メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |自転車屋になろう!その七 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自転車屋になろう!その七



 しかし、売るほどあるとはよく言ったもので、よくまあ次から次へと出てきますな。このブログでも三回目くらいかな?名車のご紹介であります。

DSC_1705_convert_20190128214832.jpg

 コルナゴでございますよ。これって、FUJIと同じ代理店だって、知ってました?アキボウさんなんだそうです。元々は、アキボウの主流はこのコルナゴで、とある年にFUJIもやろうということになったが、イメージの問題か何か知らない、社内の位置関係もあるんじゃないか?わからんが、担当を仰せつかった方は、これは参った・・・、FUJIはダサすぎる(当時)・・・、と思ったらしい。

 それがほんの数名の少数先鋭部隊でもって、アキボウの柱にしてしまった。確立されたブランド力のあるコルナゴを尻目に、FUJIでは自転車業界をアッといわせた、パステルカラーものなどを採用し、大ヒットだったらしいわ。

 その先鋭部隊の最も生きのいい二人が運営しているのが、今のロックバイクス、という展開なんであります。

 DSC_1706_convert_20190128214842.jpg

 鉄の名車中の名車、マスターXなんであります。ベタすぎ?

 しかもコンポは、今は亡きレコードのフルコンポ

DSC_1713_convert_20190128215011.jpg

 アルミのスクエアテーパークランク、文句あっか?という存在感。
DSC_1714_convert_20190128215023.jpg

 今のポリバケツの破片で作られたようなカーボンディレーラーなどから比べると・・・、これぞ自転車パーツってもんでしょ?古い人間なんだろうなあ店主はどうせ・・・。

 DSC_1710_convert_20190128214922.jpg

 スケルトンの出る前の、ポテンとしたブレーキ。

DSC_1717_convert_20190128215221.jpg

 こいつは申し訳程度のダブルピポッドのリアブレーキ。いろんな時代がありますね。

DSC_1711_convert_20190128214937.jpg

 メトロン星人以前の、エルゴパワー。こいつのファンは強固だよね。

DSC_1709_convert_20190128214908.jpg

 タイムのストレートカーボンフォークが付いています。これ名作、完全おすすめものです。

 DSC_1716_convert_20190128215141.jpg

 今カンパはほぼ、ハブを作っていない・・・。形式的にレコードハブをほんの少し作るだけ・・・、こんなまともなシルバーハブはもうどこ見てもない、ないないない。

 DSC_1715_convert_20190128215038.jpg

 定番過ぎるが、マビックオープンプロのクリンチャーで組み直した。決して悪いリムとは思わないが、花がない。マビックもリム単体で売る気はほとんどないようだ、アメヤスポーツもリム単体など、やる気ほぼゼロなんだろうな。

 そんなところも反映してか、たまにどうしても・・・というとき以外は、この手には、手を出さなくなった、なんか面白くないからな。だったら、DTの方が断然明るくて、花があっていい・・・と思ってしまうが。

 まあこんなホールを組んであてがってみると、つい最近までこのリムが、ツールだジロだと走っていたんだよね。そう思うと、まあ確かに、ほとんど不足のない名リムではあることは、認めざるを得ない。

 DSC_1708_convert_20190128214854.jpg

 あと、今回のお披露目のために、スレッド化している。アヘッドだったコラムを切って、ねじ山立てて、1インチのヘッドセット、もちろんレコードだが、それを打ち込んで、珍しく自らスレッド化してしまっている。

 DSC_1702_convert_20190128214819.jpg

 ということで、どこから見ても非の打ち所のない一台だ。フレームが560なので、180センチ前後からという感じかな?まあ、一般的な言い方しておこうかな?

 早い者勝ちだよ!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/3917-5e45fa76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター