メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |伸べ600万回閲覧!突然来たな・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

伸べ600万回閲覧!突然来たな・・・



 書きっぱなしで、リプライもあまりせず、というかリプライもそもそも起こらず、淡々と日々、徒然なるままに書いてきた本ブログですが、ちょっとした区切りの数字を迎えることが出来ました。

 いつも書きっぱなしで、それ以上の画策もせずに放っておく‥・その程度の管理しかしていませんが、たまに見るカウンターこれが壊れていなければ、そろそろ600万回の区切りの数値を更新しそうだと気づいたのが先程、夕方ですか。

 238772734_4317201058359029_6416381654977090415_n_convert_20210815234115.jpg

 それから数時間後再度珍しくチェックすると、カウンターが進んでいたわけであります。心に浮かぶ、日々のよしなし事を書き連ねているだけの当ブログに、よくもまあお付き合いしていただきまして、ありがとうございます。

 思えば、2006年の9月から始めたようですので、ほぼちょっきり15年のブログとなりますね。近年ではほぼ毎日更新なんてことしていますが、始めた当初はそんなこともなく、ネタがあれば書く、というような緩い運営でしたが‥・。

 いつの頃からか、まあほぼ毎日一回更新なんてことをはじめまして、何年になりますやら。

 単純計算すると15年で600万回というと一年で40万回、一日で割ると約毎日千人ほどの方にアクセスしていただいている、という計算になりますね。

238582734_4317200935025708_1848452362347896621_n_convert_20210815234105.jpg

 多い時は一日2000人なんて時もありましたが、やっていることは自転車の施工内容ということなので、それ自身には限界もあることですから、あと何年もつことやら・・・ということなんでしょうが。

 でも、このブログでは、自転車だけでなく、それ以上に自転車を介した人間模様のようなものもちらつかせている‥・というよりか、自転車なんてある種ただの道具であって、それをどう使って、同関係を持っていくか?という人間模様のほうがどうしても豊かにならざるを得ないわけであります。

 だから、こそ、こちらも書くことの動機をもち続けることができる。自転車そのものだけじゃなくて、それにまつわる人間が何とも面白く、それこそが人間臭いからこそ、一定の方々の嗅覚を刺激しているのではないか?なんて自己分析以下のことなんかをまいていますが‥・。

 インスタだの、何だのと、別の集客方法も大部あるようで、時々刻々その他の発信方法についてはそれなりの営業等も有りますが、‥・、まあ読みにくい活字でもって、暫くは続けていけるだけ、続けていこうか、と思うわけであります。

 長い、のったくったような文章をあえて読んでいただけるお客さん、その末に敢えて、当店に興味をもっていただけるお客さんをこれからも大事にして行けたら、と思う次第であります。

 もちろん、写真だけで文章を読み続ける知的持久力のないやつは来るな!なんて傲慢なことを申し上げるつもりはありませんよ!
 
 それらも全てご縁なもんで、大事にできるところはしていこうと思う次第でございます。今後とも宜しくお願いいたしますです、ハイ。

 ただ、一つだけ申し上げたいことが有りますので、手短に主張させていただきます。近年、個人がブログやSNS等を使って発信できるという、ドイツのハイデルベルクの印刷機発明依頼の大革命がじつは起きております、本ブログ等もその大きな流れの中の一つかと思います。

 そこで、十五年継続的に執筆させていただいて延べ600万の読者の方とお目に通していただいた、という流れであります。店主ごとき、誠に僭越な情報発信状況ということで、今後とも謙虚の上にも謙虚を重ね(本当かよ)、少しでも自転車等にまつわる各所の向上を目指して、お役に立てるよう努力というか・・・なんかやっていこうと思っている次第であります。

 その際に、今後店主自身も気をつけて細心の記述方式を維持していかねばならないと思うことがあります。気づいている方も多いと思いますが、店主の各文章の形式は懐疑論形式といいますか、もう少しマイルドに申し上げますと不可知論形式の文章ということいえると思います。

 もちろんそれをガンガン意識して、断定、断言等をしない形式で書いている次第であります。その姿勢に煮え切らない感想を持ちの方もいるかとは思いますが、その背景にはそれなりの店主なりの信念というものを貫いているということがあります。

 断言しないというのは、できないこともありますが、あえてしない。他の見解や意見の挟まる余地を必ず残しておく、という基本姿勢によるものとご理解いただければ幸いかと存じます。

 という更に背景には、この世は多様である、複雑である、ありとあらゆる、あずかり知らぬ事柄が渦巻いているだろう、というひとつの信念に基づいているものであるからであります。

 だからこそ、旺盛な好奇心がイキイキできるのであり、新たな情報や方法その他を取り入れていく、余地も生まれてくるわけであります。店主一人で分かること、把握している、できることなんて自転車全体からすれば、もうほんの一部に過ぎない。

 それを越えた色々な体系や、条件や、それらに基づく多種多様なニーズというものがあって、その中でたまたまできることだけを取捨選択させていただいて、自らの居場所を確保させていただいているという身分であります。

 そのことを絶対に忘れてはいけない。それを背負って、それを店と自らの方針の核として、これからもやっていかねば、当店などにはなんの価値もないだろう、と今後とも言いきかせてやっていこうと思う次第であります。
  
 昨今の成り上がりの勘違い野郎どもによる痴的見解によって、世界を単純化し、それにまつわるド単純な見解をもって
本音と称して持ち上げる下らん風潮があるようでありますな。ホームレスは〇〇だ!生活保護者は〇〇だ!よってこうすべし!

 よくもまあ愚にもつかんことをイケシャアシャアと曰えるな、と呆れることしばし。

 そうしたものには一切、絶対的な否!を不可知論者でありながらこの店主、突きつけていこうと思います。

 この複雑怪奇な、カオスのごとき現実というものをどのように理解していくべきか?という問に対して。そもそも理解するということは一体どのようなことであるのか?という最重要課題にたいして、それは単純化である!というような浅薄な結論をもってよしとするような傾向に対しても、心からの軽蔑と危惧を感じるものであります。

 理解というのは、何かを真に分かることによって、そのことから、実際に現に自らが分かっていないことの奥深さとこの世の多様さを知ることであり、自らの理解力のいかに小さいかを実感する過程であって、目先の事柄を知ったことに陶酔し、それを確証もしない(できない)で世に吹聴することではない!ということをきつく自らに戒めていこうと思う次第であります。

 今後とも読みにくい形式に、内容にと続くかと思いますが、おつきあいしていただける方々に関しては、よろしくお願いいたしたいと思う次第であります。

 これまで、支えていただきまして、ありがとうございます、またよろしくであります!!!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4904-eab5684b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター