メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |自転車っていいなぁ?何がいいの? tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自転車っていいなぁ?何がいいの?



 五十歳になっても流石に現役ではないが、未だにローラー台やロードトレーニングに出ている方がいる。店主と昔同じところに所属していたんだが、あまたいた選手の中で話の合う方でもあった。

 その方が、フェイスブック上でサイクリングに行った際、「自転車っていいなぁ」と嘆息している記事を掲載されていたんだな。

 その方はかつては現役のロードの選手で、トレーニングのために信州に住んだり、いくつかのチームを渡り歩いたり、まあ走りに走りぬいた方なんでありましょう。自転車の辛さ、苦しさはもう、地獄の何丁目かを相当の程度で体験されていたはずであります。

 それから引退後も、かなり高いレベルを維持しながらも未だに草レーサーとして走っている。

 その方の言葉だけに「自転車っていいなぁ」という嘆息が重く店主に響いたのかもしれない。

 ちょっと650c何かを引っ張り出して走ってみる。上の写真は組んで何度かいじったところだった、確か四年前の姿かな?

 自転車がいい・・・というのであれば、例えばこの車体はどう?ってな質問にも響いてくるかもしれない。その際の自転車は、車体ということを意味しているだろうね。

 245005884_4483238321755301_8681182239596135612_n_convert_20211008193214.jpg

 こーこはどーこの細道じゃ???と誘われてつい入ってしまった。西東京市に引っ越してきて六年強・・・、杉並も嫌いではなかったが、やはり東京の西部の三多摩地区はいい。ちょっと走っただけで、この手も小道から、声をかけられる。

 そしてその脇には、

244785077_4483238721755261_3089920882925992927_n_convert_20211008193146.jpg

 水が流れていた。水といえば、東久留米のある地帯。トトロが住んでいそうな、水の枠地域がある、まさに地域の宝のようなところだ。タルコフスキーの映画のような光景がある、何時間でも見ていられそうだ。

IMG_0543_convert_20190222222241_2021100819532773a.jpg

 ステム周りを交換したかな?

 こうした込み入った奥の細道もさることながら・・・、

244423272_4483238305088636_8277127322888255745_n_convert_20211008193132.jpg

 広い空の下に出たりする。初夏もいいが、初秋も悪くはない。

 こういう景色の下を走ると、思わず「自転車っていいなぁ」という言葉が飛び出てくる。この場合車体としての自転車というよりも、自転車がもたらしてくれる環境を含めた話に膨らんでくる。

 ただ、景色がいいだけではない、気候もいい、寒くもなく熱くもない。逆に極寒に氷雨なんて来たら、「自転車っていいなぁ」とはなりにくいだろうね。

244970386_4483238501755283_2935286408494689234_n_convert_20211008193201.jpg

 魯迅じゃないが、箱庭から見上げた四角い空ではない、たまたま写真で四角に切り取っただけで、空は広い。広いところに行くと広い、とことん広い。

245038965_4483238618421938_7148656256366385298_n_convert_20211008193243.jpg

 いつまでも走っていたくなる光景である。

 ただ、こうした外部環境がいいだけなら、自転車だけじゃあない、車だって、バイクだっていいことになる。「自転車っていいなぁ」という嘆息には、こうした外部環境だけではない、車やバイクにはないもう一つの環境が自転車にはあるということなのだ。

 それは外部環境・・・ではない、内部環境が自転車にはある、あるだけじゃない、それが主体でもあるとうことなのだ。

 自転車の原動力は、人間である。人間の身体的な機能が自転車のエンジンでもあるのだ。

 だから、今ここにこうした外部環境に接しられるのは、それなりの内部環境が整っているということが、大前提となっている、そうした内外含めた環境を含めて、「自転車っていいなぁ」となっているのではないか?

 245005887_4483238485088618_4079399677240501699_n_convert_20211008193230.jpg

 外部環境にもこうした、季節を象徴する自然がある、文化を象徴する施設もあり、そこには歴史や伝統や人の営みが感じられる痕跡もある。

DSC_9920_convert_20200430181250_20211008195324e1a.jpg

 これが今の形となって落ち着いている車体なのであります。

DSC_9925_convert_20200430181240_202110081953265b2.jpg

 超ショートクランク145ミリがついている。これが回しやすい・・・だけじゃなく、アジア系の身体観を考えるに非常に参考になる要素が詰まっている。

 「自転車っていいなぁ」という嘆息には、自転車と共にある内外を含めた全環境、その存在全てに対する幸福感を言い当てているのではないか?と思ってしまう。

 そういう意味で、自転車とは、すでに自転車そのものを超えてある何か、ということもできるだろうね。だとすればそうした単なる自転車を超えた「自転車」との出会いが人生に影響を与えないわけがない。

 だとすれば、単なる自転車を売ることなど、店主にとってはあまり意味はないことになる。どうせ売るなら、すでに自転車を超えた「自転車」だろう、それ以外に店主がこの生業を続ける意味など殆ど無いのだ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4960-e4f9c968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター