メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |できるな・・・そう来るか?というクランク tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

できるな・・・そう来るか?というクランク



 こんな自転車で、駆けつけられると、こちらはちょっとあれれ?と思うが、通常の人はそのまま、特に何も感じないのかもしれませんね。ア、ママチャリが入ってきた・・・くらいかな?

DSC_9794_convert_20200507231908.jpg

 子のせを外したあとのハンドルに、専用のカゴ。子のせ時代は終わったというだけで、子のせを取りたいという時、この選択肢が普通に来ます。なので、よくある通常の光景でありますな。

 ところが・・・、

DSC_9777_convert_20200508144831.jpg

 こういったサドルをわざわざつけているようだ、しかもポジション出しているし。ちょっと臭うぞ。

DSC_9785_convert_20200507231943.jpg

 しかもサドルバッグをなどを忍ばしている・・・。ちょっとただものではない!ツーリングに造詣が深いのかもしれないなあ、と思っていた時、その要望がちょっとぶっ飛んできた。

 DSC_9780_convert_20200507232019.jpg

 こんなものをもってきている。BBですが・・・。形状がスクエアテーパーとは異なります。これって・・・、ISISというちょっと特殊な形式なんですよね。

 フルスピードアヘッドという、ちょっと変わり種のメーカーが得意な形式かと思います。ということは・・・

DSC_9781_convert_20200507232010.jpg

 ほら・・・やっぱり・・・。ISISようの特殊系のクランクを持参。もちろんその他のものはつかないから当たり前なんだが、なんで、ママチャリにこんな特殊系パーツを取り付けたがるんだろう?

 というよりも、そうした応用ができるということ、惜しげもなくママチャリにスポーツ系の特殊規格クランクがつくだろうから頼む、という段階で、まあできるな・・・、その筋?(どの筋?)か?なんて想像するが・・・。

 DSC_9782_convert_20200507232000.jpg

 これはシマノの昔前の開発、オクタリンクとにているが、その実は全く異なるものなのだ。もちろん互換性はない。

 この人手形状の厚みによって、それまで付いていたチェーンガードは使えなくなる。

 DSC_9783_convert_20200507231952.jpg

 こいつは使えなくなるので、これでおしまい。では取り付けようか?

DSC_9788_convert_20200507231926.jpg

 もちろんだが、BBシャフト形状が特殊で、その特殊形状に合わせて作られているクランクも特殊なんだが・・・、BBソケットへの規格は至って普通の68ミリということなんで、こんな特殊づくめのBBやクランクだって、全く問題なくママチャリにだって取り付けることはできる。


DSC_9786_convert_20200507231934.jpg

 たまたまあった、チェーンガードが付いたが、ちょっとでかすぎる・・・が、実用車のチェーンガードって、思った以上に種類が少ないといってもいいんで、まあ、これで我慢してくれ。

 DSC_9791_convert_20200507231917.jpg

 パッと見はさして変わらないが、クランク周りだけは何か本気系になっているということか。といっても、どれほど乗り味に違いが出るか?ということは?それこそヤマオロシでもしない限り、わからないんじゃないか?なんていうのは偏見かしら?

 とはいえ、気づかれにくいところに、わざわざパパチャリ的パーツを使って、満足するという傾向は全く理解できないわけではない・・・。牙抜かれたような、ママチャリを部分的に静かな主張を載せて、自分流にしたい。

 それが専門的なところであればあるほど、静かだがしてやったり的な底満足が得られるのかもしれない・・・なんて思った。

 しかし、それがよりによって、FSAのISISだなんて・・・ねえ・・・。
 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4414-45e43887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター