メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |自作ピストの最終点検 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自作ピストの最終点検



 ピストは最も単純な自転車だけに、それだけに美しい!というファンは少なくはないでしょうな。

 街道ピストはブレーキ付けていますが、競輪場を走るガチのピストには、それすらない、ただ早く走るためだけの車体、無用のものは一切ない、という潔さもあるのか、ひたすら美しい・・・と、思いますね。

 鉄フレームのノーマルホイールで組まれたピストが数台、ハンドルが金網に引っ掛けられた画なんか見ると、ドキッとしますわ。

 それらが街道に降りてきて、一つのブームを作った。ブームはさるもの・・・ただ一定以上のブームとなると、その後に層ができる、洪水のあとの粘土層のようなもんか?

 それが自転車の選択肢として薄かろうがなんだろうが、残り続けるということが起こる。静かに有り続け、次来るかもしれない再度のブームを待つことになる。まあ、待ってどうこうするわけではないが・・・、古いブームに乗った人が何故か無根拠な優位感を保つという傾向は、ピストブームだけじゃあないだろうな。

 そんな中で、最近ちょこっと固定ギア、ピスト車体が来るようになっている。市中で何が起きているのか?ちょっとした感染なのか?それとも当店がクラスター発生に何らかの役割をもっているのか?そんな影響力などないか。

 204281524_4181294621949674_2371853840968588517_n_convert_20210629121955.jpg

 ビバロ。今は競輪車体は作っていないそうだが、かつては作っていた。街道ピストに力を入れているのかな?アルシュの効用があるとすれば、

205603895_4181295208616282_8721818525815823558_n_convert_20210629122011.jpg

 ブレーキ穴が最初から付いている、もちろんブレーキを前提としない競輪号にはない、なので街道走るためには後付ブレーキが必要になる。

 209301960_4181295318616271_3839295230348188465_n_convert_20210629122052.jpg

 ベローチェも当初はスケルトンブレーキだったんだが、コイツに変わった経緯があったな。このくらいなら十分使いたいと思うデザインなのだが・・・。この後のはひどかったわ。スケルトン部分の潰しがあるが、削られていないという、工程途中・・・という感じだった、在庫が少しあるが、つける気にはならないな。

206018927_4181294721949664_3446820586568087637_n_convert_20210629122028.jpg

 プロムナード系のハンドルを選んだようだ、ピストなので、部品点数は少ない、だから簡単に組めるといえば組めるが、一つ一つの調整がデリケートで、異音なんかが出た日には、むしろ面倒なことすらある。奥深いといえば、奥深い。

 その最終点検・・・、ありました!

210130860_4181294998616303_3713123610495865376_n_convert_20210629122059.jpg

 チェーンのひとコマが多かったので、外しました。

204139731_4181294701949666_3239538602345244384_n_convert_20210629121945.jpg

 ホイールはできるだけ奥に・・・。時に半コマ使ってできるだけホイールベースを短くしたい・・・、別に後ろに引いても走れるが・・・ピストだとどうしてもその辺には拘りたいですな。

205646724_4181294898616313_4968648341031670104_n_convert_20210629122019.jpg

 デュラエースのスモールフランジなんて渋い選択をしている、ハブの調整も少し・・・、ガタはいけません。

206298099_4181295295282940_1940986585564586799_n_convert_20210629122036.jpg

 スラムのピストクランク。ホローテックの形式で緩みはありませんでしたね。

209227394_4181295261949610_5867238378754482856_n_convert_20210629122044.jpg

 フワッといつまでも走る車体ですね。フワフワといつまでも・・・。

 こういう自転車を店内に置いておくと、出入りの方々の目を引きますね、そこで視線の渋滞が起こります。うん、やはりコイツにはそれだけの魅力というものがあるんだな・・・。

 700cの超シンプル車体。実用車のフレームでも作れる・・・という意味では、その路線もありだろうなあ、といつもそんな思考の循環が起こってくる。美しい車体ではある・・・。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4852-8ce5a637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター