全国公道使用を解禁するという動きがないとおかしくないか?こういうことが叶わずして、ゼネコンと広告屋とグローバル企業だけが利益を得て、あとは借金だらけになるであろうオリンピック・パラリンピックなど開く意味など、市民の側にはほとんど無いはずだ・・・、たかが二週間の運動会に過ぎないものに・・・。

 で、ポテンシャルの話に戻すが、これから二年前後に、多く海外から訪れるであろう、外国人。体型も色々でありましょう。

 そこで、東京観光を自転車で・・・という提案てどうか?なんて思うんですね。それも放置自転車を乗りやすくして、貸し出す・・・、または購入してもらい、帰国時に買い取る・・・という制度なんかを背景にね。

 自転車でしか見られない東京がある、自転車でしか行けない店がある、自転車でしか会えない縁がある・・・というね。こういうことは、当店のような店一軒ではできない、観光に詳しい業者さんなんかと組んでやらないとできないでありましょうが、放置転車なんかを高機能に改造して、東京観光してもらうなんていいじゃない?

 そういう際に、自転車屋が絡むんだったら、ちゃんとした自転車を提供しないといけません、あっと驚くような高機能で、フィッティングも組めたケアもあっていいはずだ。

 オランダから2メートルの人がやって来た、エチオピアから手足の比が全く日本人とは異なる人がやって来た・・・、こうした方々へのフィッティングへの蓄積をしておかないといけません。

 東京観光を自転車で!東京観光を放置自転車を改良した自転車で!そして東京観光をタンデム自転車で!

 面白くて、機能的で、体に合った自転車への蓄積は結構してきています、自転車の準備はいいよ!

 こうしたことを少しでも押し出していくために、あらゆる方面からの協力が必要でありましょうな、ゆっくり人差し指でも立てますか?

 この指止まれ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3604-6574068d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター