メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ロックバイクスアンテナショップお訪ね tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ロックバイクスアンテナショップお訪ね



 桜が散りまして、待ちに待ちました、新緑の季節ですね。

 新緑といえば、新茶・・・ちょっと飛びすぎ?でも、当店のある西東京市から、狭山茶の産地は近い。多摩湖のまわりですからね・・・。今年は狭山茶の新茶の会なんかやりますか?

 聞くところによると、狭山茶は、ブレンドに使われて、単体ではあまりないとも言われますがね。あと、狭山茶で作った紅茶もあるとか、名物は探さないと・・・。

 色々たまった仕事も一段落付いたので、ちょっと新緑サイクリングなんかもやってみました。なんと店主らしからぬ、原宿なんであります・・・、色々ありましてね。

 今回の第一目標はここです!

20180410_124606_879_convert_20180410211120.jpg

 ジャーン!狸サイクル開業当時より、大変お世話になっているロックバイクスの原宿アンテナショップ!先月より開業となったようであります!

 場所や詳細につきましては、こちらをご参照ください!

 明治神宮を背に、左側、交番があって、そのちょっと先を左に入る、小学校の通りらしいんだが、そこを入って暫く行くと、あるのがこのロックバイクスのアンテナショップなんであります。

 20180410_115213_462_convert_20180410211032.jpg

 店内には、ロックバイクスのバイクほぼ全種類が展示されています。直販もなされているようですね。それら展示車を感じ、そして試乗することができる、というシステムらしいですね。

 そこから、直販以外にも近くのショップを紹介する・・・という事もあるようですね、その辺様々な応用のききそうなロックバイクスさんなんであります。

 20180410_115157_155_convert_20180410211023.jpg

 まあ、一回り見るだけで、彼らの自転車に対する、執念・・・のような遊び心が感じられますね。

 20180410_115223_572_convert_20180410211042.jpg

 逆光では見えませんが、色使いがすごいんだよねえ、最近のロックバイクスは。よくぞまあ、こんな色の組み合わせを選んだもんだと、感心する。

 当店のようなチッコイ店が何やろうと、驚くほどのことはない、小回りが効くんだから。当たり前といえば、当たり前なのだ。

 ところが、ロックバイクスさんはメーカーだからね・・・、これじゃんじゃん売ろうって気は無いな?スゲーニッチなところに賭けてんな?というところがわかる。だから、自転車に緊張感がある。誰でもいいわけじゃあない、君になんだよ!君に!という迫力がある。

 確かに、万人受けのものを作って、底引き網にかけるような物の売り方は既に終わっている。もちろん大手はまだそうした手法を時にはとっているんだろうが・・・。ターゲットマーケティングっていうの?場を絞って、対象を絞って、そこに向かって集中しながらものを仕掛ける、というやり方でないと、なかなかねえ。

 とはいえ、それを堂々と王道でもってどこまでできているか?というとそれもなかなか難しい・・・。自転車界でざっとみるに、そうしたターゲットシフトができてる所って、非常に少ないように思えます、ロックバイクスさんはその少ない中の白眉のように思えますね。

 だから、まだまだ未知の可能性もある、もっと知ってもらう必要がある、そういう文脈から、今回の原宿出店となったんだろうね。しかし、この原宿界隈には、各国、世界からの観光客や仕事に来ている人たちがものすごい数いる・・・、すごいアピール力があるよね。

 20180410_115152_778_convert_20180410210710.jpg

 シックスコンポーネントという、ロックバイクスオリジナルのパーツ類も展示ありです、直接手に持って、実感することもできます。もちろん買えます!

 20180410_115301_750_convert_20180410211059.jpg

 NASAの開発した糸でもってできた、ジーパン。スゲーハイテクなんだそうだ。それがまた、自転車向きの裁断ときている。こういう所がまた、このショップの窓になっている。

 店には窓はイッパイあった方がいい。そこから外がどう見えるか、ショップの者は外をうかがうといい。そして、そこから人の動きが見えるようだったら、窓を打ち壊し、そこを入り口とすればよし。同じ店でも、入り口を変えれば、入ってくる客も変わってくる。

 客がどこから来るのか?どこからが入りやすいのか?を見極める。

20180410_115308_754_convert_20180410211110.jpg

 店主は興味を持ち得ないんだが・・・、衣服というのはその形式の多様性と数の多さからいって、無限に近い質量をほこる品目であるが、これと自前の商品、この場合は自転車になるが、どう合わせるか?というのは今後非常に大きな課題となるであろう、と思っている。
 
 言い換えれば、既に衣服の分野が非常に細かい細分化されたターゲットマーケティングを行い、かつ能動的に日々新たにターゲットを切り開いているのではないか?その推進力については、他の追随を許さない勢いを持っているんじゃないか?と思えるんですねえ。

 なれば、一定のモードを目指す自転車は、そこから大いに養分を吸い込んで、横目で見つつ方向性を決め、時に寄生しつつ、ちょっと引っ張りつつ、ともに歩んでいく(憑いていく?)という手は大いにありかと思うんだがなあ・・・。

 まあ、原宿という特殊な場で、ロックバイクスさん達が、どんな養分を吸い込みつつ、どういう展開していくのか?というのは、今後とも非常に楽しみなんであります。

20180410_115230_551_convert_20180410211050.jpg

 工具もありで、チョコマカ近所の自転車の面倒も見ているそうで・・・。

 20180410_115110_799_convert_20180410210642.jpg

 しゃれた店先で、スペイン人のママチャリのパンク修理をする青木さん・・・、こういう所もやさしいロックな、ロックバイクスさんのアンテナショップなんであります。

 原宿に行く際には、是非にロックバイクスさんにお寄りください!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3608-c702bfd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター