メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ピナレロ 独自規格? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ピナレロ 独自規格?



 ピナレロアルミフレームが入ってきた。アルミだけに、一昔前なんだが・・・ちょっとというか・・・大分かっこいい・・・。

DSC_2243_convert_20180424214700.jpg

 何か渋くていいよね、白黒をよく配していてな。

 DSC_2245_convert_20180424214715.jpg

 フォークも、これぞピナレロという雷系の形。こいつはカーボンだ。


 DSC_2247_convert_20180424214729.jpg

 シートステーがまたカーボンというハイブリッド時代のフレームだ。アルミから、カーボンフレームへの過渡期フレームということで、今や珍しい部類に入るかも知れないな。
 
 フレームの前後にカーボンを設置して作っていた、時代のフレーム。ただ、それだけでもなく、もっと付加価値という感じでパイプに細工もあるね。

 DSC_2246_convert_20180424214722.jpg

 油圧かなにかか知らないが、ねじったのかね?

 DSC_2257_convert_20180424214737.jpg

 しわが入ることで、パイプの強度は上がっているんだろうね。今カーボン主流の時代で、パイプの各所を設計的に肉厚、肉薄にしたりして、強度と軽量を実現できるようなフレーム作りは盛んなんだろうが・・・、アルミの時代にも既に相当進んでいたという事も言えるのかも知れない。

 こんなフレームが入ってきたんだが・・・、過渡期お決まりの規格の不統一ということがどうしてもつきまといそうなんだな。

 DSC_2259_convert_20180424214746.jpg

 ありがちなんだが、こいつの問題はここ。BB付近なんであります。これ見ても、独自規格だろう。だって、こいつをこじ開ける着脱工具のようなものは、少なくとも自転車工具としての一般工具の中では、存在しません。

 ひっくり返すと・・・。

DSC_2260_convert_20180424214754.jpg

 このような蟹目対応のシェルがついているが・・・、大分肉厚でやんの。つまり、このフレームのブラケットソケットが、それだけデカイということ・・・。BB30とかの形式のようだ・・・。

 とはいえ、特殊工具を要求してきそうなこのソケット、どうにかフレーム無垢状態、にしていかないと、今後使用の応用が効かなくなる。

 さてどうするか?

 道具類を見つつ、この特殊規格にどう対応していくか?である、壊しちゃダメだよねえ・・・当然ながら。

 DSC_2263_convert_20180424214810.jpg

 メーカーとしてこの工具は絶対にお薦めしません。ただ、以前先端部分を修理したことがあって、底だけが独自に太くなっているので、今回の蟹目対応では、たまたま、たまたま、こちらが使えるかも知れないという事で、あてがってみます。

 DSC_2262_convert_20180424214802.jpg

 蟹目を差し込み、押し込むように力をかけつつ、延長棒を差した状態で、ゆっくり回していきますと、回ります。

 ちょっとホッとしますね・・・。でも回るからといって、いっこうに抜き出てくる気配がありません・・・。ただ回っているだけ?

 じゃあなんで、蟹目の機構しているんだ?ラスペネなどを指しながら、色々やったがまわるだけ・・・。まあ、回るだけいいか、愛想があってね。全く無愛想な奴らが大半だからなあ・・・・。

 DSC_2264_convert_20180424214817.jpg

 ではひっくり返してみると、ここでなんとかならないか?チェーンのチェッカーの金具の厚みと、溝の幅がピッタリ同じだったので、あてがって、押して受けて、ゆっくり回してみると、ゆっくりだが回るねえ・・・。

 DSC_2265_convert_20180424214825.jpg

 まずは外枠が外れた・・・あとは、蟹目を回す・・・といっても、これは空回りだった・・・、ということは・・・?叩けば出るとか?

 DSC_2267_convert_20180424214833.jpg

 何だあっけなく出てきた。このジスのアダプターが外れたという事になった。そしてこの外径のデカいところが、このフレーム独自の規格という事になる。

 このデカさだったら・・・46ミリ系じゃないか?と検討付ける・・・。

 DSC_2269_convert_20180424214849.jpg

 であれば、こうした一般の市販BBで、対応できるということだ。そうなると、使用上の選択肢が増えるということなんで、喜ばしいといえば、喜ばしい。

 DSC_2268_convert_20180424214841.jpg

 ところが内径を測ってみると、なんと47ミリと1ミリデカイ。・・・錯覚か?と思って、先の市販のBBをあてがってみると、数値に嘘はない・・・。一見はまっているように見えるが、実はグズグズなんでありました。

 ちょっと、今バリエーションのあるBB規格をざっと調べても、こいつに相当するものは、簡単に手に入りそうにはない・・・。

 つまり、この最初に付いていた68ミリのJISシェルは、とても大事にしないといけない・・・といことだ。

 これが無いと、当面、完成車にすることもできない・・・。

 過渡期とはいえ、ちょっと扱いが面倒だが・・・、そういうこともある、という事を念頭に置いておいた方がいい。レーサーもこの世に登場して、もう何十年以上になるんだろう?新しい規格もある中で、過渡期の規格なんかも中にはあるのかな?流星のように現れて消えていったね・・・。

 まずはこいつ、シェルを残しての、組付けとなるんだが・・・。せっかくのピナレロなんで、イタリア伊達男・・・風に仕上げてやろうか?と画策しますか?

 しかし・・・、BBの規格とヘッドの規格には事にお気をつけ、あそばせ!フレーム単体で購入するときは特にだよ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3622-53ef0e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター