メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |カーボンものの扱い?脱脂とアレだ! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

カーボンものの扱い?脱脂とアレだ!



 オ!毎度おなじみいつなったら実現できるやら?の台湾一周号であります。

量産できるのになんであんなに高額なの?と素朴に思うカーボンパーツなんだが、地域を跨いで探せばそこそこの値段のものもありますね。そしてショップの特権としてはサンプル取り寄せという手もある・・・。

 そんなこんなでやって来た小径用の長いカーボンピラー。まあ、軽い、これは軽い。そして、言われているところのショック吸収性は、やはりあるね・・・。座って踏むと・・・確かに振動が軽減されているようにも思えます。

 ただし、こいつで持ってちょっと距離走ると・・・、

244921635_4480708318674968_7481130170581317803_n_convert_20211007220158.jpg

 これが正規の位置なんだが・・・、

244970355_4480708455341621_7034479157535533962_n_convert_20211007220217.jpg

 信号待ちなどで、腰の位置をズラシたりしていると、こういうことが頻繁に起きてしまった。その都度六角で締めるんだが、相手がカーボンだと、やはり適正トルク・・・なんてもんが頭をよぎり、締めすぎるとピラーの櫓部分に亀裂が入らないか?なんて心配も。

 こういう場合の対処法というと、基本は徹底した脱脂ということになる。

244691624_4480708715341595_8518621444420018554_n_convert_20211007215958.jpg

 ばらして確認してみると、こうだった。アルミの輪っかにカーボンコーティングということだった。まあ力のかかるところに金属はあるだろう。

 244731484_4480708852008248_6543056958685224419_n_convert_20211007220013.jpg

 まず、ここをアルコールで徹底洗浄してみる、キュッキュと音がするくらいに。

 244991301_4480708988674901_3358548589332165703_n_convert_20211007220428.jpg

 そして、そこで直接接するところも徹底洗浄・・・。これで大分変わると思うんだが、もう一つダメ押しの手もあるのでご紹介しましょう。

 244817294_4480708578674942_2114425044137114329_n_convert_20211007220119.jpg

 こういうケミカルがありますよ。こいつはペースト状の中に、砂粒のような粒子が入っていて、そいつらが締め付けられることで、飛び抜けたグリップ力を発揮する、ということになる。

 244665952_4480709138674886_3320845165932233007_n_convert_20211007215943.jpg

 こいつを取って、薄く接触部分に塗りつけて、元に戻す。

244839711_4480709262008207_3305041906381694000_n_convert_20211007220138.jpg

 これに適正トルクで持って、本当に動かなくなります。まあでも基本は脱脂かと思いますが。

 244983141_4480709395341527_3731156713866652589_n_convert_20211007220301.jpg

 同じく櫓とは逆向きのシートポストに挿す部分の脱脂もしましょう。

 そして、

244753668_4480709492008184_7685352590408243844_n_convert_20211007220041.jpg

 こちらの内部もアルコールで脱脂、そしてこの粒子入りケミカルを塗って、刺して固定。

 244995716_4480709622008171_7913772597588491364_n_convert_20211007220448.jpg

 本来なら六角で締めるところだが、折りたたみということで、工具はできるだけ必要としないよう、クイック付きクランプ・・・なので、やはり緩みの問題からすると、粒子入りもありかな?・・・ということで、これでまたしばらく試すことにいたします!

 実はまだ、調整が必要だわね。まあ、しばらく台湾など行けそうにないので、ゆっくり育てていくか・・・。


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4959-24d1d54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター