メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |前回はタイヤ交換 そして今回はステアリングワイヤー交換! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

前回はタイヤ交換 そして今回はステアリングワイヤー交換!

242984749_4445903672155433_567341059823750312_n_convert_20210926145524_20211009230726fd5.jpg

 この前ご紹介した、三輪足こぎ車椅子のコーギーです。この時はタイヤ交換をしたわけでした。

242926179_4445902508822216_5763130308429627169_n_convert_20210926145423_202110092307250ec.jpg

 これですね。車椅子なのにペダルがついている。足が麻痺しているから車椅子じゃないの?と一瞬この実用に疑問を感じてしまうかもしれないが、歩けるがどこかヨロヨロしていたり、一部歩行に困難がある、または短期寝たきりで歩けなくなっているがこれでリハビリすることで再度歩行を可能にしたい、という方々にかなり使える車体であると思いますね。

 実際これを使っている方は、左に少し麻痺のある方です。歩けるが、長距離は難しいという方です。なのでこの車体はこの方にとっては足そのものなのであります。
 
 だから何かあったら即治す!これが基本となります。

 で、前回はタイヤ交換でしたが、今回は?

242989067_4445902688822198_7481640524269577331_n_convert_20210926145624_20211009230728735.jpg

 このステアリングを司る後輪、こいつはワイヤー二本で左右から引っ張ることで方向を決めるんだが、その二本のうちの一本が切れてしまった・・・、もう方向を決められない、ということで急遽持ってこられたわけであります。

 ということは、切れた一本のワイヤーを交換すればいいんだが・・・。

 244940792_4487123834700083_1334261403081427938_n_convert_20211009230500.jpg

 ところが外してみると、一見自転車の太鼓系ワイヤーと似ているんだが、その太古の大きさが若干異なる。左が自転車もの、右がコーギーのついていたもの、左のほうが太鼓がデカイ・・・。

 そのデカさでもって、コーギーの然るべきところに頭が入らない・・・。こういうものは一般部品を使ってほしいもんだ・・・。

 そこで・・・、デカイ頭は削るしかないか・・・。

245100229_4487123941366739_4089172611116406165_n_convert_20211009230551.jpg

 縦型のサンダーで、慎重に削っていきましたよ。でないとまた切れてしまってはいけないのでね・・・。

 245197131_4487124078033392_6064331268118338583_n_convert_20211009230629.jpg
 
 削っては比較し、削っては比較・・・を繰り返し、まあ、似たような大きさになった、勿論ワイヤー部分にサンダーは一切触れていない。

 244970700_4487124198033380_3086065174958899626_n_convert_20211009230518.jpg

 なんとか入った。ただ、この入れる機構ももう少し工夫が必要だよね、ヘッドパーツの玉押しになる部分を押し上げないと、太鼓が入らない・・・。押し上げなくても太鼓が入るようにしてほしいね。というのは圧入するパーツは、よほどのことがない限りいじらないほうがいいからだ、いじるとだんだん緩む・・・、一旦緩むとどうしようもなくなるからだ。

 245063401_4487124484700018_7283165941737509263_n_convert_20211009230535.jpg

 そして、ワイヤーの先端部分を、ハンドルレバーに固定して、調整するということになる。

 244780370_4487124391366694_5416753235627583932_n_convert_20211009230444.jpg

 この調整が難しかったなあ。右回りと左回りではペダルの重さが変わってしまう。その原因がわかるまで二時間くらいかかったかな?つまりは、ワイヤーの引きに関する、ステアリングホイールの微妙な角度によるようなのだ。

 これが最初から意図的につけられたものなのか?使っている内についたこの車体の癖なのか?さて・・・。理想というと左右全く同じ軽さでペダルが回ることを目指すべきなんだが、一定の時間切れ。実際に乗ってもらって、前と変わりない・・・ということで、今回は調整を終わることに。

 242886385_4445903518822115_4313483448774651703_n_convert_20210926145324_20211009230724d82.jpg

 いつも明るいバンさんだが、今回もこれで十分ということだった。まあ使う方がいうのだから・・・。ただ、このコーギー、まだまだ改良の余地はあるなあと。

 そして、実際店の前を数時間店主が試乗している際、近所の理学療法士の方と暫く立ち話。この車体は確かにリハビリに使える!そのためにも、SMLの三種類は作らないと、あとはクランクの長さや、使う人の特徴に合わせてどこまでフィッティングができるか?なんて話で盛り上がった。

 このコーギーを取り扱えるようになると、まずはこういう方に渡して、色々改良を重ね、利用法を考えながら、発展させていくことだろうとおもう。

 ハードもソフトもまだ未知だらけ、日々勉強させてもらっています。このバンさんが、コーギー会社の営業に完全就職したら、当店も動くことになるでしょう。研鑽せねば・・・。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4961-c371ca4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター