メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |新学期だねえ・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

新学期だねえ・・・



 やはり四月は新学期、新年度なんですねえ。新しい学校や職場に向けて、色んな準備が必要な時期、自転車にもその波は来るようで、例外ではないようです。

 これは・・・、子供用のなんちゃってマウンテンなんですね。

 DSC_2244_convert_20180420221442.jpg

 すごい事が描かれています。マジでなんちゃってなんですねえ・・・。

 今年高校一年生になった、高校の途中までこの自転車を使っていきたい。ただ・・・サッカー部に入ってしまった。スパイクやその他で、リュック一つではどうも行かなくなってきたらしい。なので、カゴが欲しくなったということだ。

 DSC_0021_convert_20180420221314.jpg

 見た目だけの、悪路に入ってはいけないサスペンション・・・、リジッドフォークにすれば、前カゴ簡単につくんだが。サスで上下するとなるとステムからフォークのエンドにまでまたがる取り付けはできないということだ。

 なれば、サスフォークの下で完結できるまずは台座を取り付けよう。

 DSC_2240_convert_20180420221402.jpg

 こういうカンチブレーキ台座に載るタイプの台座を付ける。

 ただこれだけだと、取り付け位置が中心に集まってしまい、強度という面ではちょっと心配になる。補強が必要だ。

DSC_0022_convert_20180420221322.jpg
 
 フロントホイールがナット付けなんで、ここからした支えを取り付けるという手はある。

DSC_2241_convert_20180420221414.jpg

 このようにね。取り付けポイントは広い範囲にすることに越したことはない。

DSC_2242_convert_20180420221424.jpg

 そうすると、こんな感じになります。下からしっかり支えるという考え方ですね。

 DSC_2243_convert_20180420221433.jpg

 通常は、ヘッドパーツの上部から、取り付け金具が伸びて固定するという形式を取りますが、何度も言いますように、このフォークの下半分は力のかかり方によって、上下する機構があるので、ここからの取り付け金具で固定すると、その上下の機構が使えなくなる、または上下機構がその金具を金属疲労に持っていく可能性が出てきます。

 なので、絶対につなげない、その分下からの補強をしてやるという考えです。

DSC_2239_convert_20180420221354.jpg

 かなりデカイのが付いた。ここなら、リュックやスパイまではいるだろうね。これからはリュックは暑くなる、背かなの放熱ができなくなる、汗が引かないので、リュックの背面や着るものに塩の結晶が付くようになる。冬はいいが、夏のリュックはつらい。

 DSC_2238_convert_20180420221340.jpg

 小学校の頃から乗っていた自転車に、この四月高校生になっても乗り続ける、その際に、カバンや荷物用のカゴを取り付けた。

 まさに四月の新学期ならではだ。こんなやりとりをしているときに、同じ案件の質問が来た。白髪のご婦人から、孫が高校生になって、自転車にカゴ付けたいんで、買ったとこに持っていったら、カゴが付かないと言われた・・・どうしよう?と。

 ちょうどこの自転車を見せると、そうそう、こんな感じの自転車!孫呼んでくるわ!と手応えを得たように、喜んで帰って行った。


 今年の四月は、実に新年度な四月だね・・・。ピカピカの一年生どもめ・・・、めでてーなあ・・・。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3618-d35880ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター