メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |カゴと自転車は別! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

カゴと自転車は別!



 大抵実用自転車を購入すると、カゴなんかがついているもんで、自転車とカゴは一体的なイメージで使っている人は多いと思う。

 もっといえば、自転車は自転車として、完成物で、それ一台購入したら、そのまんま、タイヤくらいか?消耗品の交換はしても、あとは買ったときと同じもので、同じ状態で乗りつぶすという人が大半なんだろうなあ。

 スポーツ自転車に乗る前の店主なんていうのもそんなもんだった。サドルの位置なんて考えて事無かったもんなあ・・・。

 また確認しますぜ!自転車は構成物なんで、パーツの集まりなのね。なので、規格にさえ合えば・・・、何でも組み合わせアリアリなんだよん!

 だからもっと自由な組み合わせで、自分の一台を組むことができる!

 一定の自転車乗りにとってはごく当たり前なことも、一般の自転車使用者にとっては、思いも付かないことだったりもする。

 なので、お母さんの自転車のサドルをちょっとあげてあげるだけでも、驚くんだよね。ある意味パーツ交換どころか、ポジションあわせということすら頭にない、せいぜい成長していく子供のフィッティングくらいなもんか?それとて、ホイールのインチ数で、買い換えを迫られ、疑うこともしない・・・。

 なので、こんな自転車を購入するときなんかにちょっとパーツ選択の時が来る、そこで気づくこともあるだろうなあ。

 つまり上の自転車にはカゴがない、自分でカゴを選ばないといけない・・・、でもそもそもカゴって選べるの?

 構成物なんですから、カゴも選べます。では何を基準に?選ぶ?もちろん用途でしょう!

 こちらの方はある種明確だった。自分の仕事鞄を縦にしないで置けるカゴがほしいということだった。

 以前もやったよね、塾の先生の自転車なんだが、デカイ鞄を縦にしないで載せられるかごにしてから、なんともストレスから解放された・・・という。そこで思ったんだが、ストレスというのは積極的に、イヤだなあ・・・と自覚できるものだけではないということね。

 むしろ潜んでいながらも消極的に人を疲弊に追い込むようなタイプのストレスというのもあるとい事だな。そこで、副業、本業を開拓する方々に大ヒントを授けよう!

 これからのサービス業は、未だ自覚されないながらもずっと奥に潜んでいるやも知れない、この消極的ストレスをいかに突きだして、それを解消させていくことができるか?というところにかかってくるかもよ・・・。

 大手には絶対にできない、領域かもね・・・、これぞ隙間だ!各分野、各業界で必ずあるであろう、この消極的ストレス解消こそが、次の産業の影の覇権を取るであろう、以上だ!

 DSC_2275_convert_20180429103211.jpg

 学生鞄もそのまま置ける50センチはある、こんなカゴも当店にはあったりする。そう、カゴは用途に合わせてしつらえるもの、ポン付けできるから、これにしなさい!は絶対にしません。

 これも良かったんだが、丈があるということ。そして黒しかないというのがダメだった・・・。

 DSC_0069_convert_20180429103144.jpg

 せっかくこの台座があるので、ここに装着できるもの・・・、ってほとんどができる代物だが・・・。

 DSC_0070_convert_20180429103154.jpg

 候補に挙がったのは、このステンレス系のもの。ただし、ご覧のように台座とは角度が若干異なる、これを強引にネジどめすると、カゴがゆがむよね。

 といって、下からとめるだけでは弱すぎる・・・。なれば角度を合わせるしかない?どうやって?

 DSC_0093_convert_20180429103203.jpg

 手間はかかるが、台座一度外して、万力掛けだ。横にカゴ置いて、曲げては合わせ・・・それを何度か繰り返す。

 難しいことではないが、面倒・・・ではある。

 DSC_2277_convert_20180429103227.jpg

 さすれば、このようにピッタリとくっつく。この手のフラットバーで、丈のあるカゴは、グリップ、ブレーキレバー辺りを狭くしてしまい、あまり良くはない。

 DSC_2278_convert_20180429103236.jpg

 こんな具合にハンドル下に収まってくれる方が見た目もいいだろう、というのが一つの定番だ。

 DSC_2276_convert_20180429103219.jpg

 まあこんな感じね。細かすぎていちいち書かないが、こんな中にも実は、消極的ストレスを取る配慮がアチコチにされてもいるんです・・・。使えなくはないが、こうなればいいなあ、という潜在的な箇所に手が伸びると、えもいえぬ使い勝手の良さが訪れることがある・・・狙うはそこだろうねえ・・・。

 という事で、カゴと自転車は別物!という考えをしっかり持とう!その先は、自転車は構成物!安全であれば、何やってもいいんです!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3629-78f33797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター