メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |もうこうなったら好きに乗れば? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

もうこうなったら好きに乗れば?



 すごいスペックというか、収集付かない、寄せ集め号と言ってもいいかもね。

 前後とも相当やる気のあるカーボンホイール。レース出ろよ!絶対!と言っているようなんだが、採用している本人にその気は全くなしのようだ。

 大体プロムナード系のハンドルを付けているところからしても、レースレベルで走る気一切無い、というのがわかる。

 今回は、ちょっとした、改造ということできたみたいだ。

 DSC_2135_convert_20180409215228.jpg

 何のことはない、ハンドル交換なんだが。

 ブレーキレバーが俗に言う、カマキリという奴で、オポジットともいうらしい。

DSC_2136_convert_20180409215237.jpg

 取り付けの難しさといえば、ハンドル自身に穴を開け、そこに装着時にピッタリとボルトを仕込んでやらねばならない。これがズレるとえらい凝っちゃ・・・。

 これが意外と神経を使います。

 DSC_2249_convert_20180409215343.jpg

 あとは持ち込みのフロントメカ交換してくれということだった。

DSC_2137_convert_20180409215246.jpg

 これでシュパーブそろい・・・・とかいっていたかな?

 DSC_2133_convert_20180409215202.jpg

 好きパーツ寄せ集めて、付けてるね。気ままでよし。

DSC_2134_convert_20180409215211.jpg

 ものすごい信念がある、というのでもなく、なんとなく合わせるんなら合わせよう、なんとなく見た目もいいし、その意義については深く考えない、なんとも好きな自転車だからでいいんだ、という感じで楽しんでいる。

 DSC_2132_convert_20180409215154.jpg

なんで4本バトンなんて、競技車モロのホイールはいているの?と聞いてみても、なんとなくかっこいいからで、逸らされそう。コリマは元々ヘリコプターのプロペラを作る会社だったらしい、なんとなく納得。

 DSC_2131_convert_20180409215146.jpg
 
 フロントは、深めのカーボンディープリム・・・。なるほどわからなくもないが・・・。そもそもこの車体、入手先はわからねど、どうもこれ、前輪が650cのようなのだ。入れ替えたのか?

 そのことについて尋ねてみると、どうも、単にそうしたかったらしい。確かにハンガーも下がり、ペダルと地面との関係など、丁寧に乗った方がいいが、とアドバイスしたが。通常アップサイズはあれど、ダウンサイズには、慎重にね、ということだ。

 足回りは、モロレーサーながら、ハンドル交換もゆるめのプロムナードからゆるめのハンドルにと、アンバランスなことこの上ない。

 DSC_2130_convert_20180409215136.jpg

 でも、これが好きなら、これでもいいか・・・とも思うね。

 こういうアンバランスな傾向というのは、ピストブームからの置き土産のようなものだろう。その定着ということができるんだが、このハチャメチャ感・・・・、これが好きなら、これでいいんじゃない?と思えるようになってきた。

 踏めば走るしねえ、足回りがグングン回っていく感じだわ、ヘリコプターがゴンゴン回る感じだね。

 こういうアンバランスな自転車が好きな人たちが層として、存在している、一つのブームが去ると、何らかの層が残る。ちょうど洪水が粘土層を記録するようにね。

 確かに、そう思えば、面白いジャンルではある・・・、ちょっとちょっかいかけてみたいくらいの、面白いジャンル・・・、店主も時間を経て、ちょっと関わってみたくなってきた。定着と時間、成熟と時間・・・とを考えさせられる、案件だね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3607-b9d781b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター