メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |色についての違和感は色々 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

色についての違和感は色々


 ほぼ新車ということだ・・・。本当にキレイね。

 DSC_0092_convert_20180428210514.jpg

 こんなシフターがあったのか?店主らがやるにはわからなくもないが、新車でこういう使い方するようになったのね・・・。メカとしてはその辺は・・・ちょっと面白い。あとは多少は凝った小径車・・・といえるかな?

 DSC_2028_convert_20180428210536.jpg

 先日も、柳さんのフレームをこのようなショッキング系ピンクで塗ったもんなんで、変な親近感がある。

 DSC_2029_convert_20180428210545.jpg

 ブタ系ピンクにはほとんどピクリともしないが、このくらいになると赤系の影響で店主も多少は許容な気持ちも出てこないでもないが、でもこの色で自分の車体を塗れと言われたら・・・ちょっとダメだなあ・・・。

 ある系統の色が好き、という強烈なラインを持っている人にとって、いわゆる類似の色は、全くもって許容範囲外!という事はよくあることだ。

 その気持ちは良ーくわかる・・・。ワインレッド、カシスレッド系が好みの店主にとって、このピンクも同系だろう?といわれたら、絶対に違う!と断固言い張るでありましょうな。

 実はこのほぼ新車の車体なんだが、再塗装して欲しいという依頼なんですね。要はこのピンク部分を黒にして欲しいという、先の同系の話とはまったくつながらない依頼なんだが、好きな色でないと例え機能が全く同じであっても乗る気にはなれない・・・という強烈な思いは何とも伝わってくるものだ。

 車体をバラすとまで言わず、ピンク部分を抜き出して、再塗装することに。意外と面の多いボディーだけに、いつもと大分勝手が違った・・・。下地がキレイだったので、完全剥離はしなかったが・・・、その分研ぎの方が・・・なぜか大変な一台だったなあ。

 DSC_0088_convert_20180428210437.jpg

 このような自由な整形の感じを見ると、カーボン車体か?と思われるかも知れないが、しっかりとしたアルミフレームであります。

 DSC_0089_convert_20180428210445.jpg

 昔のエボナイト時代の受話器を思い出しますな・・・、といってもわかる人は少ないでしょう。かつて電話をかけるよというゼスチャーは、左手をげんこつにして耳の近くに持っていき、右手の人差し指を出して、円を描くようにしたものだったが、その意味がわかる人も少なくなったんだろうなあ。

 DSC_0090_convert_20180428210458.jpg

 既設のカーボンフォークと同じような雰囲気になるように、研いだはずなんだが・・・、これが思いの外時間がかかった・・・。使ったコンパウンドの種類はなんと四種類・・・。その前のサンドペーパーは500、800、1300と三種類・・・。

 DSC_0086_convert_20180428210429.jpg

 以前ジャイアントのレーサーを警察仕様の白黒にしたことがあったが、ちょっとそれを思い出す、白黒ツートーンですな。

 しかし、色が変わるだけで、これだけ印象が変わるというわけで、新車をわざわざ塗り替える、という事の意味もわかりますな。

 そう、今剥離の状態のネオコットフレームが一本あるんだが・・・、こいつの色が決まらない・・・、決まったら即塗り替えてやろうと思うんだが・・・。自転車に乗る意欲に大変影響するものとして色はでかい。

 自転車だけじゃあないな・・・、人間にしても色は重要だ、いや、人間こそ色は決定的!とまでいえるかも知れない。

 しかし、色男までは許されるが、色魔となっては目も当てられぬ。

 しかし、同じ色に溺れながらも、示談の済んだ芸能人は涙ながらの謝罪会見に無期限蟄居、対してトップの事務次官は未だ認めず、雀の涙の程度の罰金で、退職金せしめて、ほとぼり冷めて天下りか?

 そのトップ中のトップであるヒョットコは、「記者は男だけにしろ」と言ったという。かつての石原なにがしのように、もう悪口雑言のたぐいが常態化している現役の大臣だ。なれば、すべてひっくり返して言い返そうか?「今後事務次官人事はすべて女性にしろ!」と。

 さすれば、夜中に女性記者を呼び出して、手を縛ろうが、乳房をももうが、同性同士ということでハラスメントは認められないだろう・・・という理屈がいかにナンセンスか・・・。福岡の有権者は一票をもっと大事に使おうじゃないか。

 記者が女性だからセクハラが起きたのか?違うだろう、お前の任命した次官が色魔だっただけじゃないか!すべての女性と、色魔でないすべての男性に謝罪しろ、このヒョットコ野郎!

 確実におかしくなっている、この国を立て直さないと。自転車屋は自転車屋としてできることを通じて・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3626-44e7cb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター