メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |サスからリジッドへ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

サスからリジッドへ



 拳骨の入るくらいのクリアランスあった、サスペンションフォークを鉄のリジッド系のフォークに交換することになりました。まあ、舗装路を走るなら、サスペンションはほぼ邪魔・・・ナンジャないか?ともいますね。踏むごとに、車体が上下して、前に出る力を吸収してしまう。
 なら、リジッドに超したことはない・・・というね。

 DSC_0947_convert_20180923234606.jpg

 サスペンションフォークから外した、下玉推しを鉄フォークに移植します。元々このフレームのヘッドパーツは1.5インチとかいう、ほとんど茶筒のようなもので、そのためのシムなどを用意して今回望んだんですが、すでにその太いヘッドチューブの中にオーバサイズ用のアダプター上下につけられていたわけです。

 つまり、偽装型の1.5インチだったわけです。なので、今回の鉄フォークに関しても、意外とすんなり入るということに。逆に言えば、このナブのシムを取っ払うと、ぶっとい1.5インチコラムのフォークが入るという選択肢も可能ということね。すごい車体・・・ということだ。

DSC_0948_convert_20180923234619.jpg

 単体で見るとゴッツイ鉄フォークなんですが、1.5インチの茶筒下に付くと、ほっそりと見えてしまう。

 拳骨入りのサスフォークからの交換なので、車体自身ががっくりと前傾することになる。なので、乗る人が来てからコラムカットとなりますな。

 DSC_0949_convert_20180923234634.jpg

 ディスク台座が付いてますんで、ディスクのキャリパーを移植します。ちなみに、このフォークにこの台座は付いていませんでした、後付けです。柳さんによるね。

 DSC_0951_convert_20180923234646.jpg

 やばい!キャリパーと取り付け穴の向きが違うじゃん!

 なーんちゃって・・・、

DSC_0952_convert_20180923234658.jpg

 ちゃんとアダプターがあります。こいつを取り付けて、キャリパー移植となりますね。

DSC_0953_convert_20180923234710.jpg

 一発で取り付けできればいいのに・・・と思いますが、規格は色々と変わるんでしょうか?ね?

 DSC_0955_convert_20180923234724.jpg

 これで移植は完了・・・・とはならない。ここからが重要で、ローターがキャリパーに干渉しないように、位置決めしたり、キャリパーの開き具合を調整したり・・・、油圧じゃないんで、メカニカルにはメカニカル特有の調整法っていうのがありますね。

DSC_0957_convert_20180923234737.jpg

 なんとかホイールもはかせて、調整も終わりましたわ。これにはありませんでしたが、中にはローターの曲がりがある場合があって、その曲がりを調整する工具はあるんですね、挟んで曲げ返すような・・・。

 ところが、どこをどのくらい曲げて、それがどんな具合でもとに戻ったか?を測定するものがない・・・。ということは、なんかすべて応急処置のような気がして、ちょっと雑な感じなんですわ。

 なんか、振れ取り台と連動させて、正確に測定しながら、ローターの振れをと取るなんてことも、でいるだろうなあ・・・。そのための測定器でも作らないと・・・ね。

 DSC_0965_convert_20180923234806.jpg

 こうして付いてみると、堂々としたもんですね。

DSC_0967_convert_20180923234821.jpg

 試乗しても、ちゃんと止まる、あたりまえか・・・。あとSTIとの引きしろの違和感はなくもないが、その辺はちょいと今の段階では仕方がないかもしれないな。

 DSC_0960_convert_20180923234752.jpg

 さて、あとは乗り手とコラムカットの位置決め、アンカー打ち込みで完成かな?

 サスフォークが好きな方なら、そのままどうぞなんだが、知らずに購入して、この手のリジッドタイプに交換できるんなら、してほしい・・・なんてことなら、簡単ではないが、なんとかできるので、ご相談をということです。

 最近柳狸サイクルの合わせ技の度合いが増えていたように思う、まあ、同じ敷地でやっているということはこういうことなんですね。

 自転車に合わすんじゃなくて、自分に自転車を合わせる・・・、これ今後とも大転換だな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3782-cd002abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター