メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |久々の二ネジリ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

久々の二ネジリ



 見るからにイタリア車ですね。こんな自転車が普通に走っている街というのは、悪くはない。大量でなくていいんで、普通に走っていることであります。

 この車体、通常であれならメンテ依頼で来るところかと思いますが・・・、今回はたいへん変わったご依頼でした。

 DSC_9204_convert_20200326124941.jpg

 これです!

 なんかヒビの入ったような模様のホイールですね。みると・・・、

DSC_9205_convert_20200326124930.jpg

 当店のよくやる・・・というか、店主一人ででやっているネジリホイール組なんですね。ところこれは、久々ですね、一ネジリはしょっちゅうやっていますが、こいつは二ネジリ。久々の二ネジリです。

 一ネジリは、ソルダリングの代わりになるんじゃないか?と勝手に考えているんでよくやりますが、二ネジリ以降は見た目と話題・・・を重視という感じです。というか、二ネジリのこれぞ!という効用がまだお伝えできない、といっていいでしょうね。

 ただ、狂いにくいということは言えると思います。強度は・・・色々やり方と考え方があると思います。

 このフロントホイールは、左右二ネジリでやっています。

 DSC_9206_convert_20200326124920.jpg

 リアもネジリで組んでいますが、ちょっと変わっています。

 DSC_9207_convert_20200326124903.jpg

 リアホイールは、反フリー側については四本取りの二ネジリでやっています。ネジリを入れる際には、取る本数は少ないほうがスポークに与える負担は少ない。裾野が広くなると、ネジリ部分にかかる負担が増える、これは考えておわかりかと思います。

 なので、二回ネジル場合には四本取りのほうがスポークにとってはいいでしょう。ただし、ホイールの強度という面では、裾野が狭くなるので落ちるともいえる。

 仮に六本取りで、二ネジリをやったら、それなりにホイール自体は固くなるでしょう、ただし耐久性は落ちるかもしれません。

 DSC_9216_convert_20200326124748.jpg

 そして、同じリアホイールのフリー側。フリーによって力をかけられる側については、強度を重視するということで、裾野を広く六本取りで、一ネジリにしたということ。この辺手組みでできる、変なこだわり、ともいえるでしょうね。

 まあ、やったことはありますが、八本取りで一ネジリ、これもスポークに負担はかけますが、かなり固くなります。選手クラスの練習用ホイールにはいいかもしれませんね。

 因みに店主は、最高三回ネジリというホイールをやったことがあります。

071031fornt_convert_20200326150508.jpg

 これです・・・って、古いなあ・・・。この店舗は今から三店舗前の阿佐ヶ谷団地時代の狸サイクルだ。こいつが三ネジリホイールですね。

 なんと、二本取りというやり方、計算式も特別にやらないとでてきません。

 071031nejire_convert_20200326150457.jpg

 別名ネジリラジアルとかいってたな。これはまあ奇をてらう以上の意味は・・・あまりないかもしれませんね。かなり固く組む必要があったと思います。こんなこともやっていたんだ、十年以上前のことですね。

 ということで、ここまで歌舞かない二本取りでありました。

 DSC_9209_convert_20200326124854.jpg

 こうしたクランクも、男ギアのまま使える方法については、先日紹介しましたが、ビンテージの様子を残しながら、機能は優しく・・・という方法が、今眠っているビンテージバイクを再度街道に戻す、いいきっかけになれば、と思いますね。

 DSC_9210_convert_20200326124844.jpg

 このモドロのブレーキも、イタリアンですねえ。いい曲線しています。こういうデザイン的余裕というものが、日本の工業製品にはないところかな?と思います。このモドロというところも、まあ発想豊かで長続きしない、という愛すべきブランドかもしれないな。

DSC_9212_convert_20200326124826.jpg

 ちょいと調整の必要だったブレーキ、なんとか十分に引けるようになりました。

 DSC_9211_convert_20200326124835.jpg

 wレバーはそのまんま。

DSC_9214_convert_20200326124807.jpg

 これも補助ブレーキ付きのブレーキですが、現行品もありますので、こうしたところからいい影響を得た人も、まだまだ自分の自転車に乗せることは可能になります。

DSC_9215_convert_20200326124758.jpg

 引きも軽めで、もちろん使えます。

 DSC_9213_convert_20200326124817.jpg

 バックスキン?ちょっとやそっとではでない質感です。

 自転車全体としては、かなり落ち着き気味のクラシック車ですが、ホイールが傾いている、ちょいと持ち主さんの遊び心が、他と同じじゃイヤ!心が現れていますね。

DSC_9203_convert_20200326124951.jpg

 クラシカル車体をいたずらする・・・、これもおもしろくて、そした新しいコンセプトかもしれませんな、また隙間が見つかった・・・。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4362-ca643d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター